うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病だからこそ、好きなことを好きなようにするんだよ

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病が回復してくると、自分の中にある思いが芽生えてくると思います。

 

自分だけ、好きなことばかりしてていいのかな?

自分や周りにも理解されにくいですけれど、それがうつ病の治療です。

 

 

うつ病になった頃は、何をする気力もない億劫感でいっぱいでしたよね?それこそ、寝るか、食べるか。

何か好きなことをやりたいと思えてきた事は、うつ病が回復してきている証拠だと思います。

 

うつ病だからこそ、好きなことを好きなようにして、焦らず自分の頭と体を休ませて欲しいんです。


スポンサーリンク

頑張りすぎたから、うつ病になったんです

うつ病になるまでには、きっと色々な事があったと思います。人それぞれ、事情がありますからね。

でも、きっとこんな感じではありませんでしたか?

 

人に合わせてきた

人の顔色を気にしすぎた

人間関係で傷ついてきた

自分で自分の考えを否定してきた

 

自分が苦手だったり、無理をしなければ頑張れない状況で頑張りすぎたから、心のエネルギーが枯渇してしまったんです。

 

頭と心が疲れきった結果、何かをする気力や深く考えたり事ができなくなってしまったんだと思います。

 

心のエネルギーなんて本当にあるの?

初めて精神科を受診した時に、精神科の医師に言われました。

「少し頑張りすぎて、心のエネルギーがなくなっちゃったのかな?」

 

心のエネルギー?精神科医はよく使う言葉でしたが、本当にそんなものがあるのか疑わしいところもありました。

 

 

ただひとつはっきりしている事は、うつ病になってから、好きなことを好きなように3ヶ月過ごしたら、不思議なくらい、「人と会ってみたいな」「娘に洋服買ってあげたいな」といった欲求が出てきたんです。

 

うつ病になった当初は、ベッドで寝た状態で、スマホをいじるのさえ億劫でした。できるだけ人に会いたくない。娘と遊ぶのでさえ、めんどくさいと思っていました。

 

でも、うつ病の回復してくると、「これしたい」「あぁしたい」っていう欲求が出てきたんです。

 

自分の中にあふれてきた欲求を心のエネルギーと呼ぶかどうかは、わかりませんが、自分に出てきた欲求に従って、体を動かせることが、嬉しかった事はたしかです。

 

焦らず、好きなことだけに没頭して生活する

僕は、うつ病の療養の為に、休職をしました。

普段から仕事をしていたサラリーマンは、仕事に行っていない今の自分にさえ、罪悪感を感じると思います。

 

仕事を休んでいる上に、自分の好きなことをやっているような生活をしていていいのか?そう思えてしまうのは、当然です。

 

他人を思いやる優しさ、仕事を全うする責任感、1人で背負い込んだ義務感、いくらやっても満たされない自己肯定感、それから今感じている世間や職場、家族に感じている罪悪感と職場復帰への焦り。

 

 

でも、もうやめません?自分を追いつめるの。

 

 

僕は、うつ病になった事は、心と体が「もう無理だ、休め!」と教えてくれているんだと思うんです。

 

せっかく自分の心と体が休む機会を作ってくれたんだから、焦らずに、好きなことに没頭する位の気持ちの余裕を持ってほしいです。

関連記事:ダメな自分を受け入れるには、没頭できる事が必要だった

 

スポンサーリンク



僕が没頭できた好きな事を紹介

好きなことを過ごせと言われても、仕事漬けの毎日を送っていたサラリーマンは、世の中の楽しみ方がわかりません。

はい、僕もその1人だったからです。

 

僕がやってきた好きなことを紹介させていただきます。

 

Youtubeの達人的ゲーム動画を見る

僕は、Youtubeのゲーム動画をひたすら見ました。

動画のカテゴリーで言えば、RTA(リアルタイムアタック)と言われるゲーム動画です。

RTAは、例えばドラクエのようなゲームをプレイし、いち早くゲームクリアを目指すゲームのやり方です。

 

ドラクエ3を3時間代でクリア…考えられます?

 

インターネットの世界で、異世界の人にあったような感覚ですよ。自分が知っていた世界がいかに小さいかがわかってから、すっかりはまりました。

それとこれは持論ですが、YoutubeのRTA動画は、うつ病の人の頭への負荷が少ないと思います。

うつ病になってから自覚する症状として、集中力や思考能力が低下して、長い時間同じ事を続けるのがしんどかったんですよね。

目的がはっきりしている無駄のないゲームプレイは、頭への負荷が少なくて、外出できない人に、ぜひともおすすめ。

興味があったら、検索窓に入れてみて
「ドラクエ RTA」
「FF RTA」
「ロマンシングサガ RTA」

 

 

 

1日1回ドトールでコーヒーを飲む

僕は、コーヒーが大好きです。

うつ病でコーヒーを飲んでも良いの?

