うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

上肢の触診を訓練に活かすには?作業療法士におすすめの1冊

2019/09/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「上肢がうまく触れない…」

 

 

 

片麻痺患者さんの上肢機能訓練を行う時に、上肢の触診がなかなか上手くいきませんよね。上肢の触診ができないと、患者さんに必要な動きが出しにくかったり、動きを出すための上肢サポートがしにくかったりします

 

 

 

作業療法士として上肢の触診ができると、ADLやアクティビティの場面で患者さんの上肢の動きを引き出せるようになります。上肢の動きを引き出すためには単に上肢を触るだけでなく、上肢の筋肉の状態や働きを意識しながら触診できるようになる必要があります。

 

 

 

そこで、作業療法士として上肢の触診をする目的を確認しながら、上肢の触診ができるようになるおすすめの1冊を紹介します。


スポンサーリンク

上肢の触診ができるメリット

上肢の触診ができるメリットは主に2つあります。これは作業療法士であろうと、理学療法士・言語聴覚士であろうと一緒です。

 

① 患者さんの筋肉の状態がわかる

上肢の触診ができると上肢の筋肉の状態がわかります。筋肉の状態とは主に筋緊張の状態(硬い、やわらかい)や筋肉の長さのことです。

 

 

 

筋緊張の状態や筋肉の長さがわかると、患者さんが力を入れている部位や姿勢の特徴がわかります。例えば、無意識に力が入っている部位、動かそうとして力をいれようしている部位など。また、普段から同じ姿勢をとりやすい患者さんでは、決まった部位の筋肉の長さが短くなっていることにも気づけるようになります。

 

 

② 患者さんの筋力に察しがつく

上肢の触診では患者さんの筋力の察しもつけられます。筋肉が細くなっていれば筋力が落ちますし、太くなっていれば筋力が増すからです。

 

 

 

片麻痺患者さんの上肢で一番わかりやすいのは「手の内在筋(手の中にある筋肉)」です。多くの患者さんでは内在筋が細くなり、手の筋力が落ちています。患者さんの手を見た時に、指の骨と骨の間に膨らみがなくなっていれば、まず廃用性の(使ってないことによる)筋力低下を起こしている可能性が高いです。

 

たぐ
このように上肢が触診できれば、患者さんの機能的な状態がわかるようになります。ただし、作業療法をするには機能的な状態を知るだけでは不十分です。

 

作業療法士が上肢を触診する目的

作業療法士が上肢を触診する目的は、「患者さんが上肢のどこに力を入れて生活しているかについて知ること」です。

 

 

 

「上肢のどこに力を入れて生活しているか」について知ると、① 生活のしづらさにつながっている上肢の問題がわかりますし、② 生活のしやすさにつながる上肢の問題もわかります。

 

 

 

・もっと肩を挙げた方がいいのか。

・肘を曲げすぎているのか。

・手先の力を抜くといいのか。

 

 

患者さんが必要としている生活の動きはさまざまです。すべての患者さんに共通していることは、生活をしやすくするためには適度な力加減で上肢を動かす必要があることです。

 

 

 

作業療法士には、患者さんが満足したり納得したりできる形で、生活の中で活かせる上肢の動きを引き出す働きかけが必要です。

 

作業療法士が上肢の触診を通して、知る必要があること

作業療法士は、上肢の触診を通して次の2つを知る必要があります。

 

 

上肢の触診を通して知る必要があること 

① サポートが必要な動き

② サポートの仕方

 

 

作業療法士は、患者さんが上肢機能訓練をする時でも、自宅や病棟で誰かにサポートをもらう時でも、「どこに」、「どのような」サポートが必要なのか知らなければいけません。サポートする場所や方法がわからないと、上肢の動きを引き出したり、生活がしやすくなるよう環境設定をしたりできないからです。

 

 

 

上肢の触診をすると、患者さんが生活しやすくなるために必要な動きであったり、動きのサポートの方法であったりについて知ることができます

 

上肢の触診におすすめの1冊 ー機能解剖学的触診技術学ー

上肢の触診ができるようになるためにおすすめの本がコチラ。

 

たぐ
作業療法士におすすめのポイントとデメリットを解説します。

 

① おすすめのポイント

■ 写真(人のからだや骨格模型)とイラストつきで勉強できる、勉強した次の日に実践しやすい

■ 筋肉の位置、働き、臨床で活かせるポイントがわかりやすい、解説が臨床向け

■ それぞれの筋肉が、どのように働き合っているかがわかる(イメージ:以下のイラスト参考)

 

② デメリット

この本のデメリットは金額です。新品で購入すると「6156円」します。これから上肢の触診を勉強していきたい若手作業療法士にとっては、金額が高く感じられることがデメリットです。

 

たぐ
身体障害領域であれば長く使っていける本です。また、将来的に老健に転職しても活きてくる内容だと思いますよ。

 

インターネット上の口コミをまとめてみました

筋肉の触診方法がわかりやすくて大満足です。手放せない一冊です。
 第1版に引き続き購入。カラーもさることながら、より詳細な触診技術の追加。さらに、エコー所見、治療技術への応用。解剖書を改めてみることへの楽しさにもつながります。
 触診の勉強会でこの本をすすめられました。触るポイントが明快にわかりとても役に立っています。
カラーでわかりやすい。関節包や腱との関連性も書いてあるのですごく勉強になります。

 

 

たぐ
ネガティブな口コミを探したんですけれど、見つかりませんでした(2019年2月時点 amazon評価:☆4.5)。

 

おわりに

片麻痺患者さんの上肢機能訓練には触診が重要です。上肢の触診ができるようになると、患者さんが生活しやすくなるような上肢機能訓練ができたり、上肢の使い方を指導したりすることができるようになります。

 

 

 

作業療法士として筋肉の動きや働きについて知らないと、患者さんがサポートを必要とする動きやサポートの方法がわかりません。

 

 

 

患者さんの生活のしづらさを解消するためには、上肢の筋肉の動きや働きの勉強が必要です。

たぐ
患者さんの機能ではなく、「生活を変える」触診ができるようになってくださいね
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2019 All Rights Reserved.