うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病で休職した時の過ごし方をきれい事抜きに語ろうと思う

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病の休職 過ごし方.jpg
うつ病で休職が決まると、休職中の過ごし方について悩みませんか?
医師からは、「まず休め」「規則正しい生活を守って」と言われても、うつ病での休職中の過ごし方に戸惑うことが多いと思うんです。
この記事は、以下の場合に役立ちます。

1. 休職中の過ごし方に悩んでいる
2. 身近に同じ経験をした人がいない
3. 医師に相談しづらい
4. ブログを読めるだけの力は、まだ残っている

スポンサーリンク

うつ病で休職をした時の過ごし方を紹介するに至った理由

うつ病で休職をした時の過ごし方について、記事にしようと思った理由は、うつ病になった人は、僕と同じような共通点を持っていると思ったからで、自分の経験が、休職中の過ごし方に活かせてもらえると思ったからです。
うつ病の人の特徴
● 休むのが下手
● 任せる、頼むのが下手
● 相談相手が少ない
● 相談が下手
● 意欲低下と億劫感が強い
● 集中力にかける
いかがですか?
困った事、大変な仕事があっても、他の人に頼んだり、任せたりするのが苦手なので、ついつい抱え込んだ結果、疲れ果ててうつ病になった人が多いと思います。
また、うつ病になると、楽しさ・喜びを感じにくくなるし、何をやっていても、集中力が続かなくなっていると思います。
だから、うつ病が原因で休職をする事になっても、休職期間の過ごし方がわからず、どうしていいかわからない不安と焦りで、より一層、うつうつと辛い気分に苦しんでいると思うんですよね。
僕の場合は、医師と相談しながら、「こう過ごしました。」「こんな風に思います。」という考えを書いていきますので、良さそうと思ったところだけ、適当に参考にしてもらえればと思っています。

休職が始まった当初は、好きなだけ寝る

休職が始まってから、3週間位は、好きなだけ寝る事をおすすめします。
生活リズムなんて気にしない!というよりも、生活リズムを気にできるほどの気力が、残っていいないと思うんですよね。
休職が始まった当初の注意点は2つ。
何があっても薬は飲む
何でもいいから、ご飯を食べる
抗うつ薬は、心身に効果が出てくるまで、1~3週間程度、時間がかかる場合が多いです。
副作用が強いからと言って、自己判断で止めてはいけません。人によって、副作用の方が効果よりも先に強く出る場合があるようですが、薬の相談は、必ず医師にすべきです。
また、食欲がなくなっていると、食べ物が喉を通らないかもしれませんが、薬を飲む為にも、疲労しきった脳に栄養を送る為にも、食べれる物を食べましょう。
僕は、コンビニで売っている「レーズン入りマーガリンロール?」のようなパンだけは、食べる気がしたので、10時頃に起きてきては、コンビニに買いに行っていました。
寝たい時に寝て、薬のタイミングでご飯を食べる。休職の始めは、その時に思った通りに過ごせば良いと思います。

座って過ごせるようになったら、テレビを見る

抗うつ薬が効いてきて気力が戻ってくると、少しづつ動けるようになった自分に気づけてくると思います。
午前中からリビングのいすに座って、テレビを見て過ごせるようになってくると思うんですよね。
地上波の番組に面白みを感じなければ、僕のおすすめは、YouTubeです。
YouTubeは、検索窓に何かしらの文字を打てば、予測変換してくれますし、関連動画を適当に選んでくれますよね?

うつ病の休職期間の過ごし方.jpg

座って活動ができるようになった頃だと、まだうつ病の思考障害の症状が強くて、頭が働かないと思うんですよ。だから、予測変換を使って、適当に気になったYouTubeの番組を見る事はおすすめです。
(ちなみに、僕が助けられたYouTubeの番組はカズチャンネル。特にフェリーで行く弾丸0泊3日の旅!鹿児島編は、癒やし、爽快感、活力、気楽に鑑賞しながら、そんな精神エネルギーをいただけました。)
反対に、「本を読んだりなどして過ごしましょう」と書いてある本がありますが、座った活動がようやくできるようになった時点では、まだ本を読んだり、文字を書く作業はおすすめしません。
うつ病の症状で、思っていた以上に生活にダメージがあると感じた症状は、思考の障害です。
簡単に言うと、頭がぼんやり働きにくいので、集中力にかけたり、考えがまとまらなかったりする症状で、論理的な文章を読んだり、書いたりするのは、この時期にはまだ脳への負荷が高いと思います。

