うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

うつ病は、自分との付き合い方を探す為に治療をしているんだよ

2019/02/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病になると、楽しく過ごしていた昔の自分を思い出す。

 

あんなにいきいきしていたのに…

あの頃は、楽しかったな。

どうして、今はできないんだろう?

 

昔の自分と比べると、今の自分が不甲斐なくてしょうがないと思うんですよね。

うつ病の治療は、療養と服薬が重要。

わかってはいるけれど、昔ほど何もできていないと思えてしまう自分への葛藤や不安でいっぱいになります。

辛いですよね…。

 

僕は、うつ病の治療は、「治す」というより、これからの自分との付き合い方を探していく作業なんじゃないかと思うんです。

 


スポンサーリンク

「他人を優先してきた」から「自分らしさ」を見失った

自分の事は、知っているようで自分が一番わかっていないものです。

何が苦手?

何が得意?

何が好き?

何が嫌い?

きっとあなたは、責任感や義務感が強くて、自分よりも他人を優先して人生を歩んできた人だと思うんです。

 

だから、本当は自分の苦手な事や嫌いな事でも、無意識のうちに率先してやっている。

自分が苦手で、嫌いな事でも、誰かが困るから私がやろうって頑張ってきたんだと思うんですよね?

 

自分が何をしたいのか? わからない事がわからない

誰かの為を思って生きる事は、素敵な事だと思います。

 

でも、他人の事ばかり優先し、自分の欲求を後回しにしていると、いつの間にか、自分が何がしたいのかわからなくなる。

今、とても息苦しいと思うんです。

 

自分が何がしたいかを見失っている時ほど、他人が生き生きして見えるから、辛さが増す。

同じ年代の人が、仕事や家事、趣味にあけくれる中で、自分は服薬しながら療養している。

 

何もできていないような罪悪感と自分の不甲斐なさを感じてあふれてくる思い。

「…これでいいのか?」

このまま療養と服薬をしているだけでいいのか?

うつ病で服薬をしているのであれば、どんな理由があろうと自己判断で服薬をやめるべきではないです。

 

 

療養と服薬を続けていても、自分はこれから、この社会の中で楽しく、幸せに暮らせるのだろうか?

考えれば考えるほど、不安になりますよね。

 

うつ病で休職している時、僕にはある疑問が浮かびました。

 

 

〝うつ病は、風邪のように、体の中に細菌やウィルスがいる訳ではない。

だとすると、うつ病になった同じ環境に戻ったら再発するのは目に見えていないか?

 

療養と服薬だけでは再発する危険性が高くなると思った僕は、自分でできる認知行動療法をやってみて、自分の偏った考え方の癖を修正する練習に明け暮れました。
関連記事:認知行動療法を自分でやってみると、わかった4つの事

 

たしかに、認知行動療法をやってみると、偏った考え方の癖に気づけ、うつうつした気分や不安を取り除ける事もありました。

例えば、何もする事ができなかったと落胆している日も、振り返ってみれば、診察や散歩に行けていた事に気づけるといった具合に。

 

ただ、どうしても自分が苦手で、克服する事ができず、自分を変えていこうと努力する事に疲れを感じる事があったんです。
関連記事:人付き合いが苦手だったから、克服をやめたサラリーマンの戦略

 

自分を変えようと努力して疲れきった時、気づいたんです。

 

うつ病の治療は、何かを治したり、克服するのではなく、自分との付き合い方を探していく事が大事なのではないかって。

 

うつ病になれば、嫌でも自分と向き合う事になる。

自分の人生、生き方、考え方。

 

自分と向き合う事で、自分が何に喜びを感じたり、見過ごしてきた自分の一面に気づいて、自分との付き合い方を探していって欲しいんです。

 

 

色々試した結果、うつ病の治療は、自分との付き合い方探しと気づいた

うつ病になった自分との付き合い方は、何が正しいという世界ではないと考えています。
僕も色々と試しました。

 

うつ病 マッピング.jpg

 

僕が自分に合っていると思った方法が、別の人では、全然効果を感じられなかったり…。

うつ病の治療で、何が正しいか、正解はない。

 

ただ、自分が少しでも楽しいように、自分との付き合い方を探していく作業が、うつ病の治療になっていくのではないかな?と僕は思う。

 

自分が楽しく幸せでいられる事が、大事な人も幸せになる

他人を優先して生きてきた人間にとって、自分が楽しかったり、幸せな状態になると、恐れを感じているかもしれません。

 

私ばっかりいいのかな…

「いいんだよ。」

 

あなた自身が楽しく思えて、めいいっぱい幸せを感じていいんですよ!

誰もあなたの楽しさや幸せを邪魔する権利はないし、もし妬むような人がいたら、その人は自分にとって大事な人じゃない。

 

大事な人は、あなたが楽しく幸せそうな姿を見るだけで安心できるものですよ。

 

おわりに

うつ病になってから、辛い思いをたくさんしてると思います。

その経験が自分の糧になるかは、後で考えましょう。

今はゆっくり休んで、自分が好きだと思える事をめいいっぱいやってくださいね。

どんな立場や責任を背負っていても、最後は自分の人生なんだから、一番、自分が幸せでいいんですよ。
関連記事:うつ病だからこそ、好きなことを好きなようにするんだよ

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2018 All Rights Reserved.