うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病で疲れやすい時に、家事と仕事の両立に役立った2つの方法

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病になって、疲れやすくなったように感じませんか?

 

 

 

僕は、うつ病になる前と比べて、ずいぶんと疲れを感じやすくなりました。からだが疲れやすいからできることが減ったり、家事や仕事に集中しづらくなったり、色々な部分で困らされることが多くなったんです。

 

 

 

現在、僕は兼業主夫として家事や在宅ワークをしているのですが、からだが疲れやすいと家事や仕事がはかどらないんですよね。だから、うつ病の疲れやすいからだでも、家事や仕事と上手く付き合っていくために自分なりの対策をするようになったんです。

 

 

 

ここでは、うつ病で疲れやすい時の対策として、自分で行っている方法を紹介します。


スポンサーリンク

うつ病になると疲れやすい

 

たぐ
うつ病になると、どうして疲れやすくなるのか?

 

疲れやすい理由が気になったので、最初に理由を調べてみました。うつ病の疲れやすさを調べてみると、どうやら精神的な病気を持つ人は疲れやすいということがわかったんです。

 

1) 精神的な病気の影響

まず、精神的な病気を持つ人には、① 緊張しやすく ② 不安感を持ちやすい傾向があるようなんです。緊張感や不安感を感じてからだに力が入りやすくいから、肩がこったり、首や目が痛くなったりして疲れを感じやすいそうなんです。

たぐ
たしかに、家族と一緒にいるだけでも「何かしていなきゃ」いけないような気がして、緊張したり不安になったりすることがありますよね。

 

 

また、精神的な病気の場合、からだの筋肉の疲れではなく「脳」が疲れやすいと言われています。からだの筋肉が疲れることを「末梢性(まっしょうせい)疲労」と呼ぶのに対して、脳が疲れることは「中枢性(ちゅうすうせい)疲労」と呼ばれています。脳が疲れる「中枢性疲労」の原因は、まだはっきりと分かっていないようですが、脳の栄養素や神経のメカニズムが関わっているようです。

 

 

2) 薬の影響

薬の量や種類によっては疲れやすさの原因になるようです。薬には色々な作用や副作用がありますが、薬の使い方によっては注意力や集中力が頭の働きを邪魔して疲れやすくなると言われています。

たぐ
とはいっても、薬のような専門的なことは医師でないとわかりません。疲れやすさを感じる時には、医師に相談した方が良さそうですね。

 

 

3) 生活リズムの影響

生活リズム、特に夜の睡眠が乱れると疲れやすくなるようです。僕の場合は、うつ病になってからちょっとしたことがきっかけで眠れないことや眠りが浅くなることが多いです。実際に睡眠が乱れた次の日は、だいたい頭がぼんやりしています。疲れにくいからだを作るには、やはり睡眠が重要なんでしょう。

 

参考:COHMBO 地域精神保健福祉機構

 

家事と仕事の両立に役立った2つの方法

うつ病の疲れやすさと付き合いながら、家事と仕事をしていきために、僕が行っている2つの対策を紹介します。全く疲れなくなったわけではありませんが、うつ病を療養しながら家事と仕事を両立できるようになりました

 

1) こまめに休憩をとる

① ソファや硬い床面で横になる

僕は、疲れを感じた時や作業してから1時間くらいを目安に、ソファや硬い床面で横になって休憩をとるようにしています。ベッドに横になると昼寝をしてしまいがち。ソファや硬い床面というのがポイントです。昼寝をすると夜が眠れなくなるから、生活リズムが崩れやすいです。

 

 

 

ただ、そうは言っても、どうしても昼寝をしなければいられない時もありますよね。そんな時には「15時前の20~30分くらい」であれば、夜の睡眠への悪い影響が少ないようですよ。(参考:日本うつ病学会治療ガイドライン)

 

 

② 温かい飲み物を飲む

休憩をする時には温かい飲み物を飲むようにしています。温かい飲み物は、からだをリラックスさせてくれるからです。

 

 

 

僕は、うつ病になる前は冷たい飲み物が好きだったんです。ですがうつ病になってからは、からだを冷やすとお腹が痛くなったり、手先・足先が冷えたりすることが増えたんですよね。からだを休めるには、冷たい飲み物よりも温かい飲み物の方が向いているんでしょうね。

 

 

 

また、「飲み物を飲む」という行為自体は、気分を切り替えやすいです。ずっと同じようなことをしていると家事も仕事も疲れるので、からだをリラックスさせるには、飲み物でいったん気分を切り替えると良いですよ。

 

 

2) 考えを整理する

うつ病の回復期から家事や仕事をしていると、頭の中が色々な考えでいっぱいになり、不安になったり、焦ったりすることが多いです。頭の中がいっぱいになった時には、次のような対策を行うと、家事や仕事中に感じる不安や焦りと付き合いやすかったです。

 

① ノートに書く

不安や焦りを感じた時には、頭で考えるよりも、ノートに書き出した方が自分の考えを整理しやすいです。僕は、ノートに自分の考えを書き出す時には、こんな感じで「→(矢印)」を使っています。

 

 

たぐ
思ったことを書いて、「→」で自分の気持ちをはき出していくと、自分の考えていることが整理できてきます。単語や短文だと、キレイに書かなくてもいいですしね。

 

 

② リラクセーション法をやってみる

うつ病には、不安や焦りを軽くする方法として、「呼吸法」や「瞑想(めいそう)」などのリラクセーション法があります。うつ病の本などで紹介されているリラクセーション法は、特に仕事をする前や仕事をしている最中の考えを整理しやすいです。

 

 

 

頭がいっぱいになっていると、自分で自分が何を考えているかもわからなくなり、不安や焦りを感じやすいんですよね。不安や焦りが強い時は仕事に集中できません。自分が興味のあるリラクセーション法を探して、日常生活に取り入れてみてもいいかもしれません

 

関連記事:

うつ病でも、自分で行える呼吸法とは?

【瞑想の本】うつ病の僕でもはじめられた、わかりやすい一冊

 

 

③ 散歩で気晴らしする

うつ病の回復しはじめと違って家事や仕事ができるようになると、自分の健康よりも家事や仕事を優先するようになってくる印象があります

たぐ
動けなかった時間を取り戻したくなるんでしょうかね?

 

 

ずっと家事や仕事について考えていると、頭がいっぱいになり気持ちに余裕がなくなります。そういった時は、いったん考えることをやめてからだを動かしてみた方が、考えがまとまりやすくなります

 

 

 

「運動」とかしこまらずに、家事や仕事の合間に散歩をすることは、考えでいっぱいになった頭を整理するために必要だと思います。

 

まとめ

うつ病が回復して家事や仕事ができるようになっても、からだは疲れやすいです。

 

 

 

うつ病を療養しながら、家事や仕事をする時に役立った2つの対策を紹介しました。

 

家事と仕事の両立に役立った2つの方法

① こまめに休憩をとる

② 考えを整理する

 

家事や仕事をしている時の疲れやすさに困った時に、参考にしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2019 All Rights Reserved.