うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

自分の作業療法に自信がなくなった時の答えは、臨床の中にある

2019/09/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

答え.jpg
あれで良かったのかな?なんだか上手くいかないな。
自分の作業療法を振り返って、自信が持てなくなる時がありますよね。不安にかられると、根拠がある治療ができていない、患者さんは納得がいったのだろうか?自分が思った通りにいかない時ほど、次の日の臨床が、怖く感じてきます。
この感覚って、どんな作業療法士も感じるのでしょうか?少なくとも、僕は結構な頻度で自信を失っては、自分の臨床に、不安を感じています。すみません、担当患者さん達。
自分の作業療法に自信がなくなった時、その解決策は臨床の中にあるんです。


スポンサーリンク

自信が持てなくなると、陥る状態


自分の作業療法に自信が持てなくなると、たいてい同じような状態に陥ります。
● 他の療法士の臨床が、素晴らしくよく見える
● 自分が、機能訓練ばかりに固執しているように感じる
● 患者さんが、自分の対応に、納得していないように見える
臨床に自信が持てなくなると、他人が良く見え、自分がダメで、患者さんに納得のいくサービスを行えていないという思いが、ふつふつと湧いて出てくるんですよね。

他の療法士の臨床が、素晴らしくよく見える


リハビリの世界は、『これを行えば、間違いなく治る』なんて事は、ほぼないと思います。文献や論文で研究されている根拠や自分の経験を踏まえながら、毎日、新しい事を気づいては、どんな療法士も、試行錯誤しながら臨床を行っている。
僕は、どちらかというと、自分の不安を隠すのが下手なので、顔や態度、仕草に自信のなさがすぐに出てしまうのだけれど、多くの療法士は、自信ありげにポーカーフェイスで臨床していて、そんな姿を見ると、やっぱりみなさんプロだなって思うんですよね。作業療法士10年目にして、恥ずかしながら…。

自分が、機能訓練ばかりに固執しているように感じる


作業療法士として、機能訓練が良いとか、悪いとか、そういう意味ではないんです。ただ、臨床を行っていると。ADLが自立し始めた患者さんで、次なる目標を見つけ出しづらい患者さんの場合、退院に向けて機能訓練ばかりをやっていると感じる時、『この治療は、どこに向かってやっているのか?』を見失う時があるんです。
機能を高めるという目標は、再現がないじゃない?先の見えない事ばかりやっていると、患者さんだけではなく、作業療法士も、方向性を見失って、自己嫌悪になる時があるっていう典型的な例ですかね?

患者さんが、自分の対応に、納得していないように見える


もはや、被害妄想の域。誰も、そんな風に思っていないような事を感じるような状態に陥っていたら、おそらく貴方は、それなりに疲れています。一番初めに辞めるべき行動は、仕事が終わった後も、納得してなさそうに見える患者さんについて、考える事をやめた方が良いです。
上手くいかなかった時ほど、上手くいかない事を引きずって、仕事が終わった後もずっと考えてしまいますが、どうせ職場にいなければ解決できない事は、仕事に行った時だけ集中して考え、仕事が終わったのなら、自分の好きに時間を使うべきです。その方が、不安な感情も、後に残りにくいです。

ヒントやきっかけを教えてくれても、誰にも答えはわからない


自分の作業療法に自信が持てなくなった時ほど、他人に助言やねぎらいの言葉を求めたくなるかもしれません。求めたければ求めたっていいと思います。ただし、他人はヒントやきっかけになる事を知っていても、誰も本当の答えをわからないんです。
 
作業療法士の仕事は、患者さんがどう成りたいのかを知って、それに対して、自分に何ができるかを考え、アイディアを提供し続けることです。患者さんの事は、患者さんとディスカッションしてみなければわかりませんし、自分に何ができるかは、結局のところ、自分にしかわかりません。
だから、自分の作業療法に自信がなくなった時こそ、じっくり患者さんと話し合い、自分に何ができるかを一緒に考えていけばいいと思うんですよね。悩んだ時は、いつだって答えは、臨床の中にあるはずです。

まとめ


自分の作業療法士としての臨床に、自信が持てなくなった時に、答えを臨床に求める必要性について書きました。こんな状態に陥っていませんか?
● 他の療法士の臨床が、素晴らしくよく見える
● 自分が、機能訓練ばかりに固執しているように感じる
● 患者さんが、自分の対応に、納得していないように見える
自分の作業療法が上手くいっていない時、他人は、それっぽくヒントやきっかけを教えてくれますが、本当の答えは、自分の臨床の中にしかないと思います。迷ったときほど、患者さんとじっくり将来について話し合い、自分に何ができるかを一緒に考えてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2017 All Rights Reserved.