うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病になってから、在宅ワークを始めるために必要だったこと

2019/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「療養しながら、働きたい」

 

 

 

うつ病で会社を退職したら、「在宅ワーク」をしたいですよね。会社では働ける気がしない。でも、仕事自体は、続けたい。そういった人には、「在宅ワーク」が向いていると思います。

 

 

 

僕は、うつ病で会社を退職し、自宅で療養しながら、「在宅ワーク」をするようになりました。「在宅ワーク」は、自分の体調に合わせて休めますし、自分のペースで仕事がしやすいです。

 

 

 

僕は、うつ病で退職してから、今後の仕事について、どうしていけば良いかわかりませんでした。というのも、「うつ病の就労支援」は、「会社に復職すること」を目標にしているので。

たぐ
会社で働ける気がしない。会社で働きたくない。そういった場合に、「在宅ワーク」を支援してくれるところは、どこにもありません

 

 

 

だから、僕は、「在宅ワークで、仕事復帰できた経験を、広めていきたい」と考えるようになったんです。この記事では、うつ病になってから、「在宅ワーク」を始めるために必要だったことを紹介します。


スポンサーリンク

うつ病になってから、在宅ワークを始めるために、必要だったこと

うつ病になってから、在宅ワークを始めるためには、必要だったことが、10コあります。

 

 

① 生活リズムを整える

何よりも、まず、生活リズムを整えること。生活リズムを整えることは、「在宅ワーク」を始める前の問題でした。

 

 

 

睡眠や食事など。基本的な生活習慣ができないと、日常生活でさえ、頭が働きません。不安な気持ちを防いだり、何かを考えたりするには、決まった時間に寝起きして、食事と運動で、からだを作っていくことが必要です。

 

 

 

② 体力をつける

同じようなリズムで生活できるようになったら、体力づくりが必要です。うつ病になると、精神的な症状ばかりに、注目しがちですよね?でも、うつ病になると、会社で働いていた時よりも、活動量が減っているから、ずいぶんと、体力が落ちています

 

 

 

「在宅ワーク」も、体力を使います。座って作業を続けたり、ストレスに耐えたり。だから、僕は、散歩や自転車、ジョギングなどをして、体力づくりを行いました。

 

 

 

また、体力づくりを習慣にすると、運動量が落ちると言われる「在宅ワーク」をやるようになっても、健康維持につなげやすかったですよ。

 

 

 

③ 家族に理解してもらう

「在宅ワーク」を始めるには、家族に理解をもらった方がいいです。「在宅ワーク」を始めても、すぐに、十分な収入が得られるとは限りませんし、毎日、健康的に仕事ができるとは、限りません。

 

 

 

僕の場合は、主夫をしながら、webライターを中心に、「在宅ワーク」をしています。「在宅ワーク」が軌道に乗るまで、時には、妻に家事を全てやってもらったり、貯金を切りくずしたりするなどの相談をしながら、仕事をしてきました。

 

 

 

うつ病には、体調の良し悪しがつきものです。家族の理解があった方が、「在宅ワーク」という新しい仕事の仕方に、集中できますよ。

 

 

 

④ 不安や焦りへの対処法を覚える

うつ病になると、不安や焦りに襲われることが、よくあります。不安や焦りは、きっかけが、はっきりしないことも。

 

 

 

僕は、「在宅ワーク」を始めてからも、不安や焦りに襲われることがありました。例えば、妻と口論になったり、仕事相手から何か指摘を受けたり。そこで、日常生活や仕事で、不安や焦りに襲われた時に、自分で解決できるよう対処法を覚えることにしたんです。

 

たぐ
不安や焦りがあるたびに、薬を飲むわけには、いかないですしね。

 

 

僕の覚えた対処法は、「呼吸法」や「瞑想(めいそう)」です。どちらも、うつ病の人のリラクセーション法であることを知って、始めてみました。不安や焦りに襲われた時には、「呼吸法」や「瞑想」を行って、気持ちを落ち着けたり、考えをまとめたりするようにしています。

 

 

 

自分で、自分の気持ちをコントロールする方法があると、日常生活や仕事で、楽な気持ちを保ちやすくなります

 

 

 

⑤ 考え方を変える

自分の考え方を変えると、「在宅ワーク(仕事)」が始めやすいです。ここで言う考え方とは、「自分の気持ちを落ち込ませない」、「自分の気持ちを楽に保つ」考え方です。気持ちが落ち込みやすい考え方をしていると、ちょっとした仕事のストレスにも、耐えられません。

 

 

 

僕は、自分で認知行動療法を行う中で、考え方を変えることができました。

 

 

うつ病になる前から、僕には、完璧主義なところであったり、他人の評価を気にし過ぎたりするところがあったんです。仕事では、自分の失敗や他人の指摘・批判などを、過度に恐れる傾向がありました。でも、仕事では、失敗や指摘・批判はつきものですよね?だから、自分の失敗や他人の指摘・批判を恐れなくてもいいように、考え方を変える必要を感じたんです。

 

 

 

