うつ病人の生き方・働き方改革

作業療法士の転職の理由で重要なことは、自分に何ができるか知ること

2019/09/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「こんな理由で、転職していいのかな?」

 

 

 

 

作業療法士として転職を考えている時は、自分の転職理由が、妥当かどうか悩みますよね。転職をする時には、自分の上司に、退職理由を話さなければならないですし、転職先の面接でも、転職したい理由を聞かれます。

 

 

 

 

上司との面談や転職先の面接で、必ずしも、本当の転職理由を話す必要はありません。ただ、どのような理由で転職をするにしても、作業療法士としてスキルアップするためには、1つでも、ポジティブな転職理由があった方がいいです。

 

 

 

 

例えば、「人間関係が嫌で退職した。」という理由があったとしても、「人間関係が嫌で退職した。次は、他職種で連携し合いながら、作業療法が行えるところで働いてみたい。」といったように、ポジティブな目的があると、次の職場で、自分がやりたい作業療法が見つかりやすいです。

 

 

 

 

そうは言っても、転職を考え始めた時には、「自分が他の職場で作業療法士として働けるのか?」、「どういう作業療法を行いたいのか?」、まだ明確になっていないですよね。

 

 

 

 

作業療法士として転職する理由を明確にするためには、自分に何ができるかを知ることが重要です。


スポンサーリンク

そもそも作業療法士に限らず、転職理由は、正直に語られない

まず、転職をする時には、他の人が、どのような理由で、転職・退職をしているのかが気になるところだと思います。

 

 

 

 

以下は、(株)エン・ジャパンが、「エン転職」のサイトユーザーを対象に、「退職理由のホンネとタテマエ」についてのネットアンケートを行い、1515名から回答を得た結果です。

 

 

 

 

多くの人は、建前上の退職理由を「結婚・家庭の事情」と報告していますが、本音では、職場の人間関係が合わずに、転職をしているようです。この数字は、納得のいくところがあります。僕自身も、作業療法士として、4回の退職経験があり、退職のうちの2回は、人間関係が理由でした。

 

 

 

 

でも、人間関係が理由で退職するだけなら、とりあえず、職場を辞めてしまえばいいだけなんです。なぜ、転職する理由に悩んでいるのかを考えてみると、作業療法士として、自分に何ができるのかがわかず、自信を持てないからではないでしょうか?

 

作業療法士が転職で悩んでいる本当の理由

作業療法士以外の資格や役職の経験、研究発表のような「わかりやすい実績」があれば別ですが、実績というほど語れるものがない作業療法士にとっては、転職に自信が持てなくても当然です。

 

 

 

 

「わかりやすい実績」がないと、面接を受けるにしても、他の職場で働くことをイメージしても、作業療法士として他で通用するのか、不安でいっぱいになるからです。

 

 

 

 

僕が初めて転職をした時は、作業療法士2年目の終わりでした。臨床経験も少ない、研究の経験もない、持っている資格と言えば作業療法士免許・福祉住環境コーディネーター2級(・普通自動車免許)くらい。自分が誇らしく他人に語られる実績がなかったので、「こんな自分が、転職をしていいものか?」悩むこともありました。

 

 

 

 

ちなみに、それでも、転職を決意した理由は、「このまま、この職場に何年いても、作業療法士としての伸びしろを感じない」と思ったからです。

 

 

 

 

おそらく、転職で悩んでいるあなたも、退職や転職の口実づくりよりも、作業療法士として、自分に何ができるか、自分の強みがわからないことが、本当の悩みなのではないかと思います。

 

実は、転職を考えた時点で、自分の強みが見えはじめている

 

転職をしたいほどの気持ちになっているということは、現状の自分を変えたい強い気持ちが生まれてきたということです。言い換えれば、自分のやりたいこと、好きなことが見えはじめてきているから、今の自分に、不満を感じてきているんですよね。気づいていないだけで。

 

 

 

 

違う領域の作業療法を知りたい。もっと専門分野に特化した病院で働いてみたい。自分の経験を活かせる職場に行きたい。給与や休みのバランスが良い職場がいい…。 

 

 

 

 

作業療法士としての経験が増えるほど、仕事に対する価値感や自分のライフスタイルが変わってきますよね。つまり、就職した頃の状況と現在の価値観やライフスタイルが合わなくなってきたんでしょうね。