うつ病の休職期間の過ごし方について.jpg

それと、この頃までは、身のまわりの事は家族に任せることが重要だと思います。
座って活動できるようになると、何か家の事を手伝わないと申し訳ない気持ちになると思うんですよね。
僕も、何かをしていないと、家族に迷惑がかかるといつも思っていましたが、結局、回復がそれだけ遅くなってしまうので、座って活動できる位の時は、自分の事以外については、考えない方が良いですよ。

退屈感や意欲が湧いたら、簡単な家事や散歩をしてみる

抗うつ薬が効いてきて、休養もとれてくると、徐々に気力が湧いてきて、じっとTV(YouTube)だけを見ている事にも退屈感を覚え、何か活動したいなって思える時期がくると思います。
僕は、近所を散歩から始めました。「歩きたい」というよりは、「動きたい」感じがしたんです。
晴れた日に外を散歩してみると、「空が青いな。」「草や花がきれいだな。」って、当たり前の日常の風景が妙にきれいに見えてきて、
自分ちゃんと、生きている
幸せを感じる
そんな感覚が得られたんです。
しばらく、家の中で過ごしていたので、体力はとてつもなく落ちているので、すぐ疲れますから、近所を散歩する位で済ませた方が良いですよ。
それと、活動し始められた頃には、自殺に注意してください。本当に。
合わせて読みたい

気力が湧いて、体が動いてきたけれど、毎日、仕事も行けずに、迷惑ばかりをかけている気持ちが強くなったり、ちょっとした事で自分に不甲斐なさを感じると、すぐに「自殺」という言葉が頭をよぎるんです。
死にたいと思ってしまうのはしょうがない事だから、とりあえず生きていてください。
うつ病の症状で鈍った思考が、物事を解決する手段として、すぐに「自殺」とささやいてきますが、それは、鈍った思考で出した間違った答えです。
死にたいと思っている時間はきついけれど、とりあえず生きて、自分の冷静な思考が戻ってくれば、ちゃんと幸せを感じられますから!

活動し始めたら、生活リズムを整える

気力が戻ってきて、日中に何かしらの活動を行えるようになってきたら、復職の為にも、生活リズムを整えるようにすると良いと思います。
生活リズムを整える?と思うんですけれど、僕の解釈は、自分の仕事をしていた頃の生活のスタイルに戻していく過程だと考えています。
● 午前7時前後に起きる
● 着替える、食事と服薬
● (午前中)家事か散歩
● 昼食
● (午後)家事、散歩、読書など
● 夕食
● お風呂
● 就寝
生活リズムを整え始める最初のうちは、午前中に、「頭を使う活動」は避けた方が良いですよ。
うつ病の回復期には、うつ病の日内変動の影響が大きいようで、午前中ほど、抑うつや思考の鈍さが目立つ事が多いそうです。
僕も、ブログをデスクワークの変わりみたく行っているのですが、午前中は、ブログの記事に書きたいと思うアイディアや言葉が作れないんですよね。
だから、午前中は「体を動かす系の内容」にして、午後に「頭を使う系の内容」から、生活リズムを整えていけると良いと思うんです。
徐々に、自分の復職を想定した時間の使い方に合わせていけばいいと思います。

復職に向けて、うつ病の予防に時間を使っても良いかも

うつ病は、再発率が高い病気だそうです。僕も、現在2度目のうつ病になっています。
再発が高い理由は、うつ病になりやすい人は、育ってきた中での考え方の癖(認知の歪み)が、ストレスを溜めやすい傾向にあるからではないかとも思っています。
合わせて読みたい

復職してからは、仕事に慣れるのでいっぱいいっぱいだと思うので、休職の過ごし方として、自分がストレスにさらされた時の考え方、受け取り方の癖について整理してみて、うつ病の再発予防に時間をあてても良いんじゃないかとも思います。

まとめ

うつ病で休職した時の過ごし方を自分の経験にもとづいて、記事にしました。
うつ病の程度や担当の精神科医師の意見もあると思うので、もちろん全ての人に該当しないとは思っています。
何か参考になる箇所がありましたら、試してみてもらえればと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.