うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

人生に迷った時に、立ち止まって考えるよりも重要だったこと

2019/02/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

人生に迷った時は、立ち止まって考えたくなりますよね。特に、うまくいっていない時ほど、これからの生き方を、深く考えていると思います。

 

 

 

僕は、人生に迷った時には、立ち止まって考えないと、行動ができないタイプでした。「熟考しすぎるタイプ」とでも、言いましょうか。考えていれば、何かいい答えが見つかると思っていたんです。でも、ある時、自分が答えを見つけようと考えてばかりいて、行動する前から、色々なことをあきらめてしまっていることに気づいたんです。

 

 

 

人生に迷った時、時には、立ち止まって考えることも必要だと思います。ただ、熟考しすぎているだけでは、何も変わりません立ち止まって考える以上に、「思ったように、やってみる」ことが重要です


スポンサーリンク

人生に迷った時に、立ち止まって考えるよりも重要だったこと

人生に迷った時は、立ち止まって考えるより、「自分が思ったようにやってみること」が重要です。なぜなら、ほとんどのことは、自分でやってみないと、わからないことばかりだからです。

 

 

 

自分が、これからどのように生きていけばいいか悩んだ時ほど、色々な情報を集めたくなりますよね。例えば、ネットで調べてみたり、人に聞いてみたり。どのような方法でも、役立つ情報が手に入ると思います。でも、どんなに役立つ情報も、残念ながら、自分が探している答えにはなりません。だって、役立つ情報といまの自分の状況は、違うものですから。

 

 

たぐ
自分でやってみて、自分に合うようにアレンジしなければ、役立つ情報も、使いものになりません。

 

「自分が思ったように、やってみること。」

 

 

 

自分が思っていることは、やってみた方が、自分にしっくりくるやり方や生き方が、わかってきますよ

 

立ち止まって考えていても、「自分らしさ」はわからない

僕が人生に迷った時には、立ち止まって考えることで、「自分らしい人生の送り方」が見えてくるように感じていました。でも、立ち止まって考え続けていても、「自分らしさ」は、見つかりませんでした。

 

 

 

この記事を書いている少し前に、僕は、うつ病になって、会社を退職しました。会社を退職した後に、今後の自分の生き方について、じっくり考える時間を過ごしていたんですね。けれど、自分がどう生きていきたいのか?考えれば考えるほど、迷う一方でした

 

 

 

そこで、僕は、ある時から考えることをやめて、自分にできることから、やってみることにしたんです。といっても、当時は、うつ病で働くことも、家庭のこともまともにできませんでした。だから、僕は、自分ができる範囲の家事やその時に夢中になれたブログやツイッターをやることにしたんです。結果的には、うつ病が回復してきた現在、僕はwebライターやブログをやりがながら、主夫をするようになり、振り返って気づいてみれば、仕事と家庭を両立させた「自分らしいような」生活が送れるようになっていました

 

 

 

「自分らしさ」とは、考えて見つかるものではなく、やっているうちに気づいてくるものなのかもしれませんね。

 

自分らしい人生にするには、「やってみること」

 

 

 

自分が思ったようにやってみると、そのうち、「自分らしくないこと」、「自分に合わないこと」をやらなくなっていきます。色々やってみていると、疲れなくて、楽で、楽しい自分に合った生き方ややり方が、残っていくものです。

 

 

 

だから、人生に迷った時には、自分の思ったようにやってみることが重要だと思いますよ。

 

関連記事:自分らしく生きるために、やってみて良かった2つのこと

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2019 All Rights Reserved.