うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病から仕事復帰するためには、恐怖心を克服する必要があった

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病が回復してきても、仕事復帰が恐い…。

 

 

 

 

うつ病になってから、たくさん失敗した経験があると、仕事をしたり、人と関わったりすることが、恐怖に感じられませんか?僕は、うつ病の病気そのものによる不安が減ってきたと同時に、自分が仕事に対して、恐怖心を持っていることに気づきました。

 

 

 

 

 

特に、仕事の人間関係で失敗していると、仕事を通した人との関わりが恐怖に感じられると思います。

 

 

 

 

サラリーマンを辞めて、フリーランスで働くにしたって、仕事をする時には、嫌でも他人を意識しなければなりません。他人を意識しはじめると、「また仕事で失敗して、うつっぽくなるんじゃないか…?」という恐怖心が湧いてくるんですよね。

 

 

 

 

だから、うつ病から仕事復帰するためには、仕事をしたり、他人と関わったりする恐怖心を克服していく必要があると思うんです。


スポンサーリンク

うつ病になって、仕事復帰を邪魔するものとは?

うつ病を発病した当時から、仕事で、たくさん失敗してきていると、いざ、仕事復帰しようとした時に、すっかり自信が失われているもんです。

 

 

 

● お客さんに、クレームを言われた

● 職場の同僚に、嫌みを言われた

● 仕事で、たくさんミスをした

● 職場の人間関係が恐く感じた

● 早退・欠勤をくり返した

 

 

 

たくさん失敗してきて、自信を失っているから、仕事復帰しようと思っても、他人との関わりが恐くてたまりません。他人と関われば、以前と同じような失敗をくり返すように思えますし、失敗をしたら、自分が傷つくように思えますよね。

 

 

 

 

うつ病になって、仕事復帰をする本当の難しさは、このような「自分が傷つく恐怖心」をいかに克服できるかではないでしょうか?

 

うつ病から仕事復帰で、恐怖心を克服するために必要なこと

仕事復帰をする時には、「自分が傷つく恐怖心」を克服する必要があると思います。自分が傷つくことを恐がっていれば、仕事を引き受けたり、新しい仕事に挑戦したりできないからです。

 

 

 

 

「自分が傷つく恐怖心」を克服するためには、僕は、① 自分に自信を持つ考え方ができること ②不安になった時の対処方法を持つこと が重要だと思っています。

 

 

恐怖心を克服するために必要なこと

1. 自分に自信を持つ考え方ができる

2.不安になった時の対処方法を持つ

 

 

 

1. 自分に自信を持つ考え方ができる

よく「自分に自信を持ちましょう!」と言われますが、そんな簡単に自信を持てたら苦労しないですよね。僕の場合、自信を失っている状態から、自信を取り戻すためには、考え方を変える必要がありました。

 

 

 

 

僕は、うつ病になってから、何かに挑戦しようとする度に、自分が失敗を起こしてしまいそうに感じ、あらゆる行動を起こせなくなっていました。例えば、仕事の関係で、仕事との依頼主に、パソコンでメールを打とうとしても、相手に「断られたどうしよう?」、「上手く仕事をやり遂げられる気がしない…。」という思いばかりが湧いてきて、仕事に恐怖を感じていたんです。

 

 

 

 

仕事って、必ず他人と関わる必要がありますよね?「ちゃんと」仕事ができなかったり、相手から悪く思われたりなどと考えてしまうと、自分が傷つくような気がして恐かったんです。

 

 

 

 

だから、自分が傷つきそうに思える場面になっても、自分を傷つけないような考え方を持つ必要性を感じたんです。自分を傷つけないようにするために、僕は、2つの考え方を持つことで、仕事に対する恐怖心を克服できました。

 

 

 

① 完璧なんてないから、完璧を求める必要はない

僕は、うつ病になる前から、中途半端に仕事をすると、他人に迷惑がかかったり、他人から低く評価されたりすると思っていました。だから、自分が完璧と思えるまで、1つの仕事をやり遂げようとするところがあったので、気がつけば、たくさん仕事を抱えて、常に焦っていたんです。

 

 

 

 

全ての仕事を完璧にやろうとしたところで、やってもやっても終わらないので、いつでも仕事が頭から離れなくなるんですよね。気疲れするのは、当たり前でした。

 

 

 

 

うつ病になって気づいたことは、「完璧な仕事」なんてないってこと。自分で「完璧な仕事」と思っていても、他人にとっては「完璧な仕事」ではなかったということがほとんどです。

 

 

 

 

