うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

マイナビコメディカルの評判は?登録する前に知っておきたいメリットやデメリットを紹介

2020/01/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

転職を考え療法士の方の中には、マイナビコメディカルの利用を検討している人も多いはず。最近では、インターネット広告でもよく見かけますし、大手の会社が提供するサービスのほうが利用する不安感も少ないです。

 

ところが、マイナビコメディカルを利用した療法士が身近にいないと、どのような転職支援サービスなのかイメージしにくいでしょう。どんなにいいサービスでも、人によって「合う」「合わない」があるものです。

 

ここでは、マイナビコメディカルのサービスの特徴を紹介しながら、療法士からの評判を紹介しましょう。

マイナビコメディカルとは?

マイナビコメディカルは、(株)マイナビが運営する転職支援サービスで、主に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師の求人情報を取り扱っています。

 

マイナビコメディカルは、厚生労働大臣からの認可を受けており、マイナビグループ全体では年間200万人の転職希望者が利用しています。

 

利用者が多く、転職に関するノウハウが豊富なマイナビコメディカル。サービスには、どのような特徴があるのでしょうか?

 

マイナビコメディカル「3つの特徴」

マイナビコメディカルのサービスには、主に3つの特徴があります。

 

キャリア面談が受けられる

マイナビコメディカルでは、メールや電話だけではなく、希望すればキャリアアドバイザーと直接面談をして相談することができます。東北地方から九州地方まで全国各地にオフィスがあり、専用のブースで面談を受けることができます。

 

メールや電話だけでサポートする転職支援サービスも多いので、そういった会社に比べると、キャリアアドバイザーの顔が見えやすいですし、細かい希望も伝わりやすいでしょう。

 

転職後の職場定着率を重視!

せっかく転職先で働きはじめても、職場との相性が悪いと早々に退職してしまうということも。マイナビコメディカルでは、そのような早期退職を防ぐため、療法士の職場定着率が低い病院や介護施設は、基本的に紹介していません

 

転職者の立場からすると、希望条件に合った職場を紹介してもらえることももちろんですが、長く務めることができる病院や介護施設を紹介してもらえれば、療法士としてキャリアを積んでいきやすいです。

 

訪問・介護施設の求人数が多い

訪問や介護施設の求人数が多いのも、マイナビコメディカルの特徴です。

 

次の表は、マイナビコメディカルのホームページに掲載されている求人情報の内訳です。マイナビコメディカルでは、65%の求人情報が「訪問・介護分野」になっています。

 

 
マイナビコメディカルホームページより引用

 

内訳を見てわかるように、マイナビコメディカルでは、介護福祉施設の求人情報を数多く扱っています。そのため、訪問リハビリ、老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、デイサービス・デイケアなどの訪問・介護分野を希望している療法士にとっては、転職先の選択肢が多いサービスです。

 

マイナビコメディカルを利用するメリット・デメリット

ここで、マイナビコメディカルのサービスを利用するメリット・デメリット押さえておきましょう。どんなに良いサービスでも、人によって「合う」「合わない」が必ずあります。

 

転職支援サイトを選ぶ時には、メリット・デメリットを知って、自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

 

メリット

・キャリアアドバイザーのサポートがきめ細かい

・転職支援のサポート実績が豊富

・転職後に職員の定着率が高い職場を中心に紹介してくれる

・訪問リハビリや介護福祉分野の職場を探しやすい

 

デメリット

・キャリアアドバイザーとのコミュニケーションが必要

・キャリアアドバイザーは、“転職のプロ”だが医療介護福祉の関係者ではない

・お住いの場所によっては、キャリアアドバイザーと直接会って面談しづらい

 

マイナビコメディカルを利用するメリットは、転職支援の実績があり、きめ細やかなキャリアアドバイザーのサポートが受けられることです。

 

施設見学や採用面接、あるいは希望条件など、転職に不安な点があっても、経験豊富なキャリアアドバイザーに相談することで、スムースに手続きを進めていきやすいでしょう。

 

一方で、キャリアアドバイザーと密にコミュニケーションをとることは、人によってはわずらわしく感じるかもしれません。例えば、転職を急いでいたり、自分ひとりでおこなっていきたかったりする場合には、他の転職支援サイトを利用したほうが良いでしょう。

 

気になるマイナビコメディカルの評判・口コミ

では、マイナビコメディカルを利用した療法士の評判について見ていきましょう。ここでは、「本当の評判」を知るために、公式ホームページに掲載されている口コミではなく、インターネット上の口コミをまとめています。

 

ポジティブな評判・口コミ

男性 30代 理学療法士
希望条件を伝えると、担当のキャリアアドバイザーが親身になって話を聞いてくれて、気さくで話しやすかったです。 
男性 30代 作業療法士
ほかの転職支援サイトもキャリアアドバイザーが丁寧でしたが、ここは“やたら”丁寧という感じでした。連絡も早く利用しやすかったです。
女性 30代 作業療法士
面接に同行してくれたり、さり気ないサポートがあったりして、とても心強かったです。

 

マイナビコメディカルは、サービスの特徴でも説明したように、キャリアアドバイザーのサポートが丁寧に対応してくれることで評判です。親身に話を聞いてもらいながら転職を進めたい場合には、マイナビコメディカルを利用すると良いでしょう。

 

ネガティブな評判・口コミ

一方で、次のようなネガティブな評判も見られました。

 

 

状況によっては、キャリアアドバイザー同士の連携体制がとれず、利用者が手間やストレスを感じてしまっている場合もあるようです。

 

マイナビコメディカルを利用する流れ

マイナビコメディカルを利用するには、以下の手順を進めていきます。マイナビコメディカルでは、サービスの登録・利用は無料です。

 

マイナビコメディカルに登録する(スマホ、パソコン、タブレットのいずれか)
キャリアアドバイザーからのメールまたは電話連絡を待つ。
メールや電話で、キャリアアドバイザーと希望する転職先の条件を相談する。希望の方は、直接会って面談をする。
キャリアアドバイザーが、求人情報を提示するまで、メールまたは電話連絡を待つ。
キャリアアドバイザーが、施設見学や採用面接の日程調整をする。
希望する職場の施設見学や採用面接に行く。希望の方は、キャリアアドバイザーが採用面接に同行する。
採用面接の合否を待つ。
内定、不採用の場合は新たな職場を探す。

 

転職をはじめるなら、まずは相談から

実は、僕も作業療法士として3回の転職経験があるのですが、新しい職場に転職する時には、勢いも重要です。なぜなら、職場が変わって労働環境や生活リズムなどを大きく変えるには、エネルギーが必要だからです。自分で動きはじめてみないと、状況は変わりません。

 

マイナビコメディカルであれば、転職する療法士の不安な気持ちを汲み取りながら、きめ細やかなサポートをしてくれます

 

信頼できるキャリアアドバイザーと一緒に、じっくり相談しながら転職を進めたいのであれば、マイナビコメディカルに相談してみましょう。

 

マイナビコメディカルへの相談はコチラから

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2018 All Rights Reserved.