うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

うつ病の気分の波は、当事者にしかわからないからこそ「やりたいこと」

2019/02/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病で気分の荒波を経験してきた たぐ です。

 

 

「今日は、なんか調子があがらない…」

「今日は、体が動くぞ?!」

 

 

うつ病の回復期になると、毎日毎日、うつ病の気分の波に振りまわされますよね。うつ病の気分の波は、悲しいことに、端からみていてもわからないから、全く動けなかった状態に比べると、家族の理解も得られにくいですよね。動けるようになった姿を見ていると、家族は喜ぶと同時に、うつ病が順調に回復していくと思いがち。

 

 

本人としては、うつ病の気分の波が激しくて、動けている以上に、本当は辛いのにね。

 

 

うつ病で調子が悪い日は、何か活動しようにも、自分の気力や体力が追いついてこないです。本当は、動くことも辛いのに、「今日はダメみたい」って、家族にも言いづらいんですよね。

 

 

普段からサポートしてもらっている家族に、「今日は調子が悪いんだ」、「調子が悪いから、あとのことは頼む」なんて、今日はダメ宣言をしてしまうと、自分が甘えているように感じてしまうのではないですか?でもね…

 

うつ病のダメ宣言は、

甘えじゃなくて家族への協力依頼なんですよ。

 


スポンサーリンク

うつ病の気分の波が辛いことについて、家族に共感して欲しい

 

うつ病の症状が軽くなってきて、色々できるようになると、家族には「もう大丈夫」「順調に回復していく」と思われがち。家族に調子が良くなったと思ってもらえるのは、嬉しいですよね。

 

 

でも、活動できるようになってきたからこそ、うつ病の気分の波で体が辛くなった時にも家族に頼りづらくなって。本当は、動くのもきついはずなのに、何かをしなければいけない迫られた気持ちになるから、きついんです。

 

 

自分のうつ病には、まだ気分の波があることを家族に共感してほしい。自分の辛さを理解してもらおうとしても、気分や調子に波があることを言葉で伝えないと、家族には伝わらないものです。

 

気力や体力がない時に、家族への協力を頼みにくい気持ちの背景

本当は辛くて、家族にやって欲しいけれど、協力を頼みにくい。家族への協力を遠慮してしまう気持ちの背景には、2つの理由があると思います。

 

 

① うつ病が治ったと思ってない?

散歩や家族との外出ができてくると、自分でも「もう大丈夫かな?!」って思う時がありません?でも、うつ病は気分の変動をくり返しながら、思っている以上に長い時間をかけて回復していく病気ですよ。

 

回復のイメージを図にしてみると、以下のような感じです。うつ病の気分の波、回復のスピードには個人差があるので、あくまでもひとつの参考です。

 

 

 

僕の場合は、気分の波が激しくて、気持ちが高ぶって楽しいと思った10分後には、「死にたい」と思っていたり…。今は、うつ病と診断されてから4ヶ月が経ち復職もしていますが、気分が落ちている時は、欠勤して、その日をやり過ごしています。

 

 

② 全部を自分で抱え込もうとしていない?

うつ病の症状で辛い日にも関わらず、「せめてこの位はやらないと、家族に申し訳ない」 そんな風に考えては、自分を追い込んでいませんか?休職をして働けない状態で、家族に3食を用意してもらっていると、自分も何かをやらなきゃいけない衝動にかられますよね。

 

 

でも、うつ病で体調が悪い状態の時に、「何かやらなきゃ!?」と焦って動いても、その後に疲労感が強く残ります。僕は、頭がボーとしたり、逆にそわそわして気分が落ち着かなくなったりしていましたね。

 

 

そういう状態を「無理をしている」と言うんです。

 

 

だから、無理をしないで、自分で抱え込もうとせずに、辛い時は家族に協力を得ることが大事なんです。

 

家族に協力を頼む方法

家族に協力を頼む方法としては、「あ?無理だ…」と思った瞬間に、言葉で素直に伝えることが一番いいです。うつ病回復期の気分の波は、家族から見ていてもわかりにくいことが前提です。

 

 

うつ病では、ただでさえ表情が暗くなりがちですよね?疲れている時は、なおさら表情が暗くなっているんですよ。何ひとつ言葉にしないと、家族は、本人が何を考えているか検討もつかないので、「感じが悪い人」という印象しか残りません。だから、うつ病で辛いことを「たった一言」だけ言葉にすることが重要なんです。

 

 

僕のセリフの定番は、「疲れたから2階で休んでいるね」です。調子がいい時は、家事をやる。疲れたら、無理せず協力を得る。気力と体力がつきてくると、家事さえも苦行に思えてきますよね?だから、家族に寝室に行って休むことを宣言して、あとは頼んでいるんです。

 

 

肝心なことなので、もう一度言うと、黙って家族のもとから離れないこと。家族は、あなたが何を考えているかわからないので、家族に気持ちを察してもらおうとするより、自分から助けを頼んだ方が関係が上手くいきますよ。

 

家族に協力を頼む時のポイント

言い方は悪いんですが、家族にも家族の気持ちや考えがあります。家族の気持ちを汲み取れ!という意味ではなくて、家族といい関係を作りながら、療養生活を送ることが、うつ病の回復を左右すると僕は考えています。

 

 

うつ病になると、家族の関係性が崩れたりすることもありますよね。一方は働いているのに、自分は日々気晴らしをしているだけ。その気晴らしが、うつ病の回復には重要なんですが、家族からしたら、羨ましく思えてしまう時もあると思うんです。だから、我が家は、こうやってバランスをとっていました。

 

 

① 調子がいい時に、感謝をあえて言葉にする

「ありがとう」と言われて喜ばない人は、おそらくこの世の中にはいません。僕が育った家庭は、あまり家族同士で「ありがとう」と感謝を言葉にする家庭ではありませんでした。だから、特に、妻に対して「ありがとう」と面と向かって言う事が恥ずかしかったです。

 

 

最初のうちは、メールで感謝を伝えていたんですけれど、最近は、ようやく「いつもありがとうね」「今日はすごく助かったよ」と伝えられるようになりました。家族なんだから、感謝の気持ちが伝わるなんて思っていたら、だいぶ勘違いされていますよ?

関連記事:うつ病の時に、僕はメールを使って妻に感謝を伝えていた

 

 

② 家族には、好きなことをやってもらう

それから、家族にはできるだけ好きなように時間を使ってもらうのがいいです。僕がうつ病だからという理由だけで、家族が自分のやりたいことを我慢はしないでもらっています。僕の妻は、月に1度のコーヒーのサークルと、最近では卓球が趣味らしいんですけれど、「行きたい」と言われたら、「行ってこい!」と即答しています。

 

 

家族に好きなことをやってもらうと、お互いにストレスがたまりにくく、うつ病で共倒れしたりしないのかな?とも思っています。

 

まとめ

うつ病の気分の波が激しい時には、家族に協力を頼みましょう。

 

① うつ病は、気分の波が激しい回復期が長い

② 家族には、言葉で言わないと辛さが伝わらない

③ 「あ?無理…」と思ったら、家族を頼る

④ 家族には、感謝をあえて言葉で伝える

⑤ 家族には、家族の時間を大事にしてもらう

 

徐々に、気分の波の振れ幅が小さくなってくると思うので、辛い時は、家族に「甘え」ではなく「協力依頼」をしてくださいね。

 

関連記事:うつ病の回復期の波が激しいから、落ち着くまで待つことにした

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2018 All Rights Reserved.