うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病になって、考え方を変えるためにできる身近なこととは?

2019/02/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「自分を変えたい…変わりたい。」

 

 

 

うつ病になると、自分の考え方を変えたいと思いますよね。何がきっかけでうつ病になったか、原因はわからない。ただ、からだを壊してみると、「自分の考え方では、生きづらい」ことに気づくはず

 

 

 

僕も、うつ病をきっかけに、自分の考え方を変えたいと思うようになりました。

 

 

 

 

僕は、自分の考え方を変えるために、認知行動療法を勉強しました。認知行動療法をやってみてから気づいたことは、専門的な勉強をしなくても、身近なことで、自分の考え方を変える方法があったんです。それは、家事。

 

 

 

家事には、自分の考え方を変えるヒントがたくさんありました。そこで、身近な家事を使って、自分の考え方を変える方法を紹介します。


スポンサーリンク

うつ病になったら、考え方を変えるべき?

うつ病になったら、考え方を変えると良いと言われています。自分の考え方によっては、ストレスが溜まりやすくなり、気分が落ち込む原因につながるからです。再燃や再発も、恐いですしね。

 

 

 

日常生活で、こんな傾向はありませんか?

 

● 中途半端が許せない

● いつでも、きっちりやらなきゃいけない気になる

● 他人から評価されないと、気分が落ち込む

● 自分の意見が言えない、わからない    など

 

たぐ
僕には、よくありました。

 

 

完璧でいること、他人の目を気にすること、自分を表現できないことなど。こういった傾向があるからと言って、「悪い」というわけではありません。

 

 

 

でも、自分が生きづらさを感じているのであれば、うつ病をきっかけに、考え方を変えてみても良いと思うんですよね。

 

考え方を変えるためにできる、身近なこと

自分の考え方を変えるためにできる身近なことは、「家事」です。

 

 

 

「家事」には、「生きづらい考え方を変えるヒント」がたくさん詰まっています。

 

たぐ
家事を通して、自分の考え方を見直せることは、多いです。

 

 

また、僕は、うつ病の人には、自分の考え方を変える方法として、「家事」が向いていると思うんです。

 

 

 

ひとつは、自分のペースで行うことができるから。基本的には、誰の目を気にする必要もありませんし、家族がいても、家族の目が届かないところで、何かしらの家事をすることができます。

 

 

 

もうひとつは、動けるようになったら、いつでも始めやすい活動のひとつだからです。外出できない、体力がない、適度に休みたい時にも、できる活動があると、何もできずに落ち込むことが少ないと思うんですよね。

 

 

 

だから、自分の考え方を変えるには、「家事」をやってみると良いです。

 

考え方を変えるための「家事のやり方」

考え方をかえるために、「家事のやり方」を紹介します。

 

 

考え方を変えるための「家事のやり方」 

① 時間と範囲を決める

② 家族に期待しない、自分を褒める

③ 自分好みの方法で、やる

 

 

① 時間と範囲を決める

家事をする時には、「時間」と「範囲」を決めると良いです。家事には、終わりがありません。終わりがないので、何かしらの制限を作らなければ、いつまででも、家事をすることができます。

 

 

 

僕は、何をするにも「完璧さ」を求める完璧主義でした。「完璧さ」を求めるから、いつまでもホコリが気になったり、収納の仕方をこだわったりしていて。そうすると、家事にばかり時間がとられてしまい、できることが少なくなるんですよね。できることが少なくなるから、時間が過ぎた時に、「あれもこれも、できなかった…」と、気分が落ちてくるんですよね。

 

 

 

そういった完璧主義の考え方を変えるには、「掃除」がおすすめ。例えば、「15分で、ここからここまで」と言ったように、時間と範囲を決めて、中途半端に作業を終わらせる練習をすると良いですよ。完璧主義の考え方を変えるには、中途半端に作業を終わらせる練習が、くり返し必要です。

 

 

関連記事:完璧主義は、うつ病の回復のために、もっとも捨てたい考え方

 

 

 

② 家族に期待しない、自分を褒める

家事をする時には、家族から褒められることを期待せず、自分のやったことを、自分で褒めるようにしてみてください。すると、日常生活でも、他人が、自分の期待通りの反応をしてくれなくても、気分が落ち込まなくなります。

 

 

 

承認中毒とでもいいましょうか?僕には、他人から評価されないと、自分のやったことに価値を見いだせない傾向がありました。他人が、自分の期待通りの反応をしてくれない時には、「こんなに頑張ったのに…」、「何で評価してくれないの…」と思って、落ち込みやすい傾向があったんですよね。

 

 

 

どんなに頑張っても、他人から認められにくいのが、「家事」です。家事は、お金が発生しません。家事は、他人の目につきにくい。自分の頑張りが、家族の満足感につながらないことを、家事を通して気づくことができます。

 

 

 

他人には、他人の考え方があります。他人のこだわっているポイント、見ているポイントが、必ずしも自分と同じとは限りません。

 

 

 

だから、家事をする時に、家族に期待することを辞める練習をするんです。他人の反応に期待するのではなく、自分のやったことを褒めるようにしてみるんです。

 

 

 

自分で自分を褒められるようになると、他人の反応で落ち込まず、気持ちを楽に保つことができるようになりますよ

 

 

 

関連記事:自分で自分を褒める3つのメリットとは?

 

 

③ 自分好みの方法で、やる

家事をする時には、自分好みの方法でやると良いです。家事には、決まったやり方がありません。言い換えると、自分らしさが出せるだけの工夫点が色々あります。

 

 

 

あなたは、自分の気持ちよりも、いつも誰かの気持ちに応えようとばかりしていませんか?いつでも、自分の気持ちを犠牲にしていると、自分らしさが分からなくなったり、自分の気持ちがわからなくなったりして、ストレスが溜まりやすいです。

 

 

 

自分らしさを出すには、「料理」がもっとも向いています。作る料理、材料、方法、味付けなど、あらゆることが、自分好みにできますから。

 

 

 

ためしに、自分好みの味付けで、自分が食べたいと思う料理を作って、家族に出してみると良いです。意外と、自分好みにしたにも関わらず、家族が喜んで食べてくれることは多いです。

 

 

 

肝心なことは、自分の気持ちを出したところで、誰かが嫌な思いをしないし、自分も他人も満足できる経験を積むことです。

 

 

たぐ
レシピサイトで、自分の気に入ったメニューから作ってみると、良いかもしれませんね。

 

おわりに

うつ病になって、自分の考え方を変えたい時には、家事をやってみると良いです。家事をやってみると、自分の「考え方の癖」に気づけます。

 

 

 

考え方を変えるための家事のやり方を、3つ紹介しました。

 

 

考え方を変えるための「家事のやり方」

① 時間と範囲を決める

② 家族に期待しない、自分を褒める

③ 自分好みの方法で、やる

 

 

 

調子が良い時に、意識して、やってみてください。考え方が変わると、生きづらさが減って、気持ちが楽に保てるようになりますよ

 

関連記事:うつ病の「焦る」気持ちと付き合っていく3つの方法とは?

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2019 All Rights Reserved.