うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

車いすクッションの選び方 はじめての車いすクッション

2019/09/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「車いすには、何かクッションみたいなものを敷いた方が良いのかな?」

 

 

 

家族が車いすを使いはじめると、わからないことばかりですよね。車いすは、乗っている時間が長くなったり、道路のガタガタした振動が伝わってくると、お尻が痛くなりやすいです。だから、車いすを使う場合には、クッションを使った方が良いです。

 

 

 

ところが、車いすのクッションと一言に言っても、色々なタイプがあるので、クッションの選び方に悩むはず。ホームセンターで安く売られている座布団のような物で良いのか?それとも、専用の車いすクッションが良いのか。

 

 

 

病院から退院した後に、どういった車いすのクッションにしようか、相談できる相手は、主にケアマネジャーだけです。入院していた時のように、リハビリの専門職に、車いすのクッションの選び方について相談できると楽なんですけどね。

 

 

 

僕は、病院と施設で、10年間、作業療法士をしていました。車いすは、乗りやすさ次第で、活動量だけでなく、本人の意欲にも影響してくるところなので、車いすの乗り心地を左右するクッションには、特にこだわっていました。

 

 

 

そこで、車いすのクッションの選び方について、一緒に考えていきたいと思います。車いすのクッションって、よく考えたらどういう機能があるの?どのようなクッションを選べば良いか?車いすを使う本人の生活スタイルに合わせた、車いすクッションの選び方について、説明します。よろしくお願いします。


スポンサーリンク

そもそも、車いすのクッションは、ホームセンターの商品ではダメなの?

答えは、一概にダメではありません。僕が車いすのクッションに、ホームセンターの商品をすすめる人は、次のような場合です。

 

● 車いすの上で、自分でお尻を浮かせられる

● ベッドと車いすの乗り移りが、自分でできる

 

車いすのクッションが、ホームセンターの商品でも代用が可能な人は、自分でお尻の位置をかえることができる人です。自分でお尻の位置を変えられるということは、お尻に痛みを生じにくかったり、褥瘡(床づれ)ができにくいことを意味します。

 

 

車いすに座っている人の気持ちを知るためにも、使っている車いすに5分間試しに座ってみてください。その際、お尻の位置は、変えてはいけません。

 

 

車いすの上で、お尻の位置を動かさずに5分座っているだけでも、お尻が痛くなってくるはずです。これは、お尻の位置を動かせないことによって、同じ位置に、自分の体重がかかり続けるから、違和感や痛みを感じてくるのです。この違和感や痛みを放っておいて、一日中、車いすに座っていると、発赤(肌が赤くなること)が出てきて、段々と褥瘡(床ずれ)になったりしていきます。

 

 

そのため、自分でお尻の位置を変えられない場合は、車いすの専用クッションを選ぶべきです。車いすの専用のクッションは、値段が高いだけあって、ホームセンターのクッションにはない機能が、たくさんついています。

 

 

※ただし、予算の都合で、車いす専用クッションを購入できない場合は、ホームセンターのクッションを使い、意識して、座る時間と横になる時間を交互にとるようにすると、お尻の同じ場所に、ずっと体重がかかることを防げて良いです。

 

車いすの専用クッションは、どれも同じなの?

違います。カタログやインターネットに掲載されている車いすの専用クッションは、それぞれのクッションで、材料や性能が異なります。身近なところで言うと、布団とベッドマットレス、フローリングと畳の材質や性能が違うように、車いすの専用クッションにも違いがあります。

 

 

同じような使い方の物でも、材料や性能が違うと、長く寝転がれたり、寝心地が違ったりと、使い心地や動きやすさなどに違いが出てくるものですよね?車いすの専用クッションも同じです。

 

 

市販されている車いすのクッションについて、まずは、クッションの硬さによるメリット・デメリットといった特徴をまとめてみました。

 

クッションの違い.jpg

 

やわらかいクッションは、お尻にかかってくる体重によるダメージを少なくできるので、車いすの上で、自分で姿勢を変えることが難しい人に薦められます。ここで言う車いすの上で姿勢を変えるという意味は、必ずしも、立ち上がる必要はありません。例えば、ご自身で体を前や横に傾けた後に、自分の力で元の姿勢に戻れさえすれば、体重によるお尻へのダメージを自分で軽減できます。

 

 

やわらかいクッションに対して、ある程度の硬さがあるクッションは、自分で姿勢を変えられたり、車いすをこいでいる人に薦められます。介助者と一緒に立ち上がることができたり、自分の足で車いすをこぐことができる人では、車いすのお尻があたる面に、ある程度の硬さないと、体がぐらぐらしてしまい、身動きがとりにくくなります。ぐらぐらした動きにくい環境では、せっかく自分で動く力があっても、力を十分に発揮することができなくなります。

 

 

 

上の表は、車いすのクッションを選ぶ時に、インターネットサイトやカタログを見る時の参考に使ってみてください。

 

車いすの専用クッションは、厚みで何かかわるの?

