うつ病人の生き方・働き方改革

患者さんと緊張せずに話をしていくコツ

2019/02/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

話す.jpg
初めてお会いする患者さんと話をするのは、緊張します。どういうキャラクターかわからないから、口数がつい多くなってしまたり、たどたどしくなってしまったり、緊張すると、本来できるはずの事までできなくなまりますよね?
 
緊張せずに、患者さんと話をしていくコツは、『共通点を見つける』事。なぜ、緊張せずに、患者さんと話をするコツを伝えたかというと、僕自身が緊張しやすいタイプだから。初めてお会いする患者さんと話をする時は、額に汗かいて、言い回しがわかりづらい位、口数が増えています。


スポンサーリンク

なぜ緊張して、上手く話せないのか?


初めてお会いする患者さんに緊張し、上手く話せなくなる理由は、不安を感じているからですかね?自分も、患者さんも。
何を話して良いかは、わかるんです。例えば、療法士であれば、手足の動かしにくさや生活の動作のしづらさから話せばいいと思いますし、看護師であれば、病棟での過ごし方や体の不調について等、話題にはつきないと思うんですよね。
問題は、どのように話をすればがわからないから、緊張するんだと思うんです。1対1の逃げ場がない状況で、相手のキャラクターが分からないと、話をする時の熱量、言い回し、丁寧さ、テンポなどが掴めないから、自分なりに一生懸命説明しようとしますよね。
でも、その一生懸命さが、いまひとつ患者さんに伝わっていない雰囲気があると、嫌われたかな?関わりにくい人に思われたかな?って、途端に不安に襲われるんだと思います。少なくとも、僕は日常的に襲われています。

不安な関係を解消するには、共通点を見つける


意外とですね、僕らが緊張しているのと同じように、患者さんも緊張されているんですよね。初めて会う医療職に何を聞かれるのかな?どう振る舞えばいいのかな?と、患者さんは患者さんで、自分の身の振り方を考えては、不安を感じ、気持ちは緊張していると思います。緊張して、不安を感じているのは、お互い様なんですよね。
 
そういった不安な関係を解消するには、お互いの共通点を見つけるのが、一番手っ取り早いと思います。病院で仕事をし始めた頃、同じ故郷や出身校、あるいは年齢が同じだったり、共通点がある人ほど、話しかけやすく、仲良くなるのが早かった覚えはありませんかね?
人間って、共通点があると、相手に親近感を感じるんです。
最近担当した患者さんは、僕と同じ誕生日でした。もちろん、僕が生まれるよりも、40年以上も昔に生まれた患者さんですが。自己紹介の時に、同じ誕生日である事を言うと、一瞬で笑顔になりました。いやらしい言い方をすると、つかみはバッチリ。
担当患者さんに初めて会う時は、前日から、どんな人か想像しては緊張し、不安を感じているんですけれど、一度笑ってもらえると、自分も安心するし、不安が解消されるからこそ、冷静に、仕事を全うできるもんですよね。



共通点を見つけやすい話題や情報


初めて会う患者さんと、緊張せずに上手く話す為には、共通点を見つけて、不安を解消していく事が必要。じゃあ、その共通点は、どう見つけるの?という話をしていきますね。
共通点を見つけやすい話題をまとめてみました。
出身地、現在の住まい
趣味、嗜好(コーヒーや甘い物)
運動経験(学生時代やっていたスポーツ等)
男性:お酒、ギャンブル(競馬やパチンコ等)
   定年前にやっていた仕事
女性:料理、家事、育児、よくでかける場所、旅行
 
中でも、出身地や現在の住まいは、話のとっかかりを作るには重要だと思うんですよね。同じような地域に住んでいた、住んでいると、その地域が昔どのようであったか。普段、どの辺りまで出かけるのか。患者さんの家や地域を中心に、話をどんどん展開していきやすいんです。
初めて会う人との関係で、沈黙ほど不安に感じるものはないですよね?病院だと、患者さんの出身地や現在の住まいの情報は、カルテから情報が得られやすいですから、ぜひ活用してみる事をおすすめします。

不安がなくなるから、治療関係が作れる


患者さんの不安が強いという事は、僕らに警戒心を持っていると思うので、その状態では、治療関係が作りにくいと思うんですよね。信頼していない人間から、物やサービスを買おうとはしませんでしょ?医療も、リハビリも一緒。
不安や警戒心の少ない治療関係を作る為にも、共通点を見つけて、親近感を感じられる事が大事なんですね。

まとめ


患者さんと緊張せずに話をしていくコツとして、共通点を見つける必要性について説明しました。僕らも、患者さんも、初めて会う時は、お互いのキャラクターがわかりませんから、どのように話をしていいかわからず、緊張し、不安を感じやすい状態なんですね。
 
不安や警戒心が少ない治療関係を作る為には、共通点を見つけ、親近感を感じられる事が重要。共通点を見つけやすい話題と情報について、書きました。
もしも、緊張しすぎて、患者さんと話ができずに、仕事が行いにくい状況でしたら、試しに共通点を探してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2017 All Rights Reserved.