うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病療養中に、とにかく遊ぶことが重要な理由とは?

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

うつ病の療養では、「遊ぶ」ことが重要だと思います。というのも、自分がうつ病の当事者として、「遊び」の中で、得られたことがあったからです。

 

 

 

「うつ病になったんだから、静かに休んでいなければ…」と具合に、周囲に罪悪感を感じているようなら、自分の好きなことを、できないでいるかもしれませんね?

 

 

 

そこで、うつ病の療養中に気づいた、「遊ぶ」ことの重要性を書いていきます。


スポンサーリンク

うつ病の療養中に遊ぶことが重要な理由

うつ病の療養中に、「遊ぶ」ことが重要な理由は、主に2つです。

 

 

① 病気について、考えている時間が減る

誰でも、何かに夢中になっている時は、「無心」の状態になるものです。つらいことも、良いことも。何も考えない状態が「無心」です。心理学では、他のことがどうでもよくなるほど、時間を忘れて、何かに没頭することを「フロー体験」と呼ぶそうです。

 

 

 

うつ病の時は、何か考えが頭に浮かんでも、つらいことばかり。だから、何かを考えているよりも、何も考えていない「無心」の状態が作れると、一時的に、つらいことを忘れられますし、気持ちが楽に感じられてきます。

 

 

 

「フロー体験」ができるかどうかは別として、うつ病の時には、少しでもつらいことを忘れて、自分を追い込まないために、「遊ぶ」ことが重要です。

 

 

② 生きている楽しみを知る

あなたは、うつ病になる前、何を楽しみに生きていましたか?

 

 

 

僕の場合は、仕事だけに、楽しみを見出して生きてきました。仕事自体が楽しかったというよりは、仕事をしていれば、自分に存在価値があるように感じられて、とりあえずの拠り所が仕事だったんですよね。だから、うつ病になり、仕事ができなくなった時には、自分の存在価値がなくなったように感じられました。

 

 

 

うつ病の療養中に、「遊ぶ」ことは、自分の生きている楽しみを知ることにつながります。

 

 

 

僕は、現在、仕事ができるまでに回復してきました。現在とうつ病になる前との違いは、仕事が楽しく感じる一方で、仕事がない時でも、自分の好きなことをしている時間に、楽しみを感じられるようになったんです。。

 

 

 

うつ病の療養中に、自分の好きな「遊び」を知れば、回復して、仕事ができなくなった時でも、今度は、自分の存在価値を見失わなくてすむと思うんですよね。

 

 

「遊ぶ」とは、どういうことか?

「遊ぶ」とは、自分の「やりたい」、「楽しい」、「好きな」ことをやることです。

 

 

 

僕自身がそうだったんですが、うつ病になる前に、仕事だけに生きてきた人間にとっては、いざ「遊べ」と言われても、どう遊んで良いか分からないんですよね?

 

 

 

実は、このツイートをした時には、次のようなリプ(返信)をもらいました。

 

 

誰のお金で、遊べばいいんでしょう?

 

遊ぶ気になるのが、ハードル高い…。

 

遊び方が、わからない…。

 

「遊ぶ」と身構えると、何か特別なことをしなければいけない気持ちになるのかもしれません。例えば、買い物に行ったり、友達と会ったりなど。外に出て、活発に活動している方が、遊びっぽい感じがしますもんね。

 

 

 

でも、「遊び」の本質は、自分が「やりたい」、「楽しい」、「好き」なことだと思います。要するに、自分が満足できるものであれば、何でも「遊び」です。自分が満足できることであれば、他人がどう思うかは、関係ありません。

 

 

 

ちなみに、僕が没頭できた「遊び」を挙げてみると、こんな感じになりました。

 

料理  / スポーツバイク(サイクリング) / 散歩 / ジョギング / ブログ / ツイッター / YouTube鑑賞 /音楽鑑賞 / 掃除(断捨離含む) / 芝刈り / DIY(簡単な棚作りなど) / 日帰り旅 / 喫茶店通い / 満喫通い  / マンガ など。

 

たぐ
僕は、自宅の芝刈りをしている時が、もっとも、「無心」になれました。

 

まとめ

うつ病の療養中だからこそ、「遊ぶ」ことが重要だと思います。

 

 

 

療養中に「遊ぶ」から、

 

① 病気について、考えている時間が減る

② 生きている楽しみができる

 

 

だから、うつ病で療養している時は、できるだけ周囲への罪悪感は忘れて、自分の「やりたい」、「楽しい」、「好きな」遊びをしてみると良いですよ。

 

関連記事:うつ病で仕事ができないからこそ、やってみたい2つのこと

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2019 All Rights Reserved.