うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病で生きる意味がわからなくなった人に伝えたいたった1つの事

2019/02/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病になると、生きる意味を見失ってしまう時がある。

 

うつ病の自分の生活に、生きる意味を見失った時、こんな言葉が浮かんできませんか?

 

「何のために生きているの?」

「自分には、生きている価値がない。」

 

生きる希望を失い、自分を否定する気持ちと言葉で頭がいっぱいになると、とても辛いと思います。

 

とても辛くて、どうやって生きていこうかさえわからなくなっている時だからこそ、自分が「したい」「やりたい」と思う「作業」をする必要があると、僕は思うんです。

 

「生きる希望もない人間に向かって、作業をしろって‥(あなたバカなの?)

 

と思われてページを閉じる前に、もう少しだけ聞いてほしいんです。知ってほしいんです。


スポンサーリンク

「自分がしたい」と思った事は、すべて「今の自分」に必要な作業です

 

 

生きる希望が持てず、何かをする気力がない時は、自分が「したい」「やりたい」と思うことだけに没頭すればいい。

 

自分の中から湧いてくる「したい」「やりたい」の気持ちは、「今の」あなたにとって生きていく上で必要な作業 なんです。

 

 

● 休みたい
⇒ 心と体を休める作業

● 食べたい
⇒ 栄養をとる作業

● 散歩したい
⇒ 気晴らしや運動になる作業

● ツイートしたい
⇒ 共感や気持ちをはき出す作業

 

 

他人からどう見えるか、他人にとって価値があるかどうかは関係なく、「今の」自分が必要とする作業にとことん没頭する事が重要 です。

 

「今の自分」に必要な作業に没頭すると、フロー体験が得られる

過去の経験で、何かに夢中になって良いことも、嫌なことも忘れるくらい、何かに没頭した経験はありませんか?

 

心理学では、その状態をフローとよびます。

 

フローの定義

フローとは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態

引用:ウィキペディア

 

要するに、自分の「したい」「やりたい」と思っている作業に没頭するから、病気の事や自分を否定したくなる気持ちから離れる事ができるんですよね。

 

 

僕は、病院でリハビリの仕事をしていたのですが、心を病んだ患者さんに、よくこの没頭する時間を作っていました。

一例を出すと、刺繍が好きだった患者さんとは、1日に必ず20分間、刺し子をしていました。

 

元々、何十年もうつ病を持たれている方でしたが、刺繍をやっている時だけは、嫌な事も、良い事も忘れられて、頭の中で何も考えずに刺し子に没頭でき、だから刺し子や刺繍をやっている時間が好きだったんです。

 

 

別に趣味と呼ばれるような立派な作業でなくてもいいので、自分が没頭できる作業ができると、病気に向いている意識を一端忘れ、辛い気持ちから離れる事ができると思うんです。

関連記事:ダメな自分を受け入れるには、没頭できる事が必要だった

 

 

ベッドで休んでいる時は、自分を否定するネガティブな気持ちを追わない

自分が「したい」「やりたい」作業に没頭する事が大事であるとわかったとしても、ベッドで休んでいる時だけは、嫌でも、「生きている意味がない」「自分の存在には価値がない」と、ネガティブで自己否定的な考えが浮かんできてしまうと思います。

 

うつ病は、気力や体力が落ちますから、ベッドで横になって休む事も、大事な作業だと思います。

 

もしも、ネガティブな考えが浮かび、自分を否定したくなる気持ちにかられそうになったら、そのネガティブな考えをそれ以上追わないでください。

 

ネガティブな考えを増やして、頭の中を自分を否定する気持ちにする事は、実に簡単なんです。

 

「どうして、こんな風になったんだろう?」

「何がいけなかったのかな?」

「どうしたら、いいんだろう?」

 

ネガティブな考えを追うほど、すぐに頭の中は、自分を否定する気持ちでいっぱいにする事ができるんです。

 

ネガティブな考えが浮かんできた時は、「あ?今自分はこんな事を考えているんだな。ふ~ん。」といった感じに。

 

もう一人の自分が、自分の事を客観的に見るイメージで、ネガティブな考えを追わずに、「そんな風に考えているんだと受け流す」と良いと思います。

関連記事:ネガティブな考えを無理矢理ポジティブにしない自分に優しい3つの方法

 

 

おわりに

うつ病で生きる意味を見失い、生きる希望が見いだせない時ほど、自分が「したい」「やりたい」と思う作業に没頭してみてください。

 

それが、「今のあなた」に必要な作業なんだと思いますよ。

 

他人の目を気にして中途半端にやるのはなしです。

 

思いっきり自分の思った通りに作業してみてくださいね。

関連記事:うつ病だからこそ、好きなことを好きなようにするんだよ

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.