うつ病人の生き方・働き方改革

【食事が作れない】配食サービスは「わんまいる」がおすすめ

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「体力が落ちた…」

 

 

 

まともな食事がとれなくなると、体重が減って体力が落ちますよね。家に1人で過ごしている時は、コンビニやスーパーの軽食ですますことが多くなるもの。気づいた時には、からだが衰えてきています。

 

 

 

とはいっても、昼間は家族がいないし、自分でバランスのとれた食事をとる元気もないし…。自分で、栄養バランスのとれた食事をしていくのは難しいですよね。そういった場合には、「配食サービス」があります。

「配食サービス」って、高齢の人が利用するやつでしょ?

 

たぐ
そんなことはありません。最近では、30代や共働き家庭などの若い世代に利用されている「配食サービス」があるんです。

 

 

 

自分では栄養バランスがとれた食事ができず、栄養が不足がち。そういった場合には、「配食サービス」を使ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

配食サービスとは?配食サービスのメリット、デメリット

配食サービスとは、栄養のバランスが考えられた食事を自宅に届けてくれるサービスです。

 

 

 

調理された食べ物が冷凍された状態で届くので、自分で必要な作業は解凍(レンジ・流水・湯せん)することだけです。冷凍されているので、届いたその日に食べなくても自宅で冷凍保存ができます。

 

 

 

配食サービスには、次のようなメリット、デメリットがあります。

 

 

配食サービスのメリット

配食サービスのメリットは、「栄養バランスのとれた食事」を「手間をかけずに」食べられることです。

 

 

 

多くの業者では、栄養士がメニューを考えて調理しています。ピザやラーメンなどのデリバリーと違って、健康を考えて食事が作られていることが特徴です。配食された料理は、ほとんど手間をかけずに食べることができるもの手軽です。

たぐ
体力が落ちて、疲れやすくなっている人には便利。

 

 

配食サービスのデメリット

配食サービスのデメリットは、「費用」がかかることや「配食スタッフの対応」をすることです。

 

 

 

配食サービスでは、業者が設定している食事代と配送料がかかります。また、配食は運送会社の人がしてくれるので、食事を受け取る時に、ちょっとだけコミュニケーションが必要です。

たぐ
調子が悪い時には人に会いたくないでしょうから、ちょっとのコミュニケーションが面倒に感じられるかもしれません。

 

配食サービスは、「わんまいる」がおすすめ

引用:ファミリーネットワークシステムズ

 

「わんまいる」とは?
「わんまいる」は、(株)ファミリーネットワークシステムズが運営している配食サービスです。配食はヤマト運輸が行っています。「わんまいる」のウェブサイトから配食を依頼すると全国どこでも1週間以内に、依頼した食事を配食してくれます。



 

 

おすすめポイント

「わんまいる」のおすすめポイントは、次の3つです。

 

① 専属の管理栄養士が栄養バランスを考えている

「わんまいる」では、専属の管理栄養士がカロリーや塩分などを考えながら、和・洋・中の色々なメニューを作っています。

 

 

自分ひとりで食事をする時は、揚げ物、カップ麺、パンなど。明らかに栄養がかたよった食べ物になりがちです。栄養バランスが大事とわかっていても、素人にはそもそも栄養のバランスがわかりません。専門家が考えてくれているところは、安心ですね。

 

 

 

② 天然の食材を老舗のプロの料理人が作っている

「わんまいる」の良いところは、食材にこだわっていたり、老舗のプロの料理人が調理してくれたりすることです。以前、僕は病院に勤めていたことがあるのですが、どんなに栄養のバランスが考えられていても、やっぱり美味しい食事でなければ食べる気にならないんですよね。

 

 

しっかりと栄養が考えられ、美味しい食事が食べられることが「わんまいる」のポイントです。

 

 

 

③ 1品ずつ個包装で、冷凍保存ができる

「わんまいる」の食事は、1品ずつ個包装になって配食されます。だから、食べたいメニューだけを選べたり、残ったメニューだけ保存しやすかったりします。「わんまいる」では、夕飯に食べることをイメージした料理が多いですが、1人で過ごしている時のランチにしてもいいかもしれません。

 

 

「わんまいる」のおすすめポイント

① 専属の管理栄養士が栄養バランスを考えている

② 天然の食材を老舗のプロの料理人が作っている

③ 1品ずつ個包装で、冷凍保存ができる

 

 

「わんまいる」の配食サービスを利用する3ステップ

「わんまいる」の配食サービスは、次の3ステップで利用できます。

① 「わんまいる」のウェブサイトにログインする(登録不要)

② ウェブサイトで、気に入ったメニューを選ぶ

③ 気に入ったメニューを、購入したい数だけ注文する

 

引用:わんまいる

 

たぐ
通販サイトで、気に入った洋服を買うようなイメージです。会員登録をせずに、気に入ったメニューが購入できますよ。

 

「わんまいる」の口コミをまとめてみました

30代男性
非常においしかったです。もう一度、利用したいです。
30代男性
商品の品質が良いので、また欲しい時に利用します。今度は他の商品を試したいです。
30代女性
商品によってボリュームに差がある気がします。男性は、ボリュームに物足りなさを感じるかもしれません。
30代女性
注文から発送までがスムーズでした。郵便ポストに入っていた形なのでお手軽でした。

 

 

口コミでは、「わんまいる」の配食サービスを一時的に利用している人が多いです。

 

 

 

「わんまいる」の料理を購入して、普段の食事の一品に加えてみる、手間がかかる料理は「わんまいる」に依頼する、食事が作れない日のために備えておくといったような使い方をすると良いかもしれません

 

おわりに

からだに栄養をとり、体力が戻ってこないと生活がしづらいです。ちょっと動くだけでも疲れます。

 

 

 

体力をつけたり、からだの調子を戻したりするには、そもそもからだの中の栄養が必要です。

 

 

 

「わんまいる」の配食サービスは、30代の若い世代の利用者も多いです。洋服を買うような手軽さで、栄養バランスのとれた美味しい食事が購入できます。

 

 

 

まずはウェブサイトをのぞいてみて、自分の好みにあうメニューを探してみてください。

⇓ ⇓ ⇓

旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです
販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2019 All Rights Reserved.