うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

仕事で指摘されて、自分を落ち込ませてしまう時の5つの切り替え方

2019/02/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

落ち込む.jpg
仕事で指摘をされると、自分がダメな人間のように思えて、落ち込んでしまう時ってありますよね?
ちょっとした指摘でも、気持ちの切り替え方が上手くいかないと、悪い気分をずるずると引きずり、苦しい思いをし続けることが多いです。嫌な思いをすると、僕も結構、落ち込んでしまう側の人間で。
仕事で指摘されて、自分を落ち込ませてしまう思考に陥った状態から、気持ちを切り替える方法について、自分の経験から得た5つの方法を紹介します。


スポンサーリンク

自分を落ち込ませてしまう思考から、気持ちを切り替える5つの方法


実践してみて、実際に気持ちが切り替えられた方法は、以下の5つになります。僕の場合、1つだけでは、落ち込んだ気持ちは、切り替わりませんでした。なにせ30年以上も付き合っている性格と思考パターン。色々やってみないと、悪い方にばかり捉えていく性格と思考を変えていくのは、難しいですよね?
仕事で指摘されて、落ち込んだ時に気持ちを切り替える5つの方法
① 深読みする癖をなくす
② 他人の色に染まろうと努力しない
③ その日のうちに、誰かに話す
④ 買いたい物を買う、特に甘い物
⑤ 好きな事は好きな事で楽しむ

①深読みする癖をなくす


ちょっとした指摘で、苦しい思いをする位、落ち込んでしまう性格と思考の人は、指摘された以上の事が自分にあるのではないかと、深読みする癖があります。
例えば今日も、決められた時間内に、仕事を切り上げるよう時間管理について、指摘を受けました。指摘された内容は、自分の時間管理の仕方についてなのですが、お客さんへの接客の仕方や書類のまとめ方等、他の仕事でも、自分は上手くいっていないのではないかと、指摘された以上に、深読みする傾向がありませんか?
落ち込んで苦しむ位、指摘されて仕事全体について見直す事は、それだけ自分の仕事に、真摯に向き合ってる証拠。だけれど、たまたま上手くいかなかった1つの仕事で、自分のあらを自分で深読みするような事をして、傷ついていく必要はないんです。
きっと、1つの指摘があった事で、自分の全てが悪いように思えて、不安でしかたないのだと思いますが、逆に言えば、今まで指摘がなかったのは、それだけ上手く仕事をこなせているんだと思いますよ。
探せば、至らない点なんて、いくらでも出てきてしまいます。指摘をしてきた人だって、あなたからしたら、完璧に仕事をしているとは、言い切れない気になる部分がありますよね?たまたま『言われてしまった』って事、多いです。しんどいけどね。
癖や習慣になっている深読みをしなくなるだけでも、自分を否定したくなる気持ちを防げて、楽になりますよ。

②他人の色に染まろうと努力しない


仕事で指摘をしてくる人は、職場での発言力や影響力が強い人が大半。役職がある、経験がある、遠慮せずに好き勝手言える人の方が、相手の至らない点について、好きなタイミングで、好きなように指摘できるものです。
でも、本当に、自分の事を思って指摘をしてくれたのか?落ち込んで、苦しい思いをしてしまう時は、指摘をしてきた人の本当の気持ちが、理解できない時ではないかと思います。
もしも、指摘をした理由について、自分の中で理解できない時には、無理して指摘を受け入れて、他人の色に染まろうとする努力を止めてください。結局、自分に面白くないから、人の仕事に対して指摘をしてくるって事が多いと思うんです。だいぶ、捻くれていますかね?
でも、本当に自分の事を考えてくれているなら、納得のいく理由をつけて、遠回しに嫌みを感じるようなやり方でなく、面と向かって指摘してくれるもの。
指摘と言えば聞こえは良いですが、単なる自己主張なだけって事、多いと思うんですよね。これだけたくさんの人がいる職場ですから、考えややり方が合わない人がいて当然。だからこそ、そんな全ての他人の色に染まるのは不可能ですし、他人色に染まる努力をしていたら疲れちゃうだけ。
指摘された事に思い当たるなら、ちょっと気をつけてみればいい。ただ、それ以上、他人が喜ぶように仕事をしようとするみたいに、他人の色に染まろうとする努力は止めましょう。必要ないです。