賛否が分かれるところですが、僕は、コーヒーの飲み過ぎや服薬前後、夜に飲むと、うつ病の治療の邪魔になると思って、1日1回、昼食前後の時間だけ、喫茶店にコーヒーを飲むことを習慣としていました。

好きなコーヒーを禁止によるストレスの方が、よっぽど、体に悪いように思います。

サラリーマンの男性だと、コーヒーが好きだと思うんです(偏見?)

 

もしカフェインが気になるようでしたら、大手のコーヒーチェーンであれば、カフェインレスのコーヒーを提供していますよ。

関連記事:外でコーヒー飲みたい!うつ病でもカフェインレスコーヒーなら安心

 

 

読書:読みたい本だけ読む

意欲と集中力が戻ってきて、読書がしたくなってからは、色々な本を読みました。元々、本を読むのが好きだったんですよね。

自分のうつ病の経験を振り返ると、うつ病の回復段階別に、自分の心身が求めるようになっていた本があったように思います。

 

特に印象的に残っている本のリンクを貼っておきますね。興味があったら見てください。

① うつ病の回復を感じ始めた頃
⇒うつ病の病気関連の本
患者のための最新医学 うつ病 (患者のための最新医学シリーズ)

 

② 回復が進み、生活リズムが整ってきた頃
⇒自分の人生観、価値観を見つめ直す本
置かれた場所で咲きなさい

 

③ 復職を意識してきた頃
⇒ストレスに対応する為の本
(146)自分のことだけ考える。: 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)

最後、え?ホリエモン?と思われたかもしれませんが、これからの社会で生きていく為の力と視点をもらえた一冊です。

他人の目?…知らねーよ、そんなもん!と思えるようになりました(笑)

 

 

ブログを書く

この記事もそうですが、「誰かの為に」「好きなことを好きなように書く」。

ブログは、休職期間の自分の居場所でした。

初めは僕も思っていたんですよ。うつ病で辛いとか言っている一方で、ブログは書ける自分…なんか都合いいなって。

でも、違うんです。

好きなことだから、楽しくて体も動いてくれる。

特にうつ病が重い時ほど、人と言葉を交わすのが億劫です。

だから、もしもブログやツイッター(SNS)をやっていて楽しいって感じるのなら、文字を使って自分の気持ちを吐き出すといいです。

 

 

外出をしたいようにする

家族と一緒に、無理して外出する必要はありません。

外出先でも、家族と一緒にいることが辛くなったら、1人でお茶でもしている。

 

うつ病になる前は、家族は一緒に行動しないといけない、家族サービスできないと「いい夫、いい父親」でいられないと思っていたんですけれど、決してそんな事はありませんでした。

 

「今日は、行く気がしない」
「疲れたから、アイスコーヒー飲んでていい?」

 

素直に自分のやりたい事を伝えても、家族関係は、一切かわりませんでした。

 

むしろ、付き合わされていると感じていた無駄なストレスがなくなって、自分と家族の摩擦が減ったようにも感じます。

 

好きなことを好きなようにする時のポイント

とは言っても、家族がいる立場だと、好きなことを好きなようにするには勇気がいります。

家族にも申し訳ない気持ちがありますから。

 

僕は、好きなことを好きなようにする為に、1点だけ大事にしていたポイントがあります。

それは、思い立ったら、現状を家族に話してみる

 

家族は家族なりに、うつ病の僕らの言動を考察しているんですよね。

 

思っている事、何でもいい。まだ疲れやすい、精神科行ってきた、復職が不安。
自分が何を考えているかをちょっと話す事で、家族にも安心してもらえます。

 

僕は、家族が安心している様子を見ると、自分も安心して好きなことを好きなようにしやすくなりましたね。

 

おわりに

好きなことを好きなように取り組めないという事は、現状に対する不安や復職を焦る気持ちが強いんだと思います。

 

自分を追い込んでも、上手くいくことはありません。

まずは、頭と体を休ませてあげてくださいね。

 

ここまで読んでいただいても、復職の為に、現状を変える何かで気を晴らしたいと思っていたら、うつ病で3ヶ月休職したサラリーマンが復職に向けて準備した事という記事が参考になると思います。

 

僕が3ヶ月間の休職の中で、復職に向けた体験談です。よかったら、覗いてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.