うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病の波を勘違いして、動けなくなった時の失敗談

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「回復に、波があるから何なの?」

 

 

 

うつ病の回復には、波がある。よく言われていることですが、「だから何なの?」と思うことがありませんか?

 

 

 

僕は、先日、うつ病の波を勘違いして、動けなくなる状態まで、体調が悪くなりました。うつ病には、回復の波があることを知っていましたが、付き合い方をよくわかっていなかったんだと思います。

 

 

 

そこで、自分が失敗した体験で気づいた、うつ病回復期の波と、上手く付き合っていくポイントを書きます。


スポンサーリンク

うつ病の回復には、波がある

うつ病は、調子が良くなったり、悪くなったりをくり返しながら、回復をしていきます。特に、うつ病の寝たきり期(極期)よりも、回復期に入ってからの方が、調子の変動が大きいと言われています。

 

 

 

 

僕の場合は、調子が良くなると、「安定したのかな?」、「色々なことに、頭が働くし、体が動く!」という状態になります。逆に調子が悪くなると、からだが重く感じ、朝が起きられなくなったり、集中力が落ちて、ひとつのことが続かなくなったりします。

 

 

 

回復期に入ってからの僕は、体調の変動が大きかったので、一度、主治医に相談してみたことがあるんですね。

 

 

たぐ
体調は…変動しますね…。1~2週間、調子が良いと、2~3日、調子が悪い日があって、動けないことがあるんですが。こういうものなんですかね?

 

Dr.X
うつ病が回復していく時にはね、どうしても、波があるものなの。

 

 

精神科の医師も言っていましたし、うつ病の本を見ても、良くなったり、悪くなったりをくり返して、回復していくと書いてあります。精神科の医師の意見としては、うつ病の回復期に、波があるのは、間違いないようです。

 

うつ病の波を勘違いして、動けなくなった失敗談

うつ病の回復期に、体調の波があることは、よく言われていますが、うつ病の当事者が、「回復の波」で失敗した体験談は、あまり見かけないと思います。

 

 

 

そこで、うつ病で、「回復の波との付き合い方に失敗すると、どうなるか?」自分の失敗体験を紹介します

 

たぐ
わざわざ紹介したくなるくらい、回復の波との付き合い方が、重要に感じました。

 

 

 

先日、僕は、年末年始で、実家に帰省していました。実家に帰省すると、両親、兄弟、兄弟と自分の子ども、親戚など、多くの人でごった返していました。

 

 

 

実家に帰省した段階では、僕は、自分の調子が良いことに気づいたんです。調子が良いと気づいたのは、普段と同じように、パソコンを使った仕事ができて、さらに、実家の家事手伝い、子どもの面倒、買い物、外出など。色々なことに、頭と体が働いたからです。

 

 

 

また、この時は、からだが軽くて、日課でやっている散歩の時には、自然とジョギングをしていました。頭はさえているし、からだが動くから、楽しくなってきたんですよね。

 

 

 

ところが、年末年始が終わり、自宅に帰ってくると、段々と、調子が悪くなってきたんです。

 

 

 

自宅に帰った1日目は、なんとなくからだが重いように感じていました。でも、調子が良かった前日までのペースを崩したくなかったので、実家にいた時と同じように、仕事や家事をしたり、ジョギングなどをしていました。

 

 

 

すると、その翌日、思うようにからだが動かなくなったんです。朝、目を覚ますと、からだが鉛のように重く、歩いてみても手足が重く感じられ、家事や仕事、ちょっとした散歩さえもできなくなったんです。

 

 

 

「動かなきゃ」、「あれ、やらないと…」などと、頭の中では、やろうと考えていても、からだが動かないんです。気力が湧きませんでした。

 

 

 

一言でいえば、「以前のうつ状態に戻ってしまった。」、そういったイメージです。

 

 

自分の生活を思い返してみると、調子の良い時に動きすぎ、調子が悪くなってからも動きすぎのペースを続けた結果、動けないくらいに、調子が悪くなったんだと思います。

 

 

 

うつ病回復期の良くなったり、悪くなったりする波と、上手く付き合えないと、からだが動かせなくなるということを実感しました。

 

うつ病回復期の波と、上手く付き合う2つのポイント

うつ病回復期の波と上手く付き合うには、2つのポイントがあると思います。

 

たぐ
いずれも、自分の体験から気づいた教訓です。

 

 

うつ病の波と、上手く付き合う2つのポイント 

① 調子が良い時も、いつものペースを崩さない

② 調子が悪くなり始めたら、早めに休息する

 

 

① 調子が良い時も、いつものペースを崩さない

調子が悪い時には、休みを多くとるなどして、誰でも注意を払うと思いますが、もっとも注意をする必要がある時は、調子が良い時です。

 

 

 

調子が良い時に、動きすぎてしまうと、調子が下降してきた時に、いつも以上に体調が悪くなるからです。調子が良い時に動きすぎた分の「反動」が、調子の悪さに拍車をかけてきます

 

 

 

 

たぐ
調子が良い時にこそ、いつも通りの自分のペースを保つことが必要です。

 

 

 

 

② 調子が悪くなり始めたら、早めに休息する

調子が悪くなり始めたら、早めに休息をとりたいです。調子が悪くなり始めは、「気のせい」、「もうちょっと」などと思いがちです。前日までは、調子が良くて、色々と動けていましたからね。

 

 

 

調子が悪くなっているにも関わらず、動き続けていると、いつも以上に、うつ状態がひどくなります。

 

 

 

僕の場合は、調子が悪くなった時に、「今日を乗りきれば、明日は回復してくるはず」と思い込んでいましたが、実際には、その翌日は、さらに調子が悪くなっていました。

 

 

たぐ
調子が悪くなり始めたら、早めに休息すべきです。

 

おわりに

うつ病の回復は、良くなったり、悪くなったりを体感しながら、自分のペースを見つけていく作業の連続なのかもしれません。

 

 

 

僕は、自分の失敗から、2つのことに気づきました。

 

 

①  調子が良い時も、いつものペースを崩さない

② 調子が悪くなり始めたら、早めに休息する

 

 

うつ病の回復の波に振りまわされていたとしたら、参考にしてみてください。全く同じことが当てはまるとは思いませんが、自分のペースをつかむ手がかりになればと思います

 

関連記事:うつ病の揺り戻しを知ってる?回復期の不安感や無気力の要因

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2019 All Rights Reserved.