うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

他人の顔色は、気にしたところで変えられない

2019/02/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

他人の顔色が気になると、気持ちが辛くなったり、やりたいことができなかったりしますよね。

 

 

 

 

僕も、あらゆる場面で、相手の顔色を伺うタイプでした。自分のやったことに対して、相手が笑ってくれれば嬉しい気持ちになりますし、相手が不機嫌そうな顔をすれば、辛い気持ちになっていたんです。相手の反応を見るのが辛くなってきてからは、いつの間にか、他人との関わりを避けたいと思うようになっていました。

 

たぐ
他人の反応に、いちいち、自分が振りまわされるて、疲れちゃったんですよね。誰でも、疲れることは、避けたくなるじゃないですか…。

 

 

でも、仕事の関係では、全く他人と関わらない訳にはいきません。「避けられる他人」であれば、関わりを持たなければいいだけなんでしょうが。だから、どうにか他人の顔色を気にせずに、仕事上の付き合いができるようになりたいと思うようになったんです。

 

 

 

 

自分が辛い気持ちにならないように、他人と関わる方法を勉強してから、他人の顔色を気にしないための重要なことに気づいたんです。

 

 

 

 

それは、「他人の反応は、自分では操作することができない」ということ。自分の行動で、相手が持った感情、考え、判断した結果などは、自分で変えることができなかったんです。


スポンサーリンク

他人の顔色が気になる理由は、自分が傷つきたくないから

他人の顔色を気にしている時は、こういう風な考えが、頭の中に浮かんでいませんか?

 

 

 

 

「どうして、生きづらさを感じるほど、他人の顔色が気になるのか?」と。理由は、人によって色々とあると思いますが、根本では、「自分が傷つくのが怖いから」、他人がどう反応するのかが気になって仕方ないんでしょう。少なくとも、僕は、そうでした。

 

 

 

 

他人に嫌われてしまったような反応をされた途端に、不安になりましたし、気分が暗くなって、人生が終わったような気分にさえなっていました。だって、怖いじゃないですか?他人に嫌われたと思うと、自分がダメな人間のように見えてきますから。

 

 

 

 

ただ、他人の顔色ばかり気にして生きていると、「自分が良くできたのか?」、「自分の行いで満足できたか?」など、行動の良し悪しの判断が、他人基準になります。他人の反応で、自分の行動の良し悪しを判断するようになると、何をしても満足することができなくなります。必ずしも、相手が自分好みの反応をしてくれるとは限りませんからね。

 

 

 

 

でも、よく考えてみると、他人を操作することなんて、誰にもできないんです。

 

 

● 他人の感情

 

● 他人の考え

 

● 他人の評価・判断

 

 

こういったものは、一見、自分の行動次第で、変えられそうに思えますが、自分では、相手がどう思って、どう行動するかを変えることはできません。

 

 

 

 

例えば、僕は、この記事を読んでもらった人に、「他人の反応は操作できない」ことを理解して欲しいと思い、ここまで文章を書いていますが、読者であるあなたが、どのように内容を受け取るかを操作できません。

 

 

 

 

「こんな素人の言うこと、信じられないよ。」と思う人もいるでしょうし、「こういう風に考えると、気持ちが楽になるな。」といった具合に、共感してくれる人もいるでしょう。要するに、他人の反応を変えることはできないので、変えられないものを気にしても仕方がないんです。

 

 

 

 

余談ですが、ブログを書く時には、読者の反応(アクセス数、コメント、SNSのいいねなど)を気にしていると、全く文章が書けなくなることがよくあります。他人の反応を気にしすぎると、行動を起こせない典型的なパターンなのかもしれませんね。

 

自分の行動だけは、変えることができる

他人の反応を操作することはできませんが、自分の行動だけは変えることができます。行動した結果(他人がどう反応するか)を変えることはできませんが、行動する過程(自分がどう行動するか)は変えることができるんです。

 

 

 

 

現在、僕はwebライターの仕事をしており、先日、新しい依頼主から、「記事を書いてみないか?」といった仕事の依頼の相談をメールでいただきました。メールなので、相手の顔も、素性もわかりません。メールの内容には、依頼主が運営しているwebサイト、依頼したい記事のテーマ、電話番号などが簡単に書いてありました。

 

 

 

 

メールをもらった時に、僕は、素性のわからない依頼主であることに、恐怖を感じていました。仕事の内容には興味があったんですが、、依頼を引き受けてから、仕事が上手くいかなかったらどうしよう?依頼主に、能力の低いライターと思われたらどうしよう?という考えが浮かんできたのです。

 

 

 

 

仕事の関係の人でも、特に、慣れていない相手ほど、自分がどう思われるのか、相手の反応が気になりますよね。

 

 

 

 

僕は、仕事の依頼を受けるか、少しだけ悩んだあとに、依頼主に、仕事の依頼を引き受ける電話をかけることができました。行動に移せた理由は、依頼主の評価を操作することができないと考えられたからです。自分で行えることは、仕事を引き受けて、記事を書くことだけ。自分が変えられる範囲は、せいぜい、、記事の内容を工夫することくらい。依頼主が、どのように評価するかは、結局、依頼主にしかわからないんです。

 

 

 

 

相手の反応という「結果」にこだわると、人との関わりが恐怖にしか感じられませんでしたが、自分の行動という「過程」に注目すると、気持ちが楽になり、行動を起こすことができました。

 

 

 

 

他人の顔色が気になって、辛い気持ちになっている時は、自分の行動に注目すると、不安な気持ちがとれて、自分がやりたいように行動できるようになりますよ。

 

たぐ
変えられないものは、気にしたところで変えられないですからね。変えられるものに注目してみてください。

 

 

きっと、完璧主義でもあるあなたには、以下の記事も、生きづらさを変えるために、参考になると思います。

関連記事:完璧主義をやめるには、成果をあげない自分を認める必要があった

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2018 All Rights Reserved.