うつ病人の生き方・働き方改革

作業療法士の先輩が多い職場で働くメリット

2019/09/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

作業療法士の先輩が多い職場で働く事は、
どんなメリットがあるのでしょうか?
僕が思う先輩が多くいる職場のメリットは、
色々な作業療法士のモデルを見られる事だと思います。
モデルがあると、なりたい自分、
目指したい自分を探しやすいです。
実習で関わっただけでは、
職業人としての作業療法士像って、
いまいちピンときませんよね。
実習生という責任が少ない環境下では、
『自分も作業療法士になるんだな』という実感が
湧きにくいようにも思います。
僕は、今までに4カ所の職場で勤務をして、
作業療法士が多い職場、少ない職場、
両方で働いてきました。
そこで感じた先輩が多い職場で働くメリットを
この記事では、書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

モデルがあると、やりたい・なりたいが見つけやすい


作業療法士が対象とする領域は、広過ぎます。
嬉しいことに。
働いていると、時々湧いてくる
『何でも屋』にさえなれそうな錯覚。
対象の領域が広い分、
自分がどういう作業療法士になりたいか
作業療法士として何をしたいか
やりたい・なりたい専門職のイメージが曖昧な人には、
先輩が多い職場で、理想のモデル像を
作り上げていくと良いと思います。
作業療法士と言っても、色々。
・身体機能に関する知識や技術が豊富な人
・作業科学や作業療法の理論に精通している人
・ポジショニング等の姿勢的なアプローチが得意な人
・高次脳機能や認知症に詳しい人
・○○療法と言われるスキルを持つ人 など。
広い領域の中で、たいていの事は平均点でいいんです。
肝心な事は、一緒に働く人の強みに触れて、
自分の得意分野を探して、
身に付けていく事だと思います。
自分の強みって、
まだ知らない分野かもしれないですし、
働いた先の人に出会って、
初めて気づくかもしれません。

臨床のアイディアが増える


作業療法士の先輩、または同期や後輩が多く、
良かったなと感じたタイミングは、
転職後にもありました。
作業療法士の数だけ、作業療法がある。
この仕事は、アイディア勝負みたいなところもあり、
考えるよりも、やってみる事が大事なんです。
やってみて、得られた結果を見直して、
より効果的な方法を、またやってみるの繰り返し。
そこで、臨床のアイディアの元になったのが、
自分で見てきた作業療法士の臨床風景でした。
同じ職場で働けば、臨床の様子は見えますし、
ディスカッションする機会も多いです。
記憶に残ったアイディアの数々を思い出しながら、
実践し、理解できると、
自分にできる事が増えているように、
成長を感じられました。

必ずしも先輩がいる必要はない


作業療法士の先輩がいると、
モデルが見えやすいし、
アイディアも増えるというメリットがあります。
ただ、色々な人がいる分、
それぞれの考え方がありますから、
先輩がいる事が、
必ずしも正しい選択ではないです。
重要な事は、自分の人生に当事者意識を持つこと。
誰かに言われた、他人がやっていたではなく、
自分が何をやりたいのか?どうなりたいのか?
実習の時と違って、
教育指導者に責任をゆだねるのではなく、
自分で責任を持って考え、
人生に当事者意識を持つことが必要です。
これだけは、先輩がいようといまいと、
同じだと思います。

人間的成長が一番のキャリア


作業療法って変わった治療で、
作業療法士が手を出していない時ほど、
良い治療ができたと感じたりします。
自分らしさや自分なり
結局、本人がどう考え、振る舞うかを追求するのが、
作業療法の中核だと考えます。
だから、作業療法士には、
自分が受容されると思わせる雰囲気
意図や考えを汲み取る
患者さんらしさを引き出す質問力
人に合わせたコミュニケーション方法
間を待つ、楽しむ
そんな人間力みたいなものが必要で、
人間的な成長が、実は臨床をより良くしていく
一番のキャリアになっていたりします。
先輩から学ぶ事も多いでしょうし、
自分一人で自問自答しながら、
学んで行く人もいると思います。
やりたい事、なりたい自分に向かって、
自分に合った方法で、成長していきたいです。

まとめ


作業療法士の先輩が多い職場で働くメリットを
書きました。
先輩が多いと
① やりたい事、なりたい自分が見つけやすい
② 臨床のアイディアが増える
というメリットがありました。
先輩がいる職場で、
働き始める必要は必ずしもないですし、
自分に合った方法で、
成長していけると良いと思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2017 All Rights Reserved.