うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病者は、不幸せ?ツイッターで見つけた「リア充なうつ病者」を分析してみた。

2019/02/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「リア充なうつ病者」になりかけの たぐ です。

うつ病の症状が落ち着き、ふと立ち止まった時に考える事があります。

 

「自分は、どう生きていきたいのか?」

「うつ病になり、この先幸せな人生なんてあるのか?」

 

自分の将来に希望が持てないと、自分だけ社会から取り残されたような孤独感を感じやすい。

 

うつ病は、完治するまでに時間がかかります。

 

僕自身は、うつ病と付き合いながら、人生を歩んでいこうと考えています。

あなたは、いかがですか?

 

うつ病でいる限り幸せにはなれない?

そんなうつ病の回復への焦りがあると、うつ病を持ちながら生きていく自分を受け入れられないと思うんです。


スポンサーリンク

うつ病はすぐには受け入れられない

僕は、うつ病を2度経験して、現在も通院治療をしています。

 

うつ病は、症状が回復してくるにつれて、家事や外出など、活動的な作業ができるようになりますよね。

だから、治った?と安易に思いがちですが、いざ社会で人と関わったりしてみると、疲れやすく、体調の変動が激しいです。

 

毎日、自分の気分の変動に左右されて悩むことも多くなる。

体調の良し悪しに混乱し、早く治さなきゃと焦るほど、うつ病と付き合っていく、自分のこれからの人生を受け入れていきにくいと思うんです。

 

うつ病である事と幸せは別物

今、自分の人生に幸せを感じられますか?

 

うつ病になる前の快活な自分と比べては、落ち込んでる事が多いのではないかと思います。

 

これは僕の持論ですが、うつ病の治療とは、病気になる前の自分と比べることではなくて、立ち止まってみえた、自分に優しく無理のない人生を見つけていく作業なのではないかと思います。

 

 

だから、うつ病になったから不幸せなのではなく、うつ病になって気づいた自分らしさを見つめ直せれば、病気の有無に関わらず、幸せな人生を歩んでいけると思うんです。
関連記事:うつ病は、自分との付き合い方を探す為に治療をしているんだよ

 

ツイッターで、幸せそうな「リア充なうつ病者」を見つけた

世の中には、うつ病を持ちながらも人生を楽しみ、仕事をされている人がいます。

 

ツイッターで見つけました。

 

すでにご存じかもしれませんが、メンタルハッカーのほっしー(@HossyMentalHack )さんです。

ほっしーさんは、うつ病、双極性障害、気分変調性障害の診断を受けているそうです。

参考記事:うつ病からメンタルハッカーになった、ほっしーのプロフィール(ほっしーのメンタルハックより引用)

 

最近の僕は、うつ病でありながら、非常に幸せそうな生活を垣間見せるほっしーさんが、気になってしょうがないんです。

ほっしーは、どれだけ人を惹きつけているか?

ほっしーさんがどれだけ人を惹きつけているのかを数字で見てください。

 

● ツイッター:フォロワー数 7951人(H30.5.14時点)
⇒何かのきっかけで、ほっしーさんに興味を持った人数を指します。

 

● ブログ:1ヶ月20万PV(ページビュー)
⇒1ヶ月に、のべ20万人にブログの記事が読まれている事を意味します。

 

ほっしーさんが、顔出しで自分の病気の経験を語っているもの珍しさはもちろんあると思います。

 

しかし、顔出ししてうつ病をカミングアウトするだけの単純な理由だけでは、ツイッターのフォロワーやブログの読者数は、増えないもんなんです。

 

なぜ、ほっしーはこんなにも人を惹き付けるのか?

ほっしーさんに惹きつけられて、ツイッターでフォローしたり、ブログを読みたくなる理由は、3つあると思います。

 

① 楽しむ手段がたくさんある

② 楽しみで収益がある

ブログ、SNS、仮想通貨、メンタルをハック(分析・改善)、本の出版、イベントへの登壇、voicy(音声メディア)、メディアへの出演、お悩み相談など

 

ほっしーさんのこれからやりたい事
⇒おもしろうそうと思った事すべて(ブログプロフィールより)

 

ここで「リア充」の定義を復習しましょうか?

「リア充とは?」

リア充は、リアル(現実)の生活が充実している人物

引用:ウィキペディア

 

ほっしーさんは、間違いなくリア充なうつ病者じゃん?!

 

もちろん、本人が幸せと感じているかどうかもありますが、活動の様子を見ていると、とても幸せそうな印象を受けるんですよね。

 

③ 精神を病んだ人に、雇用を生み出している

僕が1番興味を持っている点が、うつ病を初めとした精神の病や障がいを持った人に、雇用を生み出している事です。

 

参考になる話がいっぱい! 精神疾患の体験談記事まとめというコーナーを作り、ブログに記事を投稿してくれた方に、文字単価(1文字0.5円、最大2,500円)で、「書く」仕事をする場を提供しているのです。

 

僕も記事を投稿した経験があります。

うつ病の僕にとっては、人と関わらずに「書く」という自分が好きな体験を通して、誰かの為に経験を活かせる記事を投稿できた事は、復職前の自信になりました。

 

自治体というレベルではなく、個人で、精神を病んだ人を対象に雇用を生み出している点が、僕にはすごく良い取り組みに思えて仕方がないんです。

 

だから、病気をした人間でしか感じ得ないものを武器にしつつ、幸せそうに自分らしく生きているほっしーさんの生き方に、僕らは「夢」を見てしまうのではないかと思うんですよね。

 

なぜ、ほっしーを分析しようとしたのか?

ほっしーさんの言葉は、本当に心に刺さる。

精神に病気を持っている人の気持ちを擁護する一方で、病気や障害があっても、多様な生き方を見せてくれ、自分の生き方が受け入れられる気分になる。

 

けれど、それってほっしーさんが特別だからって訳ではないですよね?

ほっしーさんに、夢を見ているだけでいいのかな?

 

むしろ、うつ病があっても、自分も幸せになれるというモデルとして生き方を参考にして、自分はどうなりたいのかを自分で探していかなきゃいけないと思うんですよね。

 

だって、うつ病者でも、幸せでリア充な人がいるのはもうわかりましたよね?

 

 

おわりに

ツイッターで見つけた「リア充なうつ病者」のほっしーさんを分析しながら、うつ病を持っていても、幸せな人生を歩める事について書きました。

 

僕自身は、どんな事情を抱えていようとも、全ての人が何かしらの役割や居場所を見つけて、自分らしい人生に幸せを感じられるような社会になるように、自分の考えを発信していきたいと思っています。

 

夢は他人に託すのではなく、自分に託すんですよ!

関連記事:自分らしく生きるといい。直感で動いた後に意味はついてくる

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.