うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病者の在宅ワークでの収入状況はどうなの?【毎月更新】

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病で脱サラし、妻の収入と在宅ワークで生計を立てる たぐ です。

 

 

 

うつ病で会社で働けなくなった時、在宅ワークなら、完全回復していない自分にも、仕事ができそうだなと可能性を感じますよね。僕は、うつ病になって1度は会社に復職したんですが、会社のリズムになじめず、サラリーマンをやめて、在宅ワークを専業で行うようになりました。

 

 

 

10年間、サラリーマンでやってきたので、フリーの在宅ワークで働くノウハウは全くありません。でも、在宅ワークを始めて4ヶ月。うつ病の調子に左右されながらも、自分のお小遣い程度は稼げるようになってきたんです。収入を稼ぐことよりも、うつ病を治療するために療養することの方が大事ですが、療養しながら仕事ができると、精神的な安定感もあると思うんですよね。

 

 

いま、僕が行っている在宅ワークは、主に2つです。

 

① webライティング(ランサーズ)

② 個人ブログの運営

※(③) 時々、ジモティーやメルカリでいらない物を断捨離して、収入にしています。

 

 

うつ病になって会社に行けず、在宅ワークを考えている人に、収入のイメージをつけてもらえればと思い、毎月の収入状況をブログの記事に載せ、更新していくことにしました。

 

※収入状況は、一番下に追記しています。収入だけ知りたい方は、一番下の方へスクロールしてください。


スポンサーリンク

うつ病者には、在宅ワークが向いている

うつ病になると、圧倒的に気力、体力、集中力が減りますよね?収入を得たいが為に、うつ病になる前と同じように仕事をすると、ストレスで、うつ病の症状が簡単にぶり返します。

 

 

実際に、僕自身も、在宅ワークで働いていこうと決心したきっかけは、会社に復職した後、うつ病前よりも仕事量を減らして働いているにも関わらず、うつ症状がひどくなってきたことにありました。会社には、シフト、通勤・勤務時間、会社に決められたノルマなどがあり、どうしても自分にかかるストレスが調整しにくい難点があるんですよね。

関連記事:うつ病で退職し、サラリーマン人生をやめた人間の決意

 

 

在宅ワークをはじめてみると、その日の自分の体調に合わせて仕事量を調整しやすいことを実感し、うつ病者には、在宅ワークが向いていると感じるようになりました。具体的に、どのような点で、在宅ワークでは仕事量が調節しやすいかというと、以下のようなところにあります。

 

● 休みたい時に休める

● 働きたい時に働ける

● 働く場所を選ばない

● ノルマを自分で調整できる

● 他人と対面のコミュニケーションがない

 

 

うつ病で減った気力・体力・集中力をカバーするように、在宅ワークでは、「自分のペースで」「自分の体に合わせて」働くことができるのが魅力です。

 

 

この記事を書き始めた時、僕は、うつ病の診断を受けて4ヶ月が経っていました。ベッドで寝たきりだったうつ病の急性期を抜け、家事や仕事ができるようになってきているので、自分ではうつ病の回復期だと思っています。

 

 

ところが、うつ病の回復期とは言っても、日によっては、体が重くなったり、気持ちの興奮がおさまらず眠れなかったりして、体調の変動が激しいんですよね。

 

 

だから、体が重く感じる時や前日に眠れなかった時の翌日は、ゆっくり散歩をしてから仕事に取りかかったり、疲れたらソファやベッドで仮眠を自由にとったりしていて。自由に仕事と療養が両立できる感じから、うつ病者には在宅ワークが向いているんじゃないかと思えるんです。

 

 

特に、会社で接客業をやっていると、対面でのお客さんの対応をしなければならず、お客さんの対応では、自分の体にムチ打ってでも笑顔を作らなければならないので、「無理しない」ってことができないですよね。その働き方を思うと、誰かのペースに合わせずに、自分のペースで働ける在宅ワークはずいぶんと楽に感じますよ。

 

在宅ワークは、働く時間や場所を選べるから〝気楽〟

 

サラリーマンをしていると、仕事をする場所は会社です。毎日、同じ時間に会社に通勤して、言い方は悪いですが、決まった時間まで、必ず、会社に拘束されるものですよね。

 

 

うつ病者には、その会社のリズムで動くことや「拘束される」ことが、何よりもきついですよね。健常者よりも、毎日の体調の変動が激しいので、調子が良い時よりも、調子が悪い時の方が、自分のニュートラルの状態なんです。

 

 

会社と比較すると、うつ病者が、在宅ワークを楽に感じるところは、自分で働く時間や場所を選べることです。例えば、同じ「仕事をする」ということを考えた時でも、次のように考えられたら、仕事がかなり楽に感じられません?

