うつ病人の生き方・働き方改革

うつ病でやる気が出ない時に、気分が落ち込ませない3つの対処法とは?

2019/02/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「やる気が出ないことが、もどかしい…」

 

 

 

うつ病は、休むことが大事と言われていても、やる気が出ない時には、気分が落ち込みます。やらなきゃと思っても、思ったように動けない。どう対処していいかわからないと、不安になりますよね。

 

 

 

僕も、うつ病になって、やる気が出ない時には、自分でも、どう対処していいかわかりませんでした。

 

 

 

でも、自分なりの対処方法を見つけてからは、やる気が出なくて動けない時も、落ち込んだり、不安になったりする気持ちを、楽に保てるようになりました。そこで、うつ病でやる気が出ない時の3つの対処方法を紹介します。


スポンサーリンク

うつ病でやる気がでない理由

うつ病になると、やる気が出ません。それは、甘えでも、怠慢でもなくて、うつ病の症状です。

 

 

 

やる気が出なくて、動けない時ほど、「自分のうつ病だけは、甘え」のように感じられるかもしれません。

 

 

 

僕は、やる気が出なくて、動けない時には、「自分のうつ病だけが、甘え」だという気持ちになります。うつ病は、医師の診断と、薬を飲んでいること以外に、自分が病気だという確認がしにくいので、自分で自分が病気かどうかを疑ってしまうんですよね。

 

 

 

「自分のうつ病だけは、甘え」だと思ってしまう人は、多いようです。ツイッターでも、多くの人の共感がありました。

 

 

たぐ
悩んでいることは、みんな一緒なんですね。

 

 

うつ病では、回復してきてからも、全くやる気が出なくて、動けなくなることがよくあります。それは、うつ病の回復期であっても、誰にでも見られるうつ病の症状です。

 

関連記事:うつ病の揺り戻しを知ってる?回復期の不安感や無気力の要因

 

うつ病でやる気が出ない時の3つの対処方法

うつ病でやる気が出ない時に、僕は、3つの方法で、対処しています。

 

 

 

やる気が出なくて動けない時は、できるだけ、気分を落ち込ませないことが重要だと思います。気分が落ち込むと、不安になったり、焦ったり、辛い状態が長引くだけだからです。

 

 

やる気が出ない時の対処方法

① 「やらない」と割りきる

② できることだけやる

③ 「10」やろうとしない

 

 

 

① 「やらない」と割りきる

やる気が出ない時には、いっそのこと、何も「やらない」と割りきった方が、気力が回復しやすいです。

 

 

 

やる気が出ない時には、何かをやろうと考えても、結局、行動を起こせないことが多いです。そして、行動を起こせないと、動けなかった自分を責めては気分が落ち込み、自分がダメな人間に思えてきます。せっかく回復してきたのに、自分のことをダメな人間だと思ってしまっては、生きていることにも自信がなくなります。

 

 

 

何をしてもやる気が出ない時は、「やらない」と割りきった方が、気力が湧きやすいですし、自分に自信を失わずに済みますよ。

 

たぐ
何も「やらない」という状態をやるんです。

 

 

 

② できることだけやる

やる気が出ない時は、自分にできることだけやるようにしています。

 

 

 

うつ病になる人は、真面目だったり、がんばり屋だったり、責任感が強かったりします。だから、自分が辛い状況にあっても、自分にできること以上の努力をしようとするんだと思います。

 

関連記事:うつ病になって、直したいと思った11個の性格傾向

 

 

 

でも、うつ病になると、病気になる前と同じようには動けません。うつ病では、気力や意欲だけではなく、集中力、記憶力、体力など、色々な能力が出しにくい状況になっているからです。

 

 

 

「もっと、やらなきゃ」、「もっと、できるはず」と、自分を追い込んでも、苦しくなるだけ。まずは、できることを、できる範囲でやって、自分を追い込まないことが重要です。

 

 

 

③ 「10」やろうとしない

僕は、うつ病になる前から、完璧主義でした。何か物事を行う時は、「とりあえずやる」、「中途半端にやる」、「完成度を気にしない」といったことができませんでした。

 

 

 

何か物事を行う時には、行動する前から「10」やろうするタイプだったので、やる気に関わらず、動き出すまでに、時間がかかることが多かったです。

 

 

 

うつ病になってからは、自分の完璧主義の考え方を直しました。完璧主義の考え方を直して気づいたことは、物事は、「10」やろうとしない方が、やる気が出やすく、色々なことができるということでした。

 

 

 

例えば、洗濯物をたたむ時に、家族全員の干した衣類を取り込み、たたんで、衣装ケースに入れることまで考えると、やる気が起きません。ところが、とりあえず、干した衣類を取り込むことだけやろうとしてみると、やる気が湧いてくる実感があったのです。

 

 

 

やる気が湧いて、行動を起こすには、やり遂げようとするよりも、とりあえずとりかかれることを目標にしてみると良いです。

 

 

 

おわりに

うつ病でやる気が出ない時には、無理して動いても、自分を追い込むだけです。この記事では、やる気が出ない時に、自分が行っている3つの対処方法を紹介しました。

 

 

やる気が出ない時の対処方法

① 「やらない」と割りきる

② できることだけやる

③ 「10」やろうとしない

 

 

参考にしてみてください。自分なりの対処方法があると、やる気が出なくて動けない時も、不安になったり、焦ったり、自信を失ったりする気持ちを、軽くできるようになりますよ。

 

関連記事:うつ病で行動できない時に必要な2つの方法とは?

この記事を書いている人 - WRITER -
たぐ
webライター・ブロガー。うつ病当事者。うつ病になった人に向け、会社で働く以外のフリーランスとしての働き方・生き方を情報発信。うつ病と付き合いながら、〝自分らしい〟人生の歩み方を模索中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕の人生に うつ がきた , 2019 All Rights Reserved.