うつ病人の生き方・働き方改革

調子が悪いとうつ病者はやってしまいがち。不安をあおらない方法とは?

2019/02/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「もおぉ~イヤ、なんで?!」

 

うつ病が良くなってきた矢先、回復に安心していると急にくるあの辛さ。

 

体が重い、気持ちが悪い、不安でそわそわする…。良くなってきたからこそ感じる、調子が良い時からの落差。

 

崖から突き落とされたような気分」、まさにそんな感じ。

 

そして、調子がわるい時に、うつ病者がやってしまいがちな行動パターンは、自分で自分の不安をついあおってしまうってこと。

 

 

辛いよね?調子がわるい時でも、自分で不安をあおらない僕流の方法を紹介します。

 

見つからない原因は探さず、不安である事実だけを認める

 

 

つまり、そういうこと。

 

うつ病になってから、不安になった時に「不安の原因を探したところで、はっきりした原因が見つかったことってあります?

 

僕は、ほぼないです。動きすぎている、娘の卒園式があったとか、うつ病の症状をひどくする明らかな出来事がわかればいいですが、わからないことの方が多いですよね。

 

というか、考えてみれば、病気だから通院して、服薬しているんですよね?

 

「調子わる…うつだな…。」

 

僕は最近、この一言で片づけ、これ以上の調子がわるい原因探しはしません。

 

考えて、原因を探して見つかればいいけれど、どうせ答えがみつからない。不安の原因を探すほど、原因が見つからず、焦り、さらに不安が増すの悪循環。

 

だから、調子がわるいと感じたら、うつ病の症状がでているんだなって、事実だけを認めればいいと思うんですよね。


スポンサーリンク

他人と比べて、自分をいじめない

 

 

調子がわるい時ほど、他人がすごく上手くいっているようにみえて、何もできないように思える自分が嫌になります。

 

ツイッターで見つけた復職が上手くいっている人、仕事に行く前に家事をやってくれる家族、人前で明るく振るまえている人とか。

 

うつ病で調子がわるい時は、とにかく、目に入ってくる全ての情報が、自分をマイナスに、傷つける方向に考えさせてしまうから辛くなる。

 

そもそも、自分の人生と他人の人生を比べること自体に意味がないけれど、うつの症状が強い時は、特に他人と比べないことが大事。

 

どうしても比べてしまうから、僕は、うつの症状を自覚した時は、以下のことをしています。

 

● ツイッター(SNS)は見ない

● 部屋にこもる(人を見ない)

● ソファに座って目をつぶる(疲労した頭を休ませる)

 

情報を遮断して、疲れた体と頭(脳)を休めてあげるのは、僕なりのうつ病に対する対処療法です。

 

スポンサーリンク



選択に迷わない、調子がわるい時ほどお金の使い時

休職など、仕事をしていないと、できるだけ節約したいんですよね。

 

僕は、今フリーランスで働いていますけれど、まともな稼ぎがないから、外食や買い物にかけるお金は、無駄遣いしないようにしています。

 

でも、調子がわるい時は、「お金を使っちゃった方がいい。」

 

先日も、調子がわるいと自覚しながらも、夕飯を自分で作ろうか、お弁当を買ってすませようか悩む機会がありました。僕の家は、家族が3人いるので、当然、自分で作った方が食費を安くできるので。

 

「買ってしまおうか…きついけれど自分で作ろうか…」

 

まあ買うか、作るか悩んだ訳なんですけれど、実はどちらの方法でいこうか、調子がわるい時に迷っていること自体が、不安を悪化させていると思うんです。

 

迷えば迷うほど、「ここで買ってしまったら、またお金が減る」「今日は使い過ぎた」「このままお金がなくなって生活できなくなるんじゃ…」といった具合に、調子がわるい時のうつ病者は、果てしなくマイナスな方向に物事を考えていきますよね?

 

だから、調子がわるい時は、選択に迷わない。調子がわるい時ほど、お金の使い時です。

 

横になり、ゴロゴロして体と頭を休める

そして、最低限やることやったら、横になってゆっくり休んだ方がいいです。

 

うつ病の急性期と違って、回復期は体からの疲れと活動している最中に色々考えている頭の疲れの2つが、たしかにあると思うんですよね。

 

横になってしまうと昼寝をぐっすりしてしまって夜に眠れないというのなら、ソファか、ベッドの上で背中に掛け布団でもかませて、外をボーっと眺めるか、目をつぶって休むことがおすすめです。

 

軽く休んだだけで回復しないかもしれない。

1日休んでも回復しないかもしれない。

 

でも、それがうつ病ですよね?

 

だから、調子が戻ってきたなと思うまで、横になってゴロゴロすることは、大事な療養方法です。

 

おわりに

調子がわるい時に、不安を軽減する方法は4つ。

 

1.見つからない原因は探さず、不安である事実だけを認める

2.他人と比べて、自分をいじめない

3.選択に迷わない、調子がわるい時ほどお金の使い時

4.横になり、ゴロゴロして体と頭を休める

 

調子がわるい時は、「調子わる…うつの症状だ…」で終わりにして、あとは休んでください。

 

わからない不安を解消しようともがくほど、焦って不安が増しますから。

うつ病を治したいと思うのなら、うつ病と闘わない方がいいと、僕は考えています。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.