うつ病人の生き方・働き方改革

ツイッターとうつ病の人が上手く付き合っていくコツ

2019/02/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病になると、ツイッターをやめた方がいいのか悩みますよね。SNSがうつの症状を悪化させると言っている人もいるし…。実際、エネルギッシュなツイートを見ると、自分のメンタルを持っていかれますよね?

 

 

その気持ち、すごくわかります!!

 

 

 

でも実際ツイッターを使い続けていると、メリットを多く感じます。

 

 

同じような病気や症状の経験を聞ける

自分の気持ちを理解してもらった気になる

 

 

要するに、ツイッターと上手く付き合っていければいいと思うんですよね。

 

うつ病当事者が、ツイッターと上手く付き合っていけるコツは、自分の都合の良い情報だけ見ること。

フェイスブックは、使っているユーザーに、ネガティブな感情が生まれやすいと研究で言われていそうですが、ツイッターでは、今のところそういった根拠はありません。

 

ツイッターと付き合っていくコツ

うつ病に限ったことではないですけれど、ツイッターで見るツイートからの情報の取捨選択は重要です。自分にとって都合の悪い、参考にならない情報を真面目に受け取っても、傷つくのは自分だけ。

 

 

参考になるツイート(情報)

参考にならないツイート(情報)

 

 

どういう情報を真剣に受け止めるかが、うつ病でも、ツイッターと上手く付き合っていくコツです。

 


スポンサーリンク

うつ病者として、参考になるツイート

僕がいままで、参考にさせていただいたツイートをちょっと紹介します。

 

僕は、うつ病を再発しています。自分より多くうつ病の経験がある方には、ツイッターで初めてお会いしました。

 

 

 

僕はうつ病の再発に、率直に言うと

 

 

…もうやだ。って感じで。

 

 

白猫@休職中@shironekokyuさんのツイートで、「何度もうつ病を経験した人も、自分をコントロールしながら上手くやろうとしているんだな。」と、うつ病再発者としての共感と勇気をもらえました。

 

 

 

うつ病が回復し始めてきた人のツイートを見ると、自分の回復具合を垣間見える時があります。「自分も、日常感覚を取り戻した時、嬉しかったな。ずいぶんと良くなったんだ。」って。

 

 

 

代理体験?とでも言いましょうか。自分が辛かった、苦しかった、回復を感じ始めた時のツイートを見ると、自分の回復を感じられると思います。

 

参考にしないツイート

逆に、僕が参考にしないようにしているツイートは、以下のようなツイートです。色々な意味で、心が折れます。

 

● 極端にネガティブ過ぎる

● 「やる気がない」の代名詞にうつが使われている

● 絶対に治る!という営業ツイート

● 薬なしで治る!という営業ツイート

● 今の自分にはエネルギーが強いツイート

 

特に、僕の場合は、ブロガーの方をフォローしている関係で、「とにかく、考える前に動け!」などといったエネルギッシュなツイートを目にします。

 

 

でも、今の自分にとってエネルギーが強すぎるツイートは、あんまり参考にしません。そんなことも言っている人がいるなって感じで。

 

 

 

健常者の自己啓発ツイートをうつ病者が鵜呑みにし過ぎるのは、危険だと思っているので、そこは慎重になっています。

 

フォロー、フォロワーの関係は気にしない

自分がフォローする人

その人の発信する情報が欲しい

立場が似通っていそう

おもしろそう

自分のフォロワー

フォローしてくれてありがとう

確かに、自分のツイートへの反応は気になっています。でも、せっかく匿名でやっているんだからさ。相手の反応を期待したり、期待通りの反応がこなかったからって、どうでもいい。反応がなかった時は、一言。

 

 

すべった~で終わり!

 

 

他人の反応を気にする事ほど、息苦しい事がないのは、リアルな世界で十分味わったじゃないですか?

 

おわりに

せっかく匿名のSNSです。とことん、自分の都合の良いようにやりましょう!

関連記事:うつ病になってツイッター始めたら、理解者が増えたような感じがした

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.