うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

うつ病が家族に理解されないと思った時に、支えになった考え方

2019/03/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「家族に、うつ病を理解してもらえない…」

 

 

 

家族に、自分のうつ病を理解してもらえないと辛いです。

 

 

 

一番身近な家族には、どんな時でも、自分のことを理解してもらいたい。だから、うつ病の理解に乏しい家族の一言があると、回復してきていても、気分が落ちます。

 

 

 

僕も、家族のちょっとした一言で、落ち込んだり、泣いたりすることがよくありました。そのたびに、家族にとって、自分が迷惑な存在に思えてきて、自分を責めては落ち込んでいました。

 

 

 

でも、「ある考え方」を持つことで、家族に理解されていなくても、自分の気持ちを保てるようになりました。自分の気持ちを保てるようになった考え方とは、「家族だから理解して当たり前」という期待や先入観をなくすことです。


スポンサーリンク

うつ病が、家族に理解されないと思った時

僕の場合は、うつ状態が回復してきて、動けるようになってから、「家族に理解されない」と思う機会が増えました。家族に理解されないと思う時は、たいてい、家族のちょっとした一言がきっかけでした。

 

 

例えば、家族から「(私は)明日も仕事かぁ。」と言われると、仕事をしていない自分の存在が否定されていたり、存在価値のない人間に思えたりしてきたのです。本当は、仕事や家事をしたくても、からだが言うことをきかない。そんな自分が無力に感じ、ダメな人間に思えて仕方がありませんでした。

 

 

 

うつ状態を抜け出しても、うつ病が治ったわけではないですし、ちょっとした一言に、被害的になっているものだと思います。

 

関連記事:認知の歪みの例が理解できると、ストレスを上手に受け流せる

 

 

僕は、無力な自分にもどかしさを感じるとともに、その状況が否定されるような家族の一言に、うつ病が理解されていないと感じていました。

 

家族に理解されない時に、支えになった考え方

うつ病が家族に理解されないと思った時から、僕は、「そもそも、うつ病は、家族が理解できるものなのか?」考えるようになりました。

 

 

 

家族は、うつ病を経験したことがありません。逆に、うつ病の自分は、うつ病者の家族になったことがありません。自分も、家族も、お互いの状況を経験したことがないことから、理解したくても、イメージができないと思うようになったのです。

 

 

 

そこで、お互いの状況をイメージできないと思うようになってからは、家族に、無理にうつ病を理解してもらうことをやめました。

 

 

 

家族に理解を求めることをやめてみると、家族の言葉が気にならなくなったり、何を言われたところで、自分をダメな人間に思わなくなったりするようになったんです。

 

たぐ
「家族だから理解して当たり前」という期待や先入観がなくなると、うつ病を理解してもらえない辛さがなくなりました。

 

 

「家族だから、こうあるべき!」という期待や先入観は、相手を縛るだけでなく、自分を追い込む考え方にもなります。自分が思ったような家族でいてくれなかった時に、裏切られたような気がして、気分が落ち込んだり、怒りがこみ上げてきたりしやすいです。

 

 

 

家族でも、理解できないことがある。

家族でも、お互いは自由な存在。

 

 

自分の家族に対する期待や先入観を捨てた方が、うつ病を理解されなくても、楽な気持ちでいられますよ。

 

おわりに

うつ病の本を見ると、「患者の家族は、うつ病を理解する必要性」について書かれています。でも、家族にも、自分の経験、考え方、人生がありますし、家族だからと言って、全部を理解することはできないと思うんです。

 

 

 

むしろ、「家族だからと言って、理解できないこともある」といったように、良い意味で期待や先入観を捨てた方が、お互いに自由な生活ができて、気持ちが楽になりますよ。

関連記事:うつ病が理解されないと思った時に、家族に伝える4つのコツ

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2019 All Rights Reserved.