変わります。車いすのクッションには、色々な厚みのタイプがありますよね。クッションの厚みが変わると、お尻へのダメージと、身のまわり動作のしやすさが違ってきます。

 

① お尻へのダメージ

一般的に、車いすのクッションは、厚みがあるタイプの方が、薄いタイプよりも、自分の体重によるお尻へのダメージが少ないです。車いす用のクッションは、5~7㎝位の厚みのものが平均的ですね。例えば、ホームセンターで売られているクッションなどで、クッションの厚みが5㎝もないタイプだと、座っている間に、自分の体重でクッションが潰れてきて、車いすの座っている面にお尻がつき、クッションの意味をなさなくなる場合もあります。

 

② 身のまわり動作のしやすさ

では、車いすのクッションに、厚みがあればあるほどいいか?というと、そんなこともありません。車いすの専用クッションの中には、厚みが10㎝程度の商品がありますが、クッションが厚すぎると、身のまわりの動作が行いにくくなる場合があります。

 

 

例えば、自分の足で、車いすをこげる人は、厚みのあるクッションを敷いてしまうと、足が床に届かなくなります。介護者の介助があれば、立ち上がることができる人も同様に、厚みのあるクッションでは、立ち上がる時に、足が床につきにくくなる場合があります。

 

 

また、介護者の介助があっても、立つ姿勢をとることが難しい人では、クッションが厚すぎると、ベッドから車いすに乗り移る際に、クッションがお尻にぶつかってしまい、乗り移り動作が行いにくくなります。

 

 

自分の足で車いすをこげる人、介護者と一緒に立ち上がれる人、介護者と一緒に乗り移り動作が一部でもできる人は、クッションの厚みが5~7㎝の商品を選ぶと良いです。

 

車いすクッションの形には、色々あるが…?

僕は、車いすの専用クッションは、平らなタイプが良いと考えています。リハビリの専門的観点から言うと、クッションがお尻のような形がついているものにも、メリットが多いのですが、クッションに独特な形がついていると、はじめてクッションを購入する方には使いにくいです。

 

 

どの辺りが使いにくくなるのか?例えば、ベッドから車いすに乗り移った後に、お尻の位置をちゃんと整えていないと、独特なクッションの形に従って姿勢が傾いていく原因になりますし、逆に車いすからベッドに乗り移ろうとする時には、クッションの形によっては、お尻を前にずらす動きを邪魔することもあります。

 

 

 

病院であっても、作業療法士として患者さんのクッションを調整した後に、「車いすに座った後に、姿勢がなおしにくいんだけれど…?!」と、看護師や介護士から、クレームが入ることが多いのも、独特な形をしたクッションの特徴です。

 

 

 

ですから、リハビリの専門家に相談できない場合は、平らな形のクッションを選んだ方が、使い勝手が良いですよ。

 

車いすの専用クッションの選び方 まとめ

以上の内容をまとめますと…

 

● 車いすには、何かしらクッションを敷いてください

● 車いすの上で、自分でお尻の位置を変えることが難しい場合は、車いすの専用クッションを使うことをおすすめします。

● 車いすの上で、ほぼ自分で姿勢を変えることが難しい場合は、柔らかく、厚みのあるクッションを選ぶと良いです。

● 車いすの上で、少しでも姿勢を変えられたり、自分で車いすをこげる人では、ある程度の硬さがあるクッションを選びましょう。その際、クッションを敷いた後に足が床につくこと、ベッドから車いすに乗り移る時に、お尻がぶつからない厚みであることを確認し、クッションを選んでみると良いです。

● クッションの形は色々ありますが、平らなタイプのクッションが使い勝手が良いです。

車いすの専用クッションを選ぶ時には、まずデモ品を試してみる

車いすの専用クッションは、とにかく高いです。インターネットサイトやカタログを見ただけでは、購入に踏み切れないことの方が多いです。

 

 

 

そこで、まずは、ケアマネジャーに、車いすの専用クッションを購入したことを伝えてみてください。ケアマネジャーに相談してみると、ケアマネジャーがよく利用している福祉用具店と連絡をとってもらえ、1~2週間程度、クッションのデモ品を試すことができるはずです。

 

 

 

また、デイサービス、デイケアなど、介護保険のサービスで施設に通所している場合には、作業療法士、または理学療法士に、相談してみると良いですよ。どちらの職種でも、本人の姿勢と動き、生活スタイルを評価してくれるので、自分でクッションを選ぶよりは、体と生活に合った車いすのクッションが見つかると思います。

 

 

 

車いすの専用クッションを試してみて、気に入らなければ、断ればいいだけです。購入せずとも、介護保険を使って、レンタルするという方法がありますが、長い目でみると、購入した方が安い場合もあります。

 

 

 

(あと、これは大きな声で言えないのですが、福祉用具店から購入するよりも、楽天市場やamazonで購入する方が安い場合がありますので、見積もりを見てから、インターネットで探すという裏技もあるんです。)

 

まとめ

車いすの専用クッションの選び方について説明しました。車いすを使っていない人からは、たかがクッションなんですが、車いすに長く座る人からすると、生活のしやすさに関連する、重要な車いす付属品がクッションです。

 

 

 

専用のクッションの購入は、費用がかかるので、本人にあったクッションを慎重に選びたいです。記事の内容が、車いすのクッション選びに役に立てたら嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2018 All Rights Reserved.