うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

サラリーマンがいい加減に生きる方法について、うつ病者が考えてみた

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

一生懸命に生きなくても、何とかなりますよ!

 

 

 

サラリーマンとして会社で働いていると、息苦しくなるくらい、生きづらさを感じることがあります。どうしたら生きやすくなるのか?もっといい加減に考えられたら、物事が楽に考えられるのにな…。生きることに息苦しくなると、自分の価値観や働き方・生き方に自信が持てなくてなってきますよね。

 

 

 

僕は、10年間、サラリーマンをしていました。僕が働いていた10年は、ずっと病院や施設で作業療法士というリハビリの仕事をしていて、特に、患者さんや施設の利用者さん、それから上司や同僚との対人的な付き合いに、息苦しさを感じることが多かったんです。

 

 

 

サラリーマン時代、2度、うつ病になりました。休職と復職を経験しました。職場でのストレスが原因の全てだとは考えていませんが、うつ病になる前は、サラリーマンとして会社で働いている自分の生活に、息苦しさを感じていたことは確かです。

 

 

 

 

体を2度も壊したことをきっかけに、物事を深く考えず、いい意味でいい加減に生きたい、自分の人生だから、自分の好きなように生きたいと強く思うようになったんです。

 

 

現在は、サラリーマンを辞めて、フリーランスで働いています。フリーで働き始めて思うことは、フリーランスでも、サラリーマンでも、自分の欲求が満たせないとストレスが溜まるし、人生って、つまらなくなるんだなということです。

 

 

 

この記事では、フリーランスになった今、うつ病になった当時を振り返ってみて、サラリーマン時代に、こうやれば、もっといい加減に生きられて、仕事や生活を楽しむことができたんだろうなと思う点について書きます。

 

 

 

自分の好きなように時間を使い、仕事をすることが、いい加減にいきる方法の肝です。


スポンサーリンク

職場に、自分の権利を主張することは悪くない

僕は、うつ病になってから、3ヶ月の休職をしました。1度目のうつ病の時は、3ヶ月の休職から、すぐにフルタイムで働き始められたんですが、2度目のうつ病の時は、フルタイムで働くことを復職した早々にやめました。

 

 

 

本当は、フルタイムで週5日の連続勤務をして、復帰しようと考えていたんですが、初日から体が持たずに、上司に相談し、あっさりと週3日の勤務に変更してもらうようにしたんです。

 

 

 

サラリーマンとして働いていると、職場の上司や同僚の視線が、嫌でも気になりますよね?上司や同僚に迷惑をかけないように振る舞わなければいけないと思いますし、「自分だけ特別扱いされるような権利の主張は、するべきではない!」と、自分に厳しくしていることが多いんじゃないでしょうか?

 

 

 

でも、その他人の目を気にしたり、自分に厳しくしていることが、結果的に、自分の人生や仕事をつまらなく、きついものにしているんだと思います。意外と、自分が知らないだけで、他の同僚は、自分の都合の良いように、シフトを組み直してもらうように上司に相談したり、みんなで行うと決めたルーチンワーク(例えば掃除とか)を適当にごまかしてやらない人間も多いです。

 

 

 

あんまり、周りに気を遣いすぎていたり、自分にだけ厳しくしていると、心のバランスが乱れて、本当に、僕みたいなうつ病になって苦しむことになりますよ。

 

参考:僕は、サラリーマン時代は、病院に勤務する医療従事者をしていました。医療従事者の5%は、うつ病を患っています。厚生労働省によると、一生のうちに、うつ病になる人の割合は、3~7%と言われています。単純に考えると、職場に100人のスタッフがいれば、3人~7人は、うつ病になる計算です。

 

それだけ職場のストレスは、心や体に与える影響は大きいんです。だから、周りに気を遣いすぎたり、自分にだけ厳しくせずに、正当な権利は、しっかりと職場に主張していいんですよ!

