うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病の回復段階と抱える背景は人それぞれ。自分に合わせた休み方を。

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

先日復職したばかりの たぐ です。

 

うつ病になってからSNSを見ていて、他のうつ病者と自分の回復段階を比べたい気持ちになっていませんか?

 

僕は、ツイッターを始めてから、色々なうつ病者の事情を見てきました。

 

「死にたい」

「今日は、散歩ができた」

「少し、生きるのが楽しく感じた」

「買い物に行けた」

「復職をした」

 

他のうつ病者の回復段階を見ていると、自分が不甲斐なく感じて、自分だけが取り残されるような気がする時があると思います。

 

でもうつ病という診断名は一緒でも回復の段階、生きてきた時代や人生史、抱えている背景は、人それぞれなんです。

 

他のうつ病者の生き方や考え方はとても参考になる事が多いですが、自分に合わせた療養の仕方が大切だと思うんです。


スポンサーリンク

回復の段階によって、必要なエネルギー量は違う

うつ病の回復段階によって、自分の中に入ってくる情報や言葉の受け取り方が違ってきます。

 

例えば、休職真っ只中で心のエネルギーが枯渇している状態では、復職をして、次の夢に向かっているうつ病者の話を真に受けたら、自分が傷つくだけ。

 

「あぁ、こんな風に回復していくもんなんかなぁ~」

 

心のエネルギーが枯渇しているときは、自分に都合の悪い情報は、受け流す位がちょうどいいです。

回復して上手く再出発していったうつ病者と比較して頑張ろうとする必要はありません。

 

 

きっと、そのうち気力が湧いてきて、自分に余裕が出てくる時がきますから、その時には

 

「死にたくて、涙がとまらなかった。」

 

なんていうツイートを見かけたら、「自分にもそんな時期があったな。」と、そっといいねを押せばいい。

 

うつ病という診断名が同じでも、今、持ち合わせているエネルギー量は、人それぞれなんです。

 

自分の回復の段階に合わせたエネルギーをもらえる情報や言葉と、上手く付き合って欲しいと思います。

 

生きてきた時代や人生史が違う

僕は、いま33歳になります。

 

自分では狭間の世代だと、勝手に思っています。

 

今の40代以上のサラリーマンは、会社に尽くす事が当たり前に生きてきましたよね?

 

会社で働くのが当たり前

残業や休日出勤が当たり前

仕事が何よりも第一優先

仕事は、汗水をかいてやるもの

 

仕事に全力をそそぐ事が絶対と疑わず、自分の心身がボロボロになっても、会社に尽くして働かなければならない。

ある意味、会社で働かざるを得ない、強迫的な思考を持っていたようにさえ思います。

 

 

一方で、今の20代以下の人は、色々な生き方を知っています。

 

会社に行く事が絶対ではない

努力よりも、効率

仕事よりも、人生で何ができるか

ネットを使った収入の手段をたくさん知っている

 

 

中立的な立場をとりたい訳ではないですが、以上の意味で、僕は、どっちつかずの30代、狭間の世代だと勝手に思っています。

 

生きてきた時代や人生史が違うので、どちらが正しいという問題を訴えたいのではありません。

 

生きてきた時代や人生史が違うからこそ、病名が一緒であっても、他のうつ病者と全く同じ価値観になる必要はないという事を伝えたいんです。

 

抱えている背景が違う

うつ病になったという事は、責任感が強く、まじめに人生を生きてきたタイプの人だと思うんですよね?

 

(じっ…自分で言ってしまった‥)

 

会社のため、家族のためと、自分を犠牲にしてまで、必死に何かを守ってきたんだと思います。

誰かを思う気持ちは素晴らしい事です。

 

でも、他人の事を優先しすぎて生きてきた人ほど、自分に優しくする方法をいつしか忘れていってしまうもの。

 

家族を養う必要がある

まだ、手のかかる子どもがいる

自分の親も高齢になってきた

家族の理解がある

会社の理解がない

休職できる期間が短い( 僕 )

 

今、あなたが知っているうつ病者の方々も、背負っている背景は人それぞれです。

 

まとめ

同じうつ病者でも、色んな事が違うんです。

上手くいっているような情報や言葉に触れて、自分を傷つける事に意味はありません。

 

① 回復の段階によって、必要なエネルギー量は違う

② 生きてきた時代や人生史が違う

③ 抱えている背景が違う

 

だから、あなたには他人と比べるのではなく、どうか自分の体に合わせた休み方をしてほしい。

関連記事:うつ病で泣く男のどこが悪い?泣きたい時は泣けばいい

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.