うつ病をきっかけに新たな生き方を模索する人のためのブログ

クラウドケアとは?未経験でも働ける家事代行業の評判を紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「クラウドケア」は、未経験でも働ける家事代行業です。

 

介護の資格保持者はもちろん、資格やスキルがない人もヘルパーとして働くことができ、困っている方の生活支援をおこなうことができます。

 

クラウドケアに興味がある方のなかには、実際の働く様子についてヘルパーからの評判が気になるはず。

 

ここでは、クラウドケアの仕事内容やヘルパー経験者からの評判について紹介します。

クラウドケアとは?

クラウドケアは、介護福祉士の小嶋 潤一さんが代表を務める在宅高齢者・障がい者向けの生活支援サービスです。2016年に設立して以来、介護・家事代行・生活支援を多くの人が共有できる「シェアリング・エコノミー型」のサービスとして、数多くのメディアにも取り上げられています。

 

クラウドケアでは、主婦・主夫、シニア、Wワーカー、パートなど、色々な方がヘルパーとして働いており、自分の都合やスキルに合わせて、利用者の依頼にあった生活支援をおこなっています。

 

クラウドケアの仕事内容

クラウドケアに所属するヘルパーの仕事内容は、次の10項目です。

 

介護・介助手伝い

利用者の自宅で、入浴・トイレ・食事・室内の移動の手伝いをおこなう業務です。入浴は、基本的に同性の利用者を介助します。

 

通院の付き添い・院内介助

病院や診療所への受診の付き添い、入院・退院時の手伝いなどをおこなう業務です。例えば、利用者の車いすを押したり、バスやタクシーの乗り降りを手伝います。

 

外出・余暇の付き添い

買い物や散歩、役所・娯楽施設・冠婚葬祭の会場までの行き帰り・旅行などに付き添います。

 

日中・夜間の見守り介護

家族が不在時に、利用者の様子を見守ったり、話し相手になったりします。ヘルパーは、必要に応じて、水分や食事の摂取量のチェックなどもおこないます。

 

家事手伝い・家事代行

掃除、洗濯、料理、ゴミ出しなど、利用者の自宅内で家事をおこなう業務です。ヘルパーの仕事は、日常的な家事の範囲になるので、例えばエアコンやガスフードレンジの掃除など、専門的な作業をおこなうことはありません。

 

その他の生活支援

利用者の希望があれば、草むしりや電球の取り替え、郵便物の整理、ペットの世話など、日常生活の生活支援もおこないます。

 

認知症ケア

認知症の利用者の介護・見守り、通院・外出時の付き添いをおこなう業務です。

 

障がい者ケア

障がいを持った利用者への身体介助・生活援助をおこなう業務です。

 

介護施設出張ケア

老人ホームなどの介護施設に出張し、入所されている利用者の通院や外出の付き添い・見守りをおこなう業務です。

 

買い物お助けサービス(買い物代行)

利用者に代わって、食料品や雑貨などの買い物をおこなう業務です。買い物お助けサービスでは、利用者の普段の生活圏内での買い物を代行します。

 

以上の10項目が、クラウドケアのヘルパーがおこなう仕事内容です。ヘルパーに登録すると、自分にできる範囲のなかで、利用者の介護・家事代行・生活支援をおこなっていきます

 

クラウドケアでは、医療や看護に関わるサービスは受け付けていません。ほかにも、爪切りやマッサージ、運転代行などの健康や人命に関わるサービスもおこなっていないので、介護・家事代行・生活支援の経験がない方でも、安心して働きやすいのも特徴です。

 

ヘルパーの報酬・勤務地・勤務時間は?

クラウドケアでヘルパーとして働く場合、報酬・勤務地・勤務時間は、以下のようになります。

 

報酬

ヘルパーの報酬は、「介護・家事・生活支援サービス」と「買い物代行」の2種類に分かれています。

 

介護・家事・生活支援サービス:時給1,500~2,000円

※報酬は、働き方・利用者からの評価・資格によってアップしていきます。

 

買い物代行:買い物お助けサービスの利用料(買い物する箇所数×500円(税抜)+交通費500円(税込))×80%

※具体例 2箇所のスーパーで買い物すると、ヘルパーとしての報酬は、(スーパー2箇所×500円(税抜)+交通費500円)×80%=ヘルパー報酬 約1,400円

 

勤務地

東京都近郊(東京都、神奈川・千葉・埼玉県の一部地域)

ヘルパー登録時に希望の勤務地を指定し、自分が希望した地域で働きます

 

勤務時間

希望する曜日、時間に働くことができます。月1日1時間から勤務可能。隙間時間を活用して、柔軟に働けます。

 

子育て中の主婦・主夫、シニア、副業、フリーランス、アルバイト、パートなど。クラウドケアでは、多くの方が自分の都合に合わせながらヘルパーとして働いています

 

ヘルパー経験者からの評判

では、「クラウドケア」のヘルパー経験者の方からの評判を見ていきましょう。

30代 女性 東京都在住
ヘルパーを経験したことがなかったので、初めての仕事は不安がありましたが、1時間もしないで楽しくなってきました。人の役に立ちたいという気持ちがあればできることは色々ありますし、新しい出会いもあるので楽しいです。

 

40代 女性 東京都在住
他の介護施設でも仕事をしていますが、隙間時間にダブルワークをとして働いています。介護の資格がなくても、利用者さんの希望を聞きながら、臨機応変に生活のお手伝いができました。

 

クラウドケアのホームページには、ほかにもヘルパー経験者のインタビューが掲載されています。ヘルパーの仕事に興味がある方は、この機会にホームページを覗いてみることをおすすめします。

クラウドケアの公式ホームページを閲覧する

 

クラウドケアのヘルパーとして働く方法

クラウドケアでは、以下の5つのステップを踏むことで、ヘルパーの仕事ができるようになります。

 

【ステップ 1】登録

まずは、クラウドケアの公式ホームページにアクセスしたのち、ヘルパー登録ボタンをクリックし、必要事項を入力します。

 

登録完了後には、クラウドケアから連絡がきます。

 

【ステップ 2】説明会・面談

次に、クラウドケアの働き方について説明会や面接に参加し、その後にヘルパーとして本採用になります。

 

【ステップ 3】研修

ヘルパー登録した方の状況や仕事内容などに応じて、必要があれば研修を実施します。

 

【ステップ 4】希望勤務日時を登録

希望の勤務日時を登録し、ヘルパーの仕事が決まり次第、クラウドケアから連絡がきます。

 

【ステップ 5】サービス実施

予定の日時に利用者の自宅へ訪問し、依頼された介護・家事・生活支援サービスを実施します。※サービス終了後には、利用者からヘルパーの評価を記入してもらいます。

 

以上が、クラウドケアのヘルパーとして働く流れです。

 

クラウドケアのヘルパーであれば、自分の生活に合わせて色々な働き方ができます。

 

「人の役に立ちたい」「時間を有効に使いたい」「収入を増やしたい」など。人によって働く理由は異なりますが、クラウドケアでは、誰もが自分のできる範囲から仕事をはじめやすいです。

 

仕事を通して自分の力を発揮するためにも、まずは、クラウドケアのヘルパーに登録してみてはいかがでしょうか?

クラウドケアのホームページから、ヘルパーに登録する

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生にうつがきた , 2020 All Rights Reserved.