うつ病人の生き方・働き方改革

不器用な生き方に疲れたら、いいかげんに生きると人生変わる

2019/09/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「 ちゃんと。 」

 

「 きっちり。 」

 

「 がんばらなきゃ。 」

 

自分の価値観で、自分を縛るほど、毎日の生活が苦しく感じられますよね。

 

 

 

僕は、「器用に生きられるタイプの人間」ではありません。

 

 

 

物事を決める時には、他人の顔色を意識してしまうし、仕事であれば、どれにどのくらいの力を注いでいいかわからず、常に全力を出しては疲れきり、オーバーワークになってることさえ気づかないような人間です。

 

 

 

自分の不器用な生き方に気づくと、人生をやめたくなるほど、疲れを感じますよね。

 

 

 

他人の顔色を伺ったり、何でもかんでも頑張ろうとすることに疲れていた時、一冊の本に出会いました。その名も、「いいかげんに生きる」。

 

 

 

何かいきやすくなるヒントを求めて、本屋の棚を見ていると、「いいかげんに生きる」という背表紙だけが目にとまって、買ってみたんです。張りつめた肩の力が抜けるようないい内容でした。

 

 

 

「こんな生き方でも、社会に受け入れられるんだ。」、「生きてていいんだ。」、もし生きることに疲れを感じているようなら、いいかげんに生きてみると、人生が変わるかもしれません。

 

 

 

不器用な生き方しかできない僕が、いいかげんに生きるようにしてから得られた経験や考えを書きます。


スポンサーリンク

勝手に作った自分ルールに縛られていた

「いいかげん」って聞くと、悪い言葉のように思えますよね。

 

 

 

僕自身は、物事をルールやマナーなど、何かの型にはめて考える傾向が強かったので、いつの間にか「こうしなきゃ!」という自分ルールを作って、自分を縛っていたんですよね。

 

 

ルールに違反したら悪い人

ルールに違反したらダメな人間

 

 

そんな風に、自分ルールを守ることに忠実な生活をしていて、無意識に、神経をすり減らしていたんでしょうね。

 

 

僕の自分ルールには、次の4つのことが書かれていました。

 

① 他人に迷惑をかけてはいけない

② 恥ずかしいと思われることをしてはいけない

③ 何かをするには、いつだって意味がある

④ まずは、やるべきことをしなきゃ

 

① 他人に迷惑をかけてはいけない

「生きていれば、誰かに迷惑をかけるし、誰かしらに迷惑をかけられているもの。」言葉にすると、当たり前に感じられても、僕は、他人に迷惑をかけてはいけないことを自分の信念のように思っていました。

 

 

 

振り返ってみると、小さい頃から、他人に迷惑をかけないと、周りの大人が褒めてくれたんですよね。

 

 

 

例えば、小学校2年生の時に、友達の家でポテトチップスを食べる時に、ポテトチップスの食べかすで部屋を汚さないように、ティッシュをお皿がわりにしたことがありました。そうすると、友達のお母さんは、「たぐ君のように、あんたも部屋を汚さないようにしなさいよ!」なんて、僕は、友達の模範生のような立場になってしまい…。

 

 

 

嫌みではないのですが、生きてきた中で、周りの模範として、結構、たてまつられることが多かったんです。

 

 

 

社会に出てみると、さらに、「他人に迷惑をかけてはいけない」気持ちが強くなりました。仕事を頼めば、頼まれた人が迷惑に感じるだろうし、無理してでも笑っていないと、職場の雰囲気を悪くしかねないし。

 

 

 

八方美人的な生活を続け、いつでも他人の顔色を見ながら生活をすることに、いつしか強いストレスを感じ、疲れていました。楽になりたかった…。

 

 

 

自分が思っていた「迷惑をかける行為」が、案外、「他人の迷惑にならない」ことを知りました。

 

 

 

仕事を頼めば、頼まれた人は面倒に感じるかもしれないし、良かれと思ってしたアドバイスが、相手の気分を悪くさせる事もある。でも、そんな他人の気持ちって、自分ではコントロールできないし、他人が何を迷惑に感じるかなんて、本当のところはわからないんですよね。言葉にすると、当たり前なんですが。

 

 

 

だから、迷惑をかけまいと、他人の顔色ばかりを伺って生きるなんて意味がない。結局、自分にできる事は、やろうとした事をやれるようにする事だけ。他人がどう思うかではなくて、自分がどう思うかを先に考えた方が良いです。

 

 

 

意外とね、自分が思っているほど、周りは自分に関心がないし、たいていの事は、迷惑がられないんです。

 

 

 

例えば、仕事終わりに、みんなで使う共有スペースの掃除をお願いして、定時に帰っても、『任せてください。いつもやってもらってありがとうございます。』なんて、感謝されてしまったり、散らかった家の片付けをしないで、パソコンいじっていても、何も言われなかったり。

 

 

 

自分がちゃんとしなきゃいけないと思っているところが、相手も同じ熱量でそう思っているとは限らないんですよね。

 

恥ずかしいと思われる事をしてはいけない?