 

 

 

僕の場合は、「男、夫、父親というプライド」もあったので、正直、フルタイムで働かないことに対する劣等感もありました。また、自分が出勤したり、欠勤することは、職場の同僚やお客さんにも迷惑がかかるとも、思っていました。

 

 

 

でも、実際に勤務日数を減らしながら働いてみたところ、「ほとんど」の人が、僕の働き方に、文句を言ってくる人はいませんでした。僕自身も、勤務日数を減らしたことによる、出勤をしない日は、欠勤扱いにしてもらった為、給料も出なかったので、仕事に行かない引け目を感じませんでした。

 

 

 

給料が減給されているにも関わらず、自分の働き方に、文句をつけてくる人は、絶対に出てきます。でも、文句だけ言ってくる人は、気にしなくていいんです。理由は、文句を言ってくる人に限って、自分が窮地に陥っても助けてはくれませんから。

 

 

 

あなたの中では、いい加減な方法に感じてしまうかもしれませんが、職場や上司に対して、自分の意見を主張することは、スタッフとしての正当な権利ですよ。

 

できないことは、できないと伝える

僕は、「なんでもYesマン」をやめました。というか、やめましょう!何でも仕事を請け負い、抱え込んでいくことは、一見すると、仕事を頑張っているようにみえるかもしれません。

 

 

 

ただ、やりたくもない仕事、自分の容量をオーバーしている仕事を請け負うことは、知らず知らずのうちに、自分の心と体を蝕んでいきます。むしろ、自分の得意な仕事に力を入れられる時間を作って、苦手な仕事は、得意な人に頼めるサラリーマンの方が、優秀な社員だとは思いませんか?お互いのいいとこどりをして、生産性を上げられる方が、いいチームです。

 

 

 

全ての仕事を完璧になんでもできる人はいませんし、ちゃんと、しっかりとできる必要もありません。できないことは恥ずかしくない。できないことを隠そうとする行為の方が恥ずかしいんです。

 

1人の時間を作る

家族がいると、自分で好きに使える時間は、少なくなりますよね。仕事が終わって退社してからも、自宅に帰って家事をしたり、子どもをお風呂に入れて、寝かしつけをしたりと、特に、共働きをしているサラリーマンは忙しいです。

 

 

 

忙しいと、ついつい自分へのケアを怠りがちですが、1人で自由に過ごせる時間を作れていますか?家族やどんなに親しい人といても、1人の時間は作るべきです。

 

 

 

どんなことにも縛られないで、好きなことに没頭できなければ、自分の人生を生きているって感じがしませんよね?僕はサラリーマン時代、、自宅では寝室でスマホを見ながら歯を磨いたり、書斎でブログを書き、1人時間を確保するようにしていました。もちろん、その分、洗い物や子どもをお風呂に入れたりして。

 

 

 

「イクメン」という言葉をプレッシャーに感じているかもしれませんが、親が熱心に子育てをすることが、必ずしも、いい子育てであるとは限りません。理由は、家族の数だけ、それぞれの家族の形があると思うので。

 

 

 

僕は、お風呂上がりの娘(6歳)の髪の毛を乾かしていると、よく妻に言われることがあります。それは、「髪をしっかり乾かさないと枝毛が増えるから、しっかり乾かしてね!」ということです。

 

 

 

妻が言っている日本語の意味はわかるのですが、子どもに枝毛ができることが、どのようなリスクになるか理解できないですし、だから、僕は、妻が見ていない時には、いい加減という名の自分と娘のさじ加減で、髪の毛を乾かすようにしています。妻と言えども、他人の基準や価値観に従って、物事を行うことは、すごくストレスに感じるんですよね。

 

 

 

娘の髪の毛を乾かす時間の短縮は、ひとつの例ですが、時間がないと嘆いても、何も始まりません。自分の好きな時間を作る為なら、自分が重要だと思わないことに時間を使わずに、手を抜きまくりましょう!たいていのことは適当でいいんです。

 

細かい出費に悩まない

僕は、いい意味で節約思考、悪い意味でケチ臭い人間でした。10円でも、野菜が安く買えるなら、遠くのスーパーに言ったり、ショッピングモールでランチをする時も、100円の価格差に何分も悩んでいました。

 

 

 

悩めることはひとつの喜びです。だけど、悩む過程を楽しめないなら、好きなものを買ったり、食べたりする欲求をおさえることはストレスにしかなりません。

 

 

 

楽しくもないことに悩むなら、とりあえず、決めてしまって、次にやりたい何かを見つけた方が生産的だし、精神衛生にもよいと思うんです。小さなことでも自分の欲求を押さえていると、自分が本当は何がやりたかったかという欲求がわからなくなりますよ。

 

 

 

自分がやりたい欲求がわからなくなると、何のために人生を生きているかを見失いかねません。いい加減に生きるためには、自分の好きだと思う欲求のままに生きることです。

関連記事:不器用な生き方に疲れたら、いいかげんに生きると人生変わる

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2018 All Rights Reserved.