 

 

 

 

だから、転職を考える時は、単なる職場への不満で終わらせずに、せっかく湧いてきている自分がやりたいこと、好きと思えることを振り返り、自分の強みを整理する必要があると思うんです。

 

 

 

 

自分の強みを理解していた方が、自信を持って転職活動ができますし、今までの経験を糧にしたスキルアップがしやすいですよ。

 

 

 

 

他人に誇れる強みや経験なんて、私にはないんだって…。

 

 

たぐ
あぁ、それは難しく考え過ぎ。大丈夫、すでに持っているから。

 

 

 

 

自分の強みや経験と言うと、ついつい難しく考えてしまいがちですが、作業療法士として働いたことがあれば、すでに持っていることの方が多いです。

 

作業療法士としての強みを見つけるには、自分の習慣・くせ・こだわりを知る

一言に作業療法士と言っても、色々なタイプの作業療法士がいますよね?例えば…

 

 

 

● アクティビティが得意

● 高次脳機能の分野に力を入れている

● 上肢機能に特化して勉強している

● 作業療法の理論に詳しい など

 

 

 

作業療法士の臨床経験を振り返ってみた時、ついつい、力が入ってしまう分野や場面がなかったでしょうか?

 

 

 

 

僕は、クリニックや病院で働いていた頃、患者さんが、何かの作業をする時の姿勢にこだわる傾向が強いことに気づきました。調理訓練をしている立位のフォームだったり、車いすをこいでいる患者さんの上肢のフォームだったり。そういった姿勢を評価・訓練する場面になると、ついついこだわって、力が入る傾向があったんです。

 

 

 

 

だから、姿勢に関する書籍を読んだり、車いすの書籍を読んだりする機会が多く、いつの間にか、他の作業療法士よりも、その分野に関してだけは、ちょっとは詳しいであろう自信がつきました。実際、作業療法士3年目からは、後輩の作業療法士や理学療法士に呼ばれて、姿勢や車いすの環境を一緒に評価してくれと、頼まれることが多かったです。

 

 

 

 

ここで僕が言いたいことは、自分の習慣、くせ、こだわりになっていることは、他の人以上に、興味を持っていたり、好きで勉強していたりすることが多いので、気づいたら他の作業療法士よりも、詳しくなっている自分の強みになっているものだということです。

 

 

 

 

自分が何に力を入れる傾向があったのか?作業療法士としての経験を振り返ってみた時の習慣、くせ、こだわりを知ると、他の作業療法士にはない強みがあることに気づけて、自信がついてきますよ。

 

お試しで、履歴書の自己PRや職務経歴書を書いてみる

 

頭で考えているよりも、実際に、言葉にしてみた方が、自分の経験が整理でき、強みを発見しやすいです。気の知れた友達や同僚に話をしてみるのも良いですし、他人に自分の話をしにくいように感じるなら、お試しで履歴書や職務経歴書を書いてみるのもいいと思います。

 

 

 

 

履歴書には、自己PR欄がありますよね。自己PR欄は、簡単に言えば、「自分はこんな人間という紹介」を好きに書いて良いスペースです。職務経歴書は、「入社の時期やその病院や施設で、どういう仕事をしてきたか」を書く書類です。

 

 

 

 

どちらも、転職をする時には、必要な書類です。そして、どちらも、書くには面倒な書類ですが、書類に書いてみることで、作業療法士の経験を棚おろしできるので、メモ書きに使ってみるのも、強みを発見するためのひとつのアイディアです。

 

おわりに

作業療法士が転職で悩む本当の理由は、自分に自信が持てないことで、作業療法士として何ができるのかわからないことにあると考えます。

 

 

 

 

自信を持って転職するためには、退職したい気持ちを単なる職場への不安で終わらさずに、自分の強みを知ることが重要です。

 

 

 

 

自分の強みを見つけるためには、作業療法士の経験を振り返り、つい力を入れている習慣・くせ・こだわりを見つけてみてください。それは、他の作業療法士には出せない、あなたの強みですよ。

 

 

 

 

僕が、転職活動をした時の体験談は、以下の記事でまとめています。転職支援サイトを使った体験談になっているので、よかったら、参考にしてみてください。

関連記事:PTOT人材バンクは評判通り?人材バンクを使った作業療法士の転職体験をご紹介

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.