例えば、僕は、仕事を兼ねて、このブログの記事を書いています。以前は、1つの記事を書くために、3日間かけることもありましたが、最近では、2~3時間で、1記事を書く場合が多いです。以前は、3日間かけて書いた記事の方が、読者の反応(ツイッターのいいね、リツイート、閲覧数など)が良いように思っていましたが、読者の反応は、僕が記事を書くためにかけた時間に比例しなかったんです。

 

 

 

 

つまり、「自分では完璧にやった」と思える仕事でも、必ずしも、「相手にとっての完璧にはならない」んです。何か1つを完璧にやったところで、相手も、自分も満足感が高いとは限りません。

 

たぐ
中途半端に思えても、色々な仕事ができた方が、結果的に、自分の満足感って大きいんです。もし、不足していることがあれば、指摘されてから直せばいいですしね。完璧になんてできませんから。

 

 

 

 

② 他人の顔色は、自分には変えられない

仕事復帰する時に、何が恐いかと言えば、他人に嫌な反応をされることですよね。自分が行った仕事を批判されたり、強い口調で指摘を受けたりしたら、簡単に心が折れるんじゃないでしょうか?少なくとも、僕は、心が折れていました。

 

 

 

 

仕事相手の顔を思い浮かべると、どんな反応をされるか恐くて、仕事をする自信が持てません。でも、他人の顔色は、気にしたところで変えられないと知ったんです。

 

 

 

 

仕事や仕事以外でも、自分が良かれと思って行ったことが、相手を嫌な気持ちにさせていたり、怒られたりされたっていう経験がありますよね?自分が良かれと思うかどうかに関係なく、相手の感情まで、僕らは操れないんです。

 

 

 

 

相手に喜んでもらうために、仕事で成果をあげようとしたり、仕事を工夫したりできても、結果的に、自分の行動が良かったどうかを決めるのは、相手次第なんです。喜ぶか、落胆するか、自分には、相手の顔色まで変えられません。

 

 

 

 

僕は、自分では、他人の顔色を変えられないと気づいてから、他人と関わる恐怖心が少なくなりました。先日も、新しい仕事をもらうために、仕事の依頼主にメールをする機会があったんですが、とりあえず、メールを送ってみて、返信を楽しみに待てるようになったんです。

 

 

 

 

自分の送ったメールに、依頼主がどんな反応をするかは、依頼主の問題なので、僕には、メールを送る以外にできないと思えたからです。メールの内容を工夫できても、僕を気に入って、仕事を依頼するかどうかを決めるのは、相手の問題です。

 

たぐ
つまり、自分では、他人の顔色がどうなるか、責任を持つ必要がないんです。自分がやれるだけのことをしたら、相手が不快な気持ちになっても、その感情に対して、自分では責任のとりようがないですから。

 

 

 

 

2. 不安になった時の対処方法を持つ

仕事復帰してからも、理由がわからない不安に襲われます。不安になる原因がわかれば、その状況から逃げればいいだけなんでしょうが、原因がわからず、気分が落ち着かなかったり、落ち込んだりする場合には、自分の気持ちをコントロールする方法が必要です。

 

 

 

 

1日中、何もやらずに、休みたい日もあるでしょう。ただ、1日中、全く何もやらないと、何もできなかった自分が、ダメな人間に思える場合が多くはないですか?自分の経験から、僕は、単に休むよりも、積極的に、自分の気持ちをコントロールしていくことが重要だと考えています。

 

 

 

 

不安な気持ちになった時も、「これをやれば、少しは楽になれる」方法を知っていると、気持ちを楽に保てます。僕の場合は、不安な気持ちになった時に、呼吸法瞑想(めいそう)認知行動療法、運動などを行っています。自分で気持ちをコントロールできると、何もできないと落胆する時間が、「自分の気持ちを整理する時間」に変わっていくと思いますよ。

 

 

 

 

自分の気持ちをコントールする方法は、向き・不向き、好き・嫌いがあるでしょうから、自分に合った方法を見つけられると良いですよね。

 

おわりに

うつ病から仕事復帰するためには、仕事をしたり、人と関わったりする時の恐怖心を克服していく必要があると思います。うつ病になった当時から、仕事でたくさん失敗した経験があると、仕事や人との関わりが、恐怖に感じられるもんです。

 

 

 

 

恐怖心を克服するためには、

 

1.自分に自信を持つ考え方ができる

 

2.不安になった時の対処方法を持つ

 

の2つが重要です。

 

 

 

「うつ病だから、仕事ができない」ではなくて、「うつ病でも、自分の気持ちをコントールしながら、仕事ができる」ようにしていけると、仕事復帰していきやすいと思いますよ。

 

たぐ
うつ病者は、もともと仕事熱心だから、能力が高い人が多いらしいですよ。だから、自分の気持ちをコントロールできれば、結果は自然とついてくるんじゃないでしょうかね。
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.