うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病は焦りやすい?仕事復帰を焦りたくなるのは、何で?

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病が回復して、仕事復帰を考える時期になると、気持ちが焦ります。

 

 

 

「失った時間を取り戻さないと!」、「早く稼げるようにならなければ…」という思いが強いほど、仕事復帰を焦りたくなると思います。いつの間にか、頭の中が仕事中心の考えになり、生活リズムやメンタルが、崩れてはいないでしょうか?

 

 

 

生活リズムやメンタルを崩すと、うつ状態に戻りかねません。うつ病と付き合いながら仕事復帰するためには、焦らず、自分のペースで仕事について考えることが必要だと思います。


スポンサーリンク

何で、うつ病では仕事復帰を焦りやすい?

うつ病で、仕事復帰する場合には、「焦りは禁物」と言われています。

 

 

 

うつ病の本を読んでも、インターネットを見ても、「仕事復帰は、慎重に、焦らないようにしましょう。」と、必ず、書いてあります。そうは言っても、うつ病者からすると、やっぱり仕事復帰を焦りたくなるもの。

 

 

 

うつ病者が、仕事復帰を焦りたくなる原因は、主に2つあるようです(参考:石澤桂子(2006).うつによる休職者の職場復帰を促進する心理社会的要因に関する質的研究 人間科学研究)

 

 

① 仕事をするリズムに慣れていない

うつ病になり、仕事から離れた期間があると、仕事をするリズムを忘れています。

 

 

 

まだ、色々なことが、疲れやすかったり、思うように作業ができなかったりするから、「このまま、仕事ができるようになるんだろうか?」と思えてくるものです。仕事のリズムに慣れていかなければ不安な気持ちやプレッシャーが、焦りに繋がっているのです。

 

 

② うつ病の再発に対する恐れ

仕事復帰をして、仕事上のストレスを受けたことを想像すると、うつ状態に戻ってしまわないか不安になるものです。

 

 

 

どのくらい仕事ができるのか、仕事のストレスに耐えられるか。うつ病の再発に対する恐れも、気持ちの焦りに繋がっているのだと思います。

 

たぐ
仕事のことを考え過ぎて、不安になったり、再発を恐れたりしているから、気持ちが不安定になるんでしょうね。

 

どうして、焦らない方がいいの?

うつ病は、体調が良くなったり、悪くなったりをくり返しながら、徐々に回復していきます。仕事のことを考えられるようになったからと言って、うつ病が完治した訳ではありません。

 

 

(参考:坪井康次(2017).うつ病 患者のための最新医学 高橋書店)

 

たぐ
うつ病の回復期は、思っている以上に長い…。

 

 

 

症状が軽快してから、2~3ヶ月は、うつ病を再発(再燃)しやすい時期と言われていますが、仕事について考え始めるのは、まさに、この時期ではないしょうか?

 

 

 

つまり、表面的には、うつ病の症状が軽快し、仕事について考えられるようになってきたけれども、同時に、再発の可能性が高い時期でもあります。

 

 

 

うつ病で療養していた分、仕事復帰は焦りたくなるもの。ですが、うつ病の再発(再燃)を防ぎながら、焦らず、仕事復帰を進めていくことが重要だと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.