 

 

僕は、在宅ワークで、主に①webライターの仕事、②個人ブログの運営を行っているので、パソコンがあれば、働く時間や場所を選ばないので、時にカフェで、時に自宅で仕事をしています。調子が悪い時には、仕事を1時間早く切り上げたり、締め切り日でなければ、気が向かない仕事を後回しにしたり、体調に合わせながら、自由に仕事ができているように感じます。

 

 

また、「カフェ」と一言に言っても、自宅から自転車で通える範囲であれば仕事ができるので、その日の気分に合わせて、お店を選んでいます。笑

 

 

以下のツイートは、同じように、在宅ワークをしているうつ病のフォロワーさんとのやり取りです。カフェで仕事するが、うつ病者にとってどれだけ気楽に働けるかをわかりやすく表しているかの雰囲気が伝わってきますでしょ?(※どこの大手カフェがいいか、ツイッターでやり取りした時の内容です。)

 

 

「在宅」と名前がついていますが、自宅だけでなく、カフェや人によっては屋外など、どこでも時間と場所を選ばず仕事ができます。いわゆるノマドワーク?ってやつですよね。

 

 

うつ病者にとって、在宅ワークの1番の魅力は、いつでも仕事から「逃げられる」ところです。

 

 

サラリーマンの何が辛かったかというと、1度会社に行ってしまうと、どんなに体調が悪くとも、早退しにくいじゃないですか?「辛かったら早退してもいいよ。」と上司は言うけれど、1日だけの早退ならまだしも、早退が頻繁になると、スタッフや自分の担当しているお客さんに嫌でも気を使ってしまいますよね。

 

 

僕は、早退が続いた時に、会社にいることが居心地悪く感じられてきて、それからは、会社に行くことが「逃げ場のない監獄」に行くような感覚になってしまったんです。その結果、段々と欠勤するようになっていったんですよね。だから、嫌だと思う環境からいつでも逃げられ、縛られない環境で働ける在宅ワークは、うつ病者にとって療養と仕事が両立させやすいです。

 

在宅ワークをするために、必要な道具

僕が行っている在宅ワークは、①webライター、②個人ブログの運営なので、以下の写真に載ってる道具があれば、この2つの仕事をはじめることが可能です。webライターも、個人ブロガーも、パソコンで記事を書くことが仕事でなので、基本的には、同じ環境で仕事ができますよ。

 

 

① ノートパソコン

② 充電コード

③ マウス

④ モバイルルーター

 

以下は、在宅ワークで使っている道具に関する僕なりの補足です。

 

 

パソコンは、どのような働き方をするかで、大きさが変わってきます。小型のパソコンは、持ち運びやすく、デスクを広くとれますが、肩がこりやすいことが特徴です。大型のパソコンは、運ぶのに重く、デスクが狭いですが、肩がこりにくいので、長時間の作業には向いています。

 

 

僕が使っているノートパソコンは、16インチくらいの大型のノートパソコンです。元々、在宅ワークをするつもりで買った訳ではないので、家で使っていたパソコンを使っているため、やたらデカいモデルになっています。

 

 

 

参考としては、16インチ前後のノートパソコンでは、ドトールの個別席にパソコンを置くと、右側にマウス、左側にコーヒーと水がギリギリ置けます。ミラノサンドのお皿を置いたら、他に物を置くスペースはなくなりますね。

 

 

 

しかしながら、

ノートパソコンは、大きさよりも性能が重要です。

 

下の写真は、1度に色々なサイトやブログを開いている状態の写真です。

 

 

例えば、僕の場合、個人のブログを書きながら、時にはyoutubeで音楽を聞き、合間にtwitterでつぶやいては、webライティングの仕事をしつつ、クライアントとのやり取りをしたりなど。

 

 

同時に色々な作業ができないと、パソコンでの作業効率が下がるので、これからパソコンを買うようなら、パソコンに詳しい人に使用用途を相談しながら購入することをおすすめします。

 

 

 

また、外出先でパソコンでのインターネットを使うには、上の写真の赤い色の機器のようなモバイルルーターが必要です。僕は、まだどのモバイルルーターがお得でいいかどうかがわからないので、auのスマートフォンを購入した時に付属で契約したルーター(7GB)を使っていますよ。

個人ブログをはじめるには、「ジュンイチ」さんのブログを見て

先にお伝えしておきますと、個人でブログを始めるには、無料だろうと、有料だろうと、パソコンとインターネットの環境があれば簡単です。ただし、収入としてのブログ運営を考えた時に、僕は、あなたにノウハウを教えられるほど、結果が出せていません。

 

