うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

うつ病で仕事ができないからこそ、やってみたい2つのこと

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病で仕事ができないと、不安になります。

 

 

 

「このまま休んでいて、いいのか?」

 

「仕事ができない自分は、生きてる価値がない…」

 

たぐ
ちょっと重たいんですけれど、僕は、うつ病で仕事ができない時に、そんなことを考えていました。

 

 

うつ病で仕事ができないのは、仕方がありません。病気ですから。どうか自分を責めないで。自分を追い込んだって、仕事ができないのが、うつ病です。

 

 

 

逆に、うつ病で仕事ができないからこそ、仕事をしている時には行いにくいことに、時間を使ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

うつ病で仕事ができないのは、〝チャンス〟

 

チャンス?ピンチじゃないの??

 

たぐ
チャンスです

 

僕は、うつ病で仕事ができないことは、チャンスだと思います。なぜなら、真面目で、一生懸命な人は、何かのきっかけで休まない限り、誰かのために仕事をがんばり続けるからです。

 

 

 

たしかに、うつ病になると、辛いことが多いです。うつ病になると、仕事も、家庭も、人生も、「全てが終わった」ような気がしますよね?ならない方が良いに決まってます。ただ、嘆いても、うつ病になった事実は、変わりませんでした

 

 

 

だから、うつ病で仕事ができない時は、いっそ、その機会を〝チャンス〟と考えてみると良いです。療養の日々が、人間的な成長の機会に、感じられるかもしれません。

 

仕事ができないからこそ、やってみたい2つのこと

僕は、うつ病で仕事ができない時に、力を入れてやっていたことが、2つあります。

 

 

① 好きなことを見つける

1つ目は、「好きなことを見つける」ことです。

 

 

 

大したことがないように感じられたかもしれません。しかし、結構、重要なこと。というのも、仕事だけに生きてきた人間にとっては、仕事と同じくらい、のめり込める「好きなこと」がないからです。

 

 

 

僕が言いたいことは、「うつ病だから、好きなことをしろ!」ということではありません。仕事以外に「好きなこと」がないと、何かの理由で仕事が上手くいかなった時に、今と同じように、自分のより所がなくなるからです。

 

 

 

僕は、うつ病が回復してきてから、色々やってみました。うつ病になる前からやっていること、うつ病になってからやってみたこと。それぞれ挙げてみると、次のような感じです。

 

料理 / お菓子作り / ジャム作り / 乾物作り / スポーツバイク(サイクリング) / 散歩 / ジョギング / ストレッチ / 筋トレ / ブログ / ツイッター / YouTube鑑賞 /音楽鑑賞 / ハーブティー / リラクセーション法(呼吸法、瞑想) / 認知行動療法 / 掃除(断捨離含む) / 芝刈り / DIY(簡単な棚作りなど) / 日帰り旅 / 喫茶店通い / 満喫通い / 読書 / マンガ / 懸賞 / 物販(フリマアプリ) / カメラ など。

太字は、いまも、定期的に続けていること。

 

 

僕は、うつ病が回復し、仕事を再開してから、主にwebライターの仕事をしています。webライターの仕事をしていると、時々、仕事がもらえない時期があったり、記事が書けなかったり、仕事で上手くいかないことがあります。仕事で上手くいかないと、気分が憂鬱になるんですよね。

 

 

 

でもね、好きなことがあると、違うんです。仕事が上手くいかない時でも、一端仕事から離れられる好きなことがあると、上手くいかない時も、気分を楽に保っていられるんです。仕事がなくても、好きなことを生き生きやっている自分は、残るんです。

 

 

 

仕事以外に好きなことがなければ、仕事が上手くいかなくなった時に、自分の人生が虚しく感じられていたと思います。

 

たぐ
仕事が人生になっていれば、そう感じません?

 

 

だから、うつ病で仕事ができない時こそ、自分の好きなことを見つける時間に使うと良いと思うんです。

 

 

② 生き方を考えてみる

2つ目は、「生き方を考えてみる」ことです。

 

 

 

僕は、うつ病をきっかけに、自分の人生が、とても生きづらいと感じるようになりました。

 

 

何をしている時も、力が抜けない。何をしている時も、周りの目が気になる。そういった「完璧主義なところ」や「他人の目を気にするところ」が、生きづらさにつながっていたんでしょうね。

 

 

 

生きづらい考え方は、仕事以外にも影響します。家事をしている時に、完璧さは、自分の楽しみに使う時間を奪います。他人の顔色ばかり気にしていると、自分がわからなくなる。

 

 

 

僕は、自分の生き方を考え直してから、楽しいと思える時間が増えた気がします。「中途半端」だけれど、たくさんのことを楽しく感じることができるようになりましたし、行動する時に、他人の顔色がどうでも良いと感じるようになりました。自分の考えで、色々な体験ができるから、そういった意味では、うつ病になる前よりも、充実感があります。

 

 

 

自分の人生を生きづらくしている考え方が、あなたにもありませんか?

 

 

 

うつ病で仕事ができない時は、自分の生き方を振り返ってみると、自分の人生を生きづらくしている考え方に気づけると思いますよ。

おわりに

僕は、うつ病で仕事ができないことを〝チャンス〟だと思います。病気なんだから、仕事ができないことは、仕方ありません。自分が悪いわけではないんです。

 

 

 

この記事では、仕事ができないことをきっかけに、自分でやってみた2つのことを紹介しました。

 

 

うつ病で仕事ができない時に、やってみたこと 

① 好きなことを見つける

② 自分の生き方を考えてみる

 

 

僕は、好きなことを見つけ、自分の生き方を振り返ってみて、うつ病になった後の人生が、充実して感じられるようになりました。

 

 

 

仕事ができない状態で、何をやったらいいか悩んでいる時の参考にしてみてください

 

関連記事:うつ病体験から感じる、良かったと思う過ごし方

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2019 All Rights Reserved.