うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

うつ病体験から感じる、良かったと思う過ごし方

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「エネルギーの使い方がわからない。」

 

 

 

うつ病になってからの休息と活動のバランスは、難しいです。今は休むべきか、活動すべきか。自分でも、判断がつきにくいもの。からだに合った日々の過ごし方が、わからないということがあると思います。

 

 

 

僕には、自分のうつ病体験から、良かったと思える「過ごし方」がありました。それをツイッターでツイートしたところ、多くの方から、共感してもらえました。

 

 

 

そこで、ツイートをまとめながら、うつ病体験から感じる、良かったと思う過ごし方について、紹介します。


スポンサーリンク

うつ病の時の過ごし方

うつ病になってからは、休息と活動のバランスが重要でした。

 

 

 

休息しすぎても、気力が湧いてこない場合がありましたし、活動し過ぎると、気力がなくなるくらい疲労していたからです。何が休息や活動のバランスをとる基準になったのかというと、それは〝暇(ひま)〟です。

 

 

 

僕は、自分が「暇」に感じる感覚を基準にして、休息すべき時、活動すべき時を考えていました。

 

 

だらだら過ごして、暇を感じてくると気力が湧き、気力が湧いてきたら行動する。そうしているうちに、うつ症状が安定してきて、今度は、自分の暇を埋めながら、色々とやってみたいことが増えていったんです。

 

たぐ
これは、個人の体験談ですが。自分がどのくらい「暇」に感じているかを基準にして、その時々の過ごし方を考えると、休息と活動のバランスがとりやすかったです。

 

 

また、僕は、回復してきた自分の気力に合わせて、活動内容を調整しました。

 

 

うつ病極期の寝たきり期には、睡眠、食事、服薬ぐらいしかできないです。

 

 

 

でも、休息をしているうちに、「何かしたい」「楽しい」「この課題は、やり遂げたい」といった興味、喜び、気力などが湧いてきます。僕は、自分に湧いてきた興味、喜び、気力など、自分の状況に合わせて、活動内容を変えてみました。そうすると、生活が充実したり、日々の回復を実感できたりしたんです。

 

うつ病の時の過ごし方で、注意したこと

うつ病の時の過ごし方で、注意していたことが3つあります。

 

 

① やりたいことは、「やりかける」

気力が回復してくると、やりたいと思えることが出てきます。やりたいと思えることが出てきたら、とりあえず、「やりかけよう」とすることが重要です。

 

 

 

きっと、あなたも同じように、完璧主義者だったり、他人の反応を気にしすぎたりするタイプですよね?

関連記事:うつ病になって、直したいと思った11個の性格傾向

 

 

 

行動する前から、完璧にやろうとしたり、他人の反応を気にしたり考え過ぎると、行動を起こせなくなります。考えている間に、自分がやろうとしていることが、難しすぎるように思えてくるため、行動する自信がなくなるからです。

 

 

 

だから、やりたいことが出てきたら、何でも「やりかける」つもりで、行動に起こすことが重要です。

 

 

 

 

② 達成度よりも、自分の満足感

うつ病の症状が安定してきたら、時間を決めて、色々なことをすると良いです。

 

 

 

勘違いしない方が良いことは、時間をかけたり、きっちりやったりしたからと言って、自分が満足できるとは限らないこと。物事の達成度と、自分の満足感は、必ずしも比例しません。

 

 

 

例えば、1日に、1つの仕事をじっくりやって、その仕事は完成度が高く仕上げられたけれど、「あれもこれもできなかった」という経験は、ありませんか?できなかったことが多く感じると、得られる満足感が少なくなるものです。

 

 

 

1つの物事をきっちりこなすよりも、自分が満足できることをたくさん行った方が、充実した過ごし方ができますよ。

 

 

 

 

③ 「調子は変動する」ことが前提

うつ病は、思った以上に、回復期が長いようです。

 

 

 

うつ病が寛解するまでには、調子の変動があることを前提に、毎日を過ごした方が良さそうですね。

 

 

 

「良くなってきた。」、「やっぱりダメだ…」といったように、毎日、うつ病の症状の良し悪しに、喜んだり、へこんだりをくり返していると、疲れるだけです。今後の自分の回復に、自信を失うことにもつながるんではないでしょうか。

 

 

 

他の人も、やはり、体調に変動があるようですよ(フォロワーの方の声をもらいました)

 

 

 

たぐ
僕の場合は、調子が良ければ「気をつけよ」、調子が悪ければ「まぁ、そんな時もあるか」と考えるようにしています。

 

おわりに

うつ病の体験から、良かったと思える「過ごし方」を紹介しました。

 

 

 

〝暇な感覚〟〝気力〟に合わせて、休息と活動のバランスを考えると、自分の体調に合わせて生活しやすかったです。

 

 

 

それと、動けるようになってきたら、

 

① やりたいことは、「やりかける」

② 達成度よりも、自分の満足度

③ 体調の変動を前提にする

 

と、うつ病の回復を実感しながら、充実した生活を過ごせると思います。

 

 

 

良かったら、参考にしてみてください。

 

関連記事:うつから抜け出すのに、やってみて良かった方法とは?

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2018 All Rights Reserved.