他人は、思っている以上に、自分に関心がないから、他人の目を気にして、自分の好きなことをしないなんてナンセンス。

 

 

 

僕は、最近釣りにはまっているんですが、釣りに行く時は、クーラーボックスに4kgの氷を入れて、大きなリュックを背負い、紫外線防止の大きな防止をかぶって、始発から電車に乗っています。釣れた事、まだないんだけど。

 

 

 

以前の僕なら、まさに釣りやります!って格好で、人がたくさん乗る電車を利用するなんて、恥ずかしくてできませんでした。コイツ、どんだけ気合い入ってんだ?って思われると、恥ずかしく思えていたんですよね。

 

 

 

でも、今は恥ずかしいと思わないようにしています。恥ずかしくても、やりたいと思ったら、やります。

 

 

 

他人が自分を見ているのは、気のせい。見ていたとしても、よっぽどじゃないと記憶に残りません。最近、身近にいた恥ずかしい人を思い出そうとしても、そんな人、思い出せませんね。

 

 

 

自分がよければ、それでいいじゃないですか。仮に、恥ずかしいと思われたとしても、だから?って話です。あなたが感じさせた感情で、他人の人生がかわるほど、あなたに影響力はありませんから、安心してください。

 

何かをするには、いつだって意味がある?

何か意味がなくても、行動してもいいですよね?正確に言えば、他人が意味を感じられなくても、自分の中に、楽しい、やってみたいと思えたら、これ以上ない、行動を起こす根拠だと思うんです。

 

 

 

他の人の人生ではなく、自分の為に、人生を生きてみてください。他人が喜んでも、他人に意味があっても、自分に喜びや意味がなければ、楽しくないですよね。楽しくない事ばかりやっていたら、簡単に疲れるし、生きるのが嫌になっちゃいますよ。

 

 

 

僕のこのブログ。今、1日に記事を読んでくれる人が、0人という日もあります。インターネットに記事を公開しているのに、読者0人って…意味あります?

 

 

 

それでも僕は、文章を書いたり、発信したり、自分の世界観をただただ話したいから、今日もブログを書きたいんです。自分が好きっていう理由だけで、行動を起こしていると、自分の人生を生きている感じがして、時間や自分の考えを大事にしたいと思えますよ。

 

まずは、やるべき事をしなきゃ?

やるべきと思っているのは、あなただけかもしれません。仕事の締め切りはまだ先だし。他人が手を抜いている部分も、家事にも。他人が関わる時は、いつもやるべきスイッチが入っちゃうんですよね。やらないと、迷惑かけちゃう気がするし、恥ずかしい思いをするかもしれないし。他人の為になる事を優先しないと、怒られやしないか不安になっちゃいますもんね。

 

 

 

 

でも、1日でやらなきゃいけない事って、実はそんなにありません。タスクリストがたまっていくのは、迷惑をかける、恥ずかしい思いをする、怒られるといった、他人の目を気にするばかりに生じた、勝手な不安なんだと思います。

 

 

 

思いきって、今日やらない習慣も大事。なんかね、頑張りすぎている方が、周りも気を使っちゃうみたいよ。今日は無理、帰ろうって割りきるのも良い。調子が悪いからやらない、任せるのもあり。こう考えると、やるべきと思っている事をしない方が、勇気がいるし大変ね。できそうですか?

 

 

 

 

僕は1週間のうち、ほとんど『今日、無理!』って思っています。だから、定時にあがる為、定時という期限をつけて、それまでにやる必要がある事だけやっています。仕事ができる!と見栄を張っても面白くないし、疲れる。今はむしろ、プライベートが忙し過ぎるんで!と、心の中で叫んでます。その方が、ずっと楽しいんですよね。

 

いいかげんに生きると、人生変わる

いいかげんに生きようとしてみると、人生が変わります。価値観や視点、考え方を変えると、不器用な自分を好きでいながら、疲れて辛いだけの人生が、少しずつ楽しめてきます。

 

自分で作った、自分を縛るルールを変えてみると良いです。

 

①他人は、思っているほど、迷惑に感じていない。もしも迷惑をかけても、自分も迷惑をかけられているから、お互い様。ただ、自分の場合は、迷惑に感じる閾値が高いから、迷惑を迷惑に感じにくいだけ。

 

②恥ずかしがっても、しょうがない。自分って見てもらえてないし、影響力がないからさ。他人の記憶に残れるくらいに、恥ずかしい事ができれば、逆にそれは武勇伝。

 

③僕の人生は、僕にしか意味がない。例え、川原に向かって石を投げ続ける事が、他人に意味を感じてもらえなくても、自分がなんか続けていたかったら、それは立派な意味。

 

④やるべき事は、指の数ほどにもない。他人の目が気になって、不安なだけね。やりたい事をさ、やっちゃお!その方が勇気がいるけれど、意外なほど、必要な事もはかどるよ。

 