「在宅ワーク」を始める時には、自分の気持ちを追い込むような考え方を変えると良いです。自分の気持ちを追い込むような考え方をしなければ、仕事の失敗や他人の指摘・批判で、気持ちが落ち込むことを防げるようになりますよ。

 

 

 

⑥ 恐怖心を克服する

仕事を始める時には、恐怖心の克服も必要です。おそらく、うつ病になった時、あるいはうつ病になってから、色々な失敗をしてきましたよね?失敗した経験が多いから、「在宅ワーク」をしたくても、仕事に対する何かしらの恐怖心を感じるんだと思います。

 

 

 

僕の場合は、「人間関係に対する恐怖心」がありました。うつ病で退職した時、自分の気持ちを落ち込ませるような「苦い思い出」があったんですよね。だから、僕には、仕事で人と関わることが、恐怖にしか感じられませんでした。

 

 

 

もし、何かに恐怖心を感じている場合には、「何に恐怖を感じているのか」、「恐怖を感じた時、どうするか」を考えておくと良いです。肝心なことは、「在宅ワーク」を始めて、同じような恐怖に出会った時に、その恐怖の対処法を知っておくことです。

 

 

 

 

⑦ 自信を回復する

僕は、自分の考え方を変えても、恐怖心を克服しても、まだ、仕事を始めるのは、難しかったです。理由は、「仕事ができる」自信が、回復してなかったから

 

 

 

うつ病になると、自分に自信を失う経験の連続です。何もできない、自分はダメな人間…など。そんな風に考えているうちに、自信は、すっかり失われています。

 

 

 

仕事をするには、自信がもっとも重要でした。自信があれば、失敗してもやり直そうと考えられますし、自信があれば、新しい事に挑戦することができるからです。

 

 

 

では、自信を回復するには、どうするのか?それは、自分にできることを、やってみると良いです。仕事の自信をつけるためだからと言って、仕事をする必要はありません。自分にできることから始めて、「自分にも、何かできる実感を積む」経験が重要です。

 

 

 

うつ病になって、自信を失った僕は、こんな感じに、自分の自信を回復していきました。

 

 

たぐ
できることから、やる。できたら、できたところまで、自分を褒める。できることを増やす。「自分にも、できるんだ!」という実感の積み重ねが、仕事をする自信につながります。

 

 

 

⑧ 情報収集する

「在宅ワーク」をするには、情報収集が必要です。というのも、サラリーマンで働いた経験しかないと、そもそも、「在宅ワーク」のやり方がわかりませんよね。

 

 

 

情報収集には、圧倒的に「ツイッター」がおすすめ。「ツイッター」自体は、好きに使えば良いと思っていますが、次のように使ってみると、自分のやりたい「在宅ワーク」の情報が得られやすいですよ!

 

ツイッターを情報収集に使う 
① 興味がある仕事を、検索窓に入力(例:webライター、ブロガーなど)
② 検索で出てきた人を、何人かフォローする(「具体的な仕事の方法」をつぶやいている人)
③ フォローした人が、つぶやいていることを、調べる、やってみる

 

 

 

⑨ とりあえず、やってみる

興味がある「在宅ワーク」が見つかったら、とりあえず、何でもやってみましょう。理由は、2つ。

 

 

●「在宅ワーク」は、待っていても仕事がこない

 

●やってみないと、自分に何ができるか・向いているか、わからない

 

 

サラリーマンの時は、働き方がひとつでした。でも、「在宅ワーク」では、必ずしも、仕事をひとつにしぼる必要がありません。仕事が軌道に乗るまで、仕事がない時期もありますからね。だから、興味があることは、まず、やってみると良いですよ。

 

 

 

⑩ 慣れる(自宅で働く習慣をつくる)

最後は、「慣れ」です。うつ病の回復期の波や「在宅ワーク」のリズムに慣れるには、ある程度、時間が必要だと思います。

 

 

 

僕の場合は、うつ病の回復期の波が大きかったので、仕事をやり過ぎないように、気をつけました。仕事をやり過ぎると、その反動で、翌日は全く動けなくなってしまう日もありましたし、家庭のことが、ほとんどできなくなったからです。

 

 

 

うつ病の回復の波が落ち着いてきて、「在宅ワーク」にも慣れてくると、主夫をしながら、仕事をしたり、家族と遊びに行ったり、「新しい生活」ができるようになってきました。

 

 

 

まとめると…

 

うつ病になってから、在宅ワークを始めるために、必要だったこと
① 生活リズムを整える
② 家族に理解してもらう
③ 不安と焦りへの対処法を覚える
④ 体力をつける
⑤ 考え方を変える
⑥ 恐怖心を克服する
⑦ 自信を回復する
⑧ 情報収集する
⑨ とりあえず、やってみる
⑩ 慣れる(自宅で働く習慣をつくる)

 

 

たぐ
どれも、重要ですが、全てのことを、完璧に整える必要はありません。こういったことが、「在宅ワーク」を始める上で、必要だったということです。

 

 

 

よかったら、参考にしてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2019 All Rights Reserved.