③その日のうちに、誰かに話す


1人で考え込みすぎて、落ち込んでしまいそうな時は、誰かに話して、自分の気持ちを受け入れてもらう事が重要だと思います。
仕事で指摘を受けて、何が1番落ち込むかというと、自分で自分を否定してしまう思考や感情なんだと思います。自己否定に走らない為には、誰かに話をして、自分を受け入れてもらう体験が必要です。特に、ずるずるひきずらない為には、その日のうちに誰かに話して置きたい。
おすすめは、信頼のおける人か、中立的な立場な人。何かのアドバイスは必要ないんです。『こういう事を指摘されたけれど、人それぞれで上手くできない仕事ってありますよね?』と、指摘された内容が悪いのであって、自分自身が悪い、だめな人間ではない事を再認識するんです。
仕事であった嫌な事を他人に愚痴を言うのは、気がひけると思ってしまいますかね?だから、話す相手は、信頼のおける人と中立的な立場な人なんです。本当は口にするのも辛い、自分の苦しい気持ちを打ち明けて、『指摘されて当たり前だよ。』等と言われたら、もう立ち直れませんね。
『そういう事、ありますよね。』って、ただただ、自分の気持ちを受け入れようとしてくれる。タイプの合う合わないはありますので、理解を示してくれる人にだけ受け入れて貰えれば、それで良くないですか?逆に、自分に理解を示してくれる人の事だけは、大事にしたいですね。

④買いたい物を買う、特に甘い物


仕事で指摘を受けて落ち込んだ状態は、他人から認められて得られる承認欲求が満たされていない状態なんだと思います。欲求が満たされないと、不満や不安が溜まっていきやすいと思うんですよね。他人からの承認欲求で満たされないなら、他の欲求で、自分を満たすようにしてみたらいかがでしょう?
例えば、僕は甘い物が好きなんですが、1日の終わりに食べる甘い物は、100円程度に納めるようにしています。100円でも、毎日食べると費用がかさむんです。でも、落ち込んでいる時には、よく行っているスーパーで、目についた甘い物であれば、予算を気にせず、とにかく買って食べる。予算を気にせず買う行為自体も、自分の欲求を満たせますよ。
欲求が満たされず、上手くいっていない状況で、さらに自分の欲求や行動を抑制するのは良くないと思います。自分にとって緊急事態なんだから、ここぞとばかりに、自分を甘やかしきってください。
1番大事な自分が傷ついているんですよ?

好きな事は好きな事で楽しむ


最後は、最近まで僕が勘違いしていた事。
自分が落ち込むに至った原因は、指摘された仕事であって、僕自身の性格や生活ではないんです。だから、どれほど、仕事ができていない事を指摘されたところで、職場を出たら、好きな事、やりたい事は、思う存分に楽しんで良いんですよね。
仕事で指摘をされてると、自分がだめな人間のように感じられ、好きな事、やりたい事を楽しむ権利さえ奪われてしまったような気になりますが、それはそれ、これはこれ。
仕事にプライベートまで浸食される事はないんです。
本来、人生を楽しく生きる為に仕事をしていたのだけれど、いつの間にか、人生が楽しくならない方向に、仕事を位置づけてしまうようになってしまっていたんです。
極論、どうだって良くないですか?仕事の人間関係なんて。自分が苦しんで、落ち込むような人間関係なんて、生きていく上で、自分の人生で重要視するような事ではないと思うんですよね。いや、正確には、そう思えるようになっていきたい途中の段階です。

まとめ


仕事で指摘をされて、自分を落ち込ませてしまう思考に陥った時に、気持ちを切り替える5つの方法を紹介しました。5つの方法とは、① 深読みする癖をなくす ② 他人の色に染まろうと努力しない ③ その日のうちに、誰かに話す ④ 買いたい物を買う、特に甘い物 ⑤ 好きな事は好きな事で楽しむ です。
指摘を受けると、落ち込んでしまいやすい性格と思考である、自分の経験を踏まえて、気持ちを切り替える方法を紹介させていただきました。
ぜひ、自分を否定したくなる気持ちを捨てて、自分が大事にしたいものだけに、力をそそいでいけるよう、気持ちが切り替えていければいいなと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2018 All Rights Reserved.