うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

リハビリのモチベーションを上げるには、ADL訓練がわかりやすい

2019/02/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

モチベーション.jpg
自宅に退院する為に、モチベーションを上げていかないと、リハビリが進まないですよね。
リハビリのモチベーションを上げる為には、ADL訓練を行うのが良いと思います。ADL訓練って、患者さんにも、療法士にも、何をやっているかがわかりやすいと思うんです。
向かっていく先がわかりやすいほど、そこに向かって人は動いていきやすい。


スポンサーリンク

機能訓練は、目的が見えにくい


筋力を高めたり、バランスの訓練を行ったり。療法士が行う機能訓練は、患者さんには何を目的としているかわかりにくいと思うんです。
説明の仕方を工夫しろ!等ときれい事を言う気は、ありません。だって、同じ療法士間でさえ、相手が話している機能的な内容を理解するのって、難しいですと感じるので。先輩が言っている事が、さっぱりわからない…そんな経験ありません?
どこの筋肉をどういう目的があって、動かそうとしているか。患者さんは、曖昧には理解していても、生活のどこに繋がっていくか、本当の目的が何かを理解する事を機能訓練に求めるのは、難しいと思います。

目標や目的がわからないと、リハビリのモチベーションが下がる


リハビリで重要なのは、『自分がやっている』という当事者意識を患者さん自身が持つことだと思います。
リハビリを通して、何を達成しようとしているか、何を目的として今自分が生きているか。それらが曖昧になると、向かっていくべき方向性がわからず、自分がやっている事に、価値を見いだしにくくなると考えます。
 
リハビリのモチベーションが下がるという事は、自分が何に対して頑張っていけばいいか、頑張っているのかを見失っている状態。だから、逆に言えば、頑張る目的や向かっていく方向がわかれば、リハビリに対するモチベーションは、あがりやすいですよね?

ADL訓練は、患者さんも、療法士も、目的が見えやすい


トイレが一人でできないから、トイレの練習をするという構図は、誰にとってもわかりやすい。何がわかりやすいかというと、どこに向かって、何を練習しようとしているか、目的や目標が見いだしやすいんです。患者さんも、療法士も。
もちろん、単純にできない動作を反復するのではなくて、どの動きが行いにくくて、課題となる動きは何かを見つけながら、練習する事に意味があります。
でも、ADL訓練をすれば、行いにくい動きや課題となる動きは、必然的に見えてくると思うんです。動作分析だけで見つけにくければ、患者さんに動作をしてみた感想を聞いてみてください。ADL訓練を行った後の患者さんとのディスカッションをする事もまた、患者さん自身が、リハビリの目的や目標を認識し、モチベーションをあげるのに必要な当事者意識を持つ事に繋がります。

失敗の中で、試行錯誤できるから、ADL訓練はいい


リハビリのモチベーションをあげる為には、時には失敗を体験する必要もあると思うんです。失敗をすると、成功する為に、試行錯誤しますよね?考えて、自分なりに工夫する過程は、生活に必要な動作を学習する上では重要です。
ADL訓練での失敗は、まさに試行錯誤の連続。どうしてできなかったのか。どうすればできるのか。どのような時にやりやすかったか。療法士に必要なのは、そういった失敗と試行錯誤をする機会を作る事、成功に導くためのヒントやアイディアを提供する事なんじゃないでしょうかね。

行き詰まってリハビリのモチベーションが下がっていたら、ADL訓練をしましょう


療法士として、リハビリをする方向性を見失い、リハビリが行き詰まるときもあると思うんですよね。誰でも、いつでも完璧にできる訳ないですよ。そして、そんな時は、たいてい患者さんも行き詰まって、モチベーションが下がりがち。
療法士としては、リハビリに行き詰まっていると、何とか患者さんを良くしようと機能訓練に走りがちだと思いますが、行き詰まっている時だからこそ、ADL訓練をして、生活に必要な動作の目的や目標を見直してみてください。
必要な事は、機能を上げる事ではなくて、患者さんが自分の体や生活と上手く付き合って行くことですよね。

まとめ


リハビリのモチベーションを上げるために、ADL訓練を行う必要性について書きました。
ADL訓練は、患者さんにも、療法士にも、何を目的としてリハビリを行っているかが、わかりやすいです。何を目標に、どのような目的があってリハビリをしているか。患者さん自身が、当事者意識をもって考えられると、向かっていく方向性がわかりますし、リハビリを頑張るモチベーションがあがりやすいと考えます。
ADL訓練をする時は、転倒しない程度の失敗は、怖がらずにして良いと思います。どこが難しくて、課題となっているか。失敗を通して、患者さんとディスカッションすると、課題と目標がお互いにわかり、リハビリの目的がはっきりしますよね。
もしもリハビリのモチベーションがあがらず、行き詰まっている状況にあるようでしたら、まずは問題となっているADLを実際に訓練して、患者さんと一緒に、課題や目標を見いだしてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2018 All Rights Reserved.