不器用な生き方に疲れた人におすすめしたい書籍 いいかげんに、生きる

著者は、心屋さんというテレビに出ている有名な方。後になって知った事なので、経歴なんかはどうでもいいです。いいかげんに、生きるの良いところは、不器用な生き方で苦しんでいる人の気持ちについて、言語化してくれている事、苦しんでいる人の気持ちを察した上で、変に擁護せずに、実際に考えと行動を変えるアドバイスをくれているところです。

 

 

 

例えば、『他人の目を気にしているから、疲れてしまうよね。迷惑をかけずに、行動するなんてできないでしょ?だって、自分が好きに生きる方が、ずっと勇気がいるからね。』といった感じで。

 

 

 

あおってんのか?と思える位、はっきり言い切るアドバイスもあります。だけど、その根底には、自分の好きに従っていきる方が、勇気がいるけど楽しいし、自分を大事にできるという考えが、文章から伝わってくるんです。

 

気持ちが受け入れられた安心感を感じる

『そんなに肩肘張らないで、もっと適当でいいんだよ。』『よくやってるね。』この本には、不器用な生き方を受け入れてくれる内容が書かれています。おそらく、周りから『まじめだね』って言われるタイプの貴方には、ぴったりかと思うんです。

 

 

 

時間や期日をきっちり守りたい。ちらかった部屋や物の配置は許せない。新しい物を買うと、取説をじっくり読んでからでないと、先に進めない。物事はまず自分で調べる…他人に聞くと、手間をかけるし、知っていない事が恥ずかしく感じてしまうから。

 

 

 

要するに、柔軟性や適応力がないから、そんな不器用な自分に、嫌気がさす時があるんですよね。自分が嫌になって、否定してしまいたくなる時ほど、辛いです。

 

 

曲がりなりにも、がんばりやさん、しっかりもの、お人よしなあなたに向けて、『そんなに頑張らなくていいんだよ。』って本の中から言われていような気持ちがして、文章を読んでいるだけなのに、安心したんですよね。

 

自分の感情を縛った結果のイライラ感と理不尽な押しつけ

普段、他人に迷惑をかけてはいけないと、自分の気持ちを縛っているから、好き放題できている人を見ると、イライラしてしまうんです。何で自分がこんなにも我慢しているのに、あの人は、好き放題できるの?

 

 

 

僕は、この本で言うところの一番めんどくさいカテゴリーの人間なんです。他人に迷惑をかけない事を装って、実は他人の目が気になって、本当の気持ちに従って、行動を起こせないだけの人間なんです。

 

 

 

他人に迷惑をかけないことが一番大事。自分がやりたい事よりも、まずは相手が大事。昔から、自分の感情を2番手にして、他人の顔色ばかりを見て過ごしてきたから、お互い疲れてしまっているのでは、ないでしょうかね?

 

 

 

他人の為と思っていた事が、実は自分の為だったという事実を認められると、常に他人の顔色に左右されることなく、自分の好きな事、やりたい事ができるようになりました。大げさに言うと、やっと自分の人生を自分で生きているような感覚が持てますよ。

 

とりあえず、いいかげんに生き始めたエピソード

初心者用の釣り具セットを買って、片道3時間かけて、海に釣りに行きました。ちなみに釣果は、3回行って、いまのところ0。Youtubeを見ていたら、Youtuberが楽しそうに初心者用の釣り具セットを紹介していたんです。別のYoutuberは、釣り具を持って、1人キャンプをしている動画を投稿していて、見ていたら羨ましかったんです。

 

 

 

今までの僕なら…

お金が貯まるまで。

大きな課題を済ませるまで。

家事をきっちりやってから。

 

 

間違いなく、自分がしたいと思う事の前に、やるべき課題を済ませる事を優先させていました。でも、何かやりたい事を躊躇した時って、結果的にやらない事が多いんです。

 

 

 

やりたい事をやらないくせに、したくもないのにやらなければいけない事で自分を縛って、他人の為になるような人生ばかりに、気を使っていました。そりゃ疲れますよね?

 

 

 

もちろん、約30年間連れそったこの思考回路と生活習慣は、本を1冊読んだからと言って、そう簡単には変わりません。習慣は、なかなか抜けないもの。『いいかげんに、生きる』でも、上手くいかなくなったら、本に立ち戻る事がおすすめされているくらいです。

 

 

 

でも、自分の気持ちを押し殺さず、素直に生きる思考をすると、ずいぶんと、楽な心持ちで生活できるようになりました。これまで述べてきた文章を読んで、『コイツ、なんか楽しんでそう。』と思ってもらえていたら、この本の影響は、大きかったんじゃないかと思います。

 

まとめ

不器用な自分に疲れた人に向けて、自分の経験を通して、いいかげんに生きる方法を紹介しました。

 

 

 

人生をやめたくなっていたら、こんなやつもいるんだな?って、もっといいかげんに生きる方へ、人生をシフトしてみても良いと思います。

 

 

 

たぶん、辛いと楽しいは、紙一重。ちょっとの差で、自分の人生が楽しく感じられると思うんですね。

 

by カエレバ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.