うつ病人の生き方・働き方改革

精神科を受診したきっかけを話すから、悩んでいるなら受診すべき

2019/02/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

仕事に行きたくない。

午前中は、ぼんやりして思考が働かない。

眠れない。

はっきりしないんだけれど、とにかく不安。

 

 

 

 

経験したこともない体調の異変に気づいた時、「精神科の受診」の言葉がよぎります。「精神科の受診」の言葉が頭をよぎっても、とりあえず働けている状態であると、精神科を受診していいものか?悩みますよね。

 

 

 

 

僕には、2度のうつ病の経験があります。うつ病の経験からはっきり言えることは、「精神科の受診」が頭をよぎり、悩んだ時点で受診すべきなんです。なぜなら、今までの人生で、「精神科の受診」なんて、微塵にも考えたことはないでしょうし、考えたこともないようなことが起きている緊急な事態が「いま」だからです。

 

 

 

緊急な事態とは言っても、行ったこともないような精神科という場所に、受診しに行くには、勇気というか、後押しが必要ですよね。この記事では、僕が精神科を受診したきっかけをお話しするので、今の心境を整理する参考にしてください。


スポンサーリンク

精神科を受診したきっかけ

僕が、精神科に受診したきっかけを挙げてみました。

 

●朝起きられない、夕方から調子が良い

●休みの前日も、休日も、次の出勤日が気になって不安になる

●仕事の日が来るのが怖くて、眠れない

●寝ても、夜中や早朝に目が覚め、仕事が頭をよぎり不安になる

●仕事に集中できない

●四六時中、自分の気分を自分で監視していて、ひどく疲れる

●楽しく思えていたことをしても、常に仕事が気になって不安で憂うつ

●自分がやること全てが上手くいかないように思え、他人に迷惑をかけているように感じる

●周りの視線が、自分がダメな言動をしているように、監視されているように思える

●何も上手くできる気がしない。成功のイメージが湧かない

●午前中を中心に頭がぼーとする

●新しいアイディアが全く浮かばない、少しでも複雑な事を考えられない

●悲観的な気分に自分から陥ろうとしている気がして、また自分が嫌になる

●食欲が湧かない

●死にたいと思う

 

ざっと挙げると、以上のような心身の状態でした。たぶん、今このような状態で、毎日不安で苦痛を感じているんじゃないですか?でも、きっと精神科に受診することを悩んでいる。

 

 

精神科の受診を悩んでいるのに、受診という行動に移せないのはなぜでしょうか?僕の場合は、一番上に挙げた「朝起きられないほど辛いのに、夕方に調子が良いから」の影響が大きかったです。これを代表的なうつ病の症状で、「日内変動」と言います。

 

精神科の受診を悩む原因は、うつの日内変動

うつ病には、「日内変動」という特徴的な症状があります。漢字で書くと難しく感じますが、簡単に言うと、1日の中で、症状の程度が軽くなったり重くなったりする症状です。

 

 

 

僕の場合は、特に、朝がとてもきつかったのですが、昼頃を過ぎると、きついと感じていた気分が少し楽になっていく自覚がありました。例えば、午前中のうちは、死んでしまいたいと思っていた日でも、午後になるとその気持ちがなくなったり。1日のうちでも、気分の変動が激しかったんです。

 

 

 

当時は会社で働いていたので、仕事が終わる時間が近づくほど、軽くなっていく症状に対して、「自分は甘えているのかな?」「怠慢?」など、自分が単に現状から逃げ出したいだけで、うつ病のような症状を訴えているだけのような気がしていました。

 

 

 

あなたも、自分に厳しくしてしまっては、精神科の受診に踏み切れないまま、また同じような不安と苦痛に襲われる朝を迎えるているのではないでしょうか?おそらく、この記事を読んでいるのも、午後だと思うんですよね。午前中は、ネットで検索したり、細かい文字を見続けられるほど、思考力も、集中力もないでしょうから。

 

 

 

うつ病の日内変動にだまされると、精神科の受診を先延ばしにしがちです。「精神科の受診」を考えた時点で、もう病的な状態ですよ。

 

 

 

今までの人生を振り返って、考えてみてください。通常、辛いことがあったり、苦しい状況に陥っていても、『精神科の受診』なんて、まず考えたことありませんよね?わざわざ、時間とお金を使ってまで改善したい何かがあるから、受診を考えているんですよ。

 

 

 

精神科の受診が頭をよぎっているなら、とりあえず早めに受診した方が良いです。

 

精神科の受診は、早い方が良い2つの理由

うつ病も他の病気と一緒で、早めに治療を開始した方が重度化を防げると思いますが、それ以上に、精神科への早期受診をお薦めしたい理由が2つあるんです。

 

① 薬を使っても、効果が出るのは数週間かかる

うつ病などの精神科系の薬は、薬の効果が現れるまで、数週間かかるんです。僕は、抗うつ薬や抗不安薬を飲み始めて、3週間くらい経ってから、抑うつ的な気分や不安が落ち着いてきた印象があります。

 

 

 

「うつ病は、心のかぜ」、「うつ病は、心の肺炎」とか言いますが、体の病気のように、薬を飲んですぐに楽になる保証がないので、早く受診した方が、不安で苦痛な期間を少なくできる可能性が高いです。

 

 

 

それと、薬の効果が出るまでに時間がかかると聞いて、残念に思ったかもしれません。しかし、精神科の専門医に話をするだけでも、気持ちが少し楽になるかもしれません。自分の中だけで抱えていても、うつ病の時には思考がまともに働いていないので、専門的な対処法を知っている人に、冷静な判断を仰ぐのは良いと思いますよ。

 

 

 

精神科医の専門的な意見を聞き、「言われたことだけやろう!」とするのは、良い意味で、思考や集中力が落ちている時期には、深く物事を考えなくて済んだので、話を聞いてもらえただけでも、僕は助かりました。

 

② 精神科は、すぐに受診できない場合が多い

他の診療科と違って、精神科の初診では、予約が必要な医療機関が多いです。特に、精神科のクリニックでは、初診で時間をかけて問診してくれる為、予約をせずに、当日、飛び込みで受診することが難しい。

 

 

 

そのため、受診したいと思ったら、まず予約してしまう事がおすすめです。

 

 

 

自分のスケジュールが一通り決まってから、改めて精神科に予約の電話をしようとすると、症状が軽い午後を迎えてしまうので、「また明日、様子を見てからでもいいっか?」になってしまいますよ。

 

精神科の受診を決めたら、上司に相談する

職場にもよりますが、精神科の受診が決まってからは、上司に相談してしまうと良いと思います。理由は、急な体調不良で休んだり、仕事の量を調節したりしてもらうためです。

 

 

 

初めて精神科を受診する時は、職場の人間には話しづらいです。もしも「君の気のせいなんじゃない?」って言われたら、完全に心折れますよね。

 

 

 

しかし、僕は、2度目のうつ病の時は、受診前から体調不良と精神科の受診について、上司に報告しました。

 

 

 

上司に報告をする時のポイントは、1つ。「自分が会社側にどうして欲しいか」を言えれば良いと思います。上司や会社は、精神科に受診することよりも、その状態で、どう仕事や職場と折り合いをつけていくかが知りたいものです。

 

 

 

通院しながら今のまま働きたいのか、休職も考えているのか、仕事の量や休みの調整をしてほしいのか。とりあえず、要求したいことを受診前から相談しておくと、精神科の受診後の相談がしやすいですよ。

 

受診前には、絶対に重要な決定をしない

うつ状態の時には、生活や人生に関わる重要な決定は、絶対に先送りした方が良いです。まともに働いていない頭が出してくる結論は、常に「極論」になるからです。

 

 

 

退職するしかない、休職するしかない、死ぬしかない…

 

 

冷静に考えると、もっと細かい対応ができそうですが、うつ状態では、そんな細かいところまで考える思考も、判断力もありませんから、何か重大な決定をするなら、受診後に、薬をもらって、薬の効果が出てきてからにした方が良いです。

 

精神科でも、心療内科でも、診察してくれる

精神科と同じようなニュアンスで、心療内科がありますが、この記事で挙げたような症状を示す場合は、どちらでも診察してくれますよ。ただし、心の症状よりも、体の症状の方が前面に出ていて、苦痛な思いをされているなら、厳密には心療内科を受診した方が良いようです。

 

 

 

診療科をこだわるよりも、僕は、通いやすい場所にこだわった方が良いと思っています。受診前は、医療機関まで行くことさえ辛いでしょうし、症状が落ち着いてきたら、仕事の忙しさを理由に、受診しなくなる可能性もあるので、受診しやすい精神科の立地には、こだわりたいです。

 

まとめ

精神科を受診したきっかけについて、自分の体験に基づいて記事を書きました。この記事が参考になった時点で、受診した方が良いです。

 

 

 

初めての精神科受診は、色々考えてしまうかもしれませんが、終わってみると、内科にかかった後のように、あっけないです。中を知らないから、不安なだけ。

 

 

 

うつ病の日内変動にだまされず、不安で辛くて、苦痛を感じているなら、十分に受診した方が良いきっかけを自分の体が教えてくれているので、自分の異変を認めてあげてくださいね。

 

 

 

今回の記事が、精神科を受診するきっかけになっていただければ、幸いです。

関連記事:うつ病の再発の兆候が8つあったんだけれど、仕事うまくいっている?

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.