 

ブログを始めて、収入を得る可能性を期待するのであれば、以下のサイトがおすすめです。ジュンイチさんというブロガーが、ブログの楽しみ方や運営の仕方について、書かれているブログです。

ブログマーケッター ジュンイチのブログ

 

 

おすすめの理由は、4点あります。

 

1. 運営者自身が、会社員時代に、精神を病んだ当事者だから

2.文章・画像・映像を使ったブログの開設の仕方がわかりやすい

3.何よりも読者を一番に考えているブログ

4.誰よりも、ブログを楽しんでいるように見えるから

5.いつからか、僕がファンになっていたから

 

※余談ですが、ジュンイチさんのブログを読むと、プロサッカー選手のものまねをしている芸人ではなく、ブログマーケッタージュンイチさんが、あなたの中での「ジュンイチ」になりますよ。笑

 

在宅ワークでwebライターの仕事を始めやすい方法は、クラウドソーシング

※クラウドソーシングとは、インターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注したり、受注者の募集を行うこと。また、そのような受発注ができるWebサービス(引用:IT用語辞典)。

 

この解説を図で表すと、以下のようなサービスになります。

 

 

 

【 クラウドソーシングサービス利用の流れ 】

① クラウドソーシングサービスに登録する

② 自分が書けるテーマの記事を探す

③ 記事を書く

④ 報酬をもらう

 

 

簡単に、クラウドソーシングサービスを利用したwebライターの仕事の流れについて説明すると、①~④になります。記事を書いた時の報酬額は、クライアントが決めるので、文字数が多いからといって、報酬が高いという訳ではありません。

 

 

webライターの仕事は、ライターの募集をしている会社に、直接、営業をかける方法もありますが、webライターを始めた時には、ライターの実績や経験がないので、クラウドソーシングサービスの会社に登録して、まずwebライターってどんな感じかを体感することが、1番はじめやすいやりかたかと思いますよ。

 

 

以下は、僕が知っているクラウドソーシングサービスの会社です。

● ランサーズ(登録済み)

● クラウドワークス(未登録)

● shinobiライティング(登録したが、手つかず)

● サグーワークス(登録したが、手つかず)

 

 

僕は、ランサーズ、shinobiライティング、サグーワークスに登録をしていますが、いまはランサーズしかやっていません。理由は、サービスが違うと、仕事を依頼している内容や説明書きが違ってくるので、依頼内容と説明を理解するのに時間がかかってしまうため、とりあえず1社で、webライターの実績を積んでいこうと考えています。

 

 

ブログやツイッターなど、文章を書いた経験が少ないと、最初は、400文字(原稿用紙1枚分)書くのもかなりしんどいと思いますが、数をこなしていくと、文章を書ける量も、書く早さもあがっていきますよ。

 

在宅ワークでの収入状況は?

さて、気になる在宅ワークでの収入状況の報告です。

 

● 2018年5月23日~5月31日

2238円(内訳:ランサーズのみ)

 

● 2018年6月1日~6月30日

27958円(ランサーズ)

7980円(ブログ収入、A8.net)

缶ジュース1本(グーグルアドセンス)

計:約36000円

 

●2018年7月1日~7月31日

20044円(ランサーズ)

4368円(ブログ収入、A8.net)

1020円(ジモティー)

計:25432円

 

● 2018年8月1日~8月31日

21324円(ランサーズ)

1520円(ジモティー)

13670円(メルカリ)

計:36514円

 

(※在宅ワークの収入が、6桁を超えるまで報告します。)

 

おわりに

うつ病で会社勤めに限界を感じていたら、在宅ワークに切りかえると、療養しながら仕事もしやすいです。

 

 

とは言っても、webライターや個人ブログ運営では、生計を立てられるだけの収入になってないじゃん?!って思われたでしょうから、僕の収入だけで夢を潰さないように、3年webライターやっている方のツイートを引用させていただきます。

 

この方も精神疾患を患っています。

 

 

夢、広がりますよね!

 

 

僕が使っているクラウドソーシングサービス 「ランサーズ」のリンクを貼っておきます。とりあえず、登録するだけ、登録して1記事書いてみるだけなど、どんな使い方をしても、特段の問題はありません。 登録や利用は、無料で始められますから、興味があったら、リンクをポチッとしてみてください。

クラウドソーシング「ランサーズ」


 

 

また、細かい使い勝手やノウハウがわかってきたので、相談くらいにはのれます。ご質問があれば、たぐのツイッターに、ダイレクトメッセージ(DM)をいただければ嬉しいです。

 

 

 

ここまで長文を読んでいただき、ありがとうございました。お疲れさまでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2018 All